お誕生日のお祝いにつき、読書感想文おやすみ。

3年前の日曜日、お昼に、ひょいと産まれてきたの。2年前、ちょうど歩き始め、ハイハイの見納めの方が印象的。去年は、レゴランド三昧デビュー。全身で楽しむのが得意。初めて、自分で選んだ誕プレは、仮面ライダーの。ケーキの火消しの姉弟ゲンカ。

ごねるネゴる

魔の2歳児から成長した悪魔の3歳児。

トーマスが観たい。

お野菜は好きじゃない。

トイレに行きたくない。

幼稚園・幼児教室から帰りたくない。

毎日、何かしらごねるごねる。

溜息をつく私に、幼児教室の先生が

教えてくれたのは「ネゴシエーション」。

〇〇していいよ、そのあと△△してね。

やってみると、スムーズで心地よい。

子どもの言うことをきくって“言いなり”

っぽくて甘やかして

もっとみる

離れる時間を持つ

3歳になる息子が、幼児教室に通う理由。

専業主婦とはいえ、子どもとべったりは、息が詰まる。

彼らにも大人と同じように、人格があり、言い分が。

仲良し親子なときもあれば、泣きたいのはこっち!

と、どこかの中心で叫びたくなる日もあるのだ。

離れている間、息子はお気に入りの先生と過ごし

私はコーヒーを飲んだり、好きなことをする。

お互いリセットして、仕切り直す。

普段なら「今日何したの?

もっとみる

5歳が生意気

寝る準備を一向にしない長男。「寝る時間だよ」「時計の長い針が8になったら電気消すよ」とイライラを隠して言うも反応なし。生意気だ。

ムッとした顔をして、堂々と言い返すようになってきた。そのいい返し方や表現が、普段のパパママの悪い言い回しをそっくりそのまま真似しちゃってて、胸が痛い。イライラするなあもう。

大きな声を出したり、威圧しないように気をつけて、6秒間は我慢して抑える。少しずつ賢くなってい

もっとみる

まろやか

元KAT-TUNの田口淳之介被告が例のやつを利用した気持ちを「気持ちがまろやかになる」と初公判で語った。
朝のニュースだ。朝から何をほりこんでくれてるのだ。カレーに牛乳入れた時みたいなこといいやがって。こっちは忙しいのだ。3歳息子に牛乳を入れるのだ。

しかし息子よ。なぜそんなに牛乳が好きなのだ。飲んではなにかとヒゲをつくるのだ。
そしてそのヒゲをティッシュなどで吹いた形跡がないのに消えているのは

もっとみる

4か月が経ちました

はい。Maple Leafです。
3月29日に宮古島に戻り今日で4か月が経ちました。感覚的には1年以上いる感じです。時間が長く感じるという事は毎日楽しくワクワク過ごせてる証拠ですね。今日は私達家族の日常(一昨日の土曜)の過ごし方を少し紹介したいと思います。

午前中は祖父母に頼まれた買い物を済ませ実家に寄って庭でブランコ。
毎週、祖父母宅へ通ってます。

午後2時から吉野海岸で初サーフィン。

もっとみる

自由に遊ばせる難しさ、大切な言葉

「子どもには自由にのびのびと生きてほしい」

親御さんのなかには、こんな風に考えながら子育てしている方も多いのではないでしょうか?

私もそのひとりで、根底には「子どもの自己肯定感を養いたい」という目的があります。

しかし……しかしですよ。この「自由にのびのび」がなんとも難しい。

「口は鼻の下にあります」

突然ですが、親子で最近ハマっている絵本がTupera tuperaさんの「かおノート」

もっとみる

みんなと一緒に

先日の土曜日のはずだった幼稚園の夏祭り。天候不順のため、盆踊りだけ、今日に延期になっていた。

せっかくなら、甚兵衛姿の子供達を見たかったけど、いつもの体操着姿。

それでも普段見れない園での息子の様子を、どんなもんかと覗きに行ってきた。

先生からは、最初、盆踊りの練習は全く踊らず、固まって全く動かず、息子から後ろの動きはストップしてしまうとの報告があった。当日、様子を見てショックを受けるといけ

もっとみる

ひとつのことばがせかいをかえた

三歳になった息子。覚えたての言葉はぎこちなくてどことなく暖かい。

窓の向こう。消えていったサイレン。
消防車のミニカーに夢中だった彼は本物のそれが近くにいたことに気づけなくて一生懸命教えてくれた。
「僕も聞こえたかった」
聞きたくても聞けない音があることを知っているみたいだ。
能動と受動。積極だけど受身。自発と他発。望むけど偶然待ち。
そんな言葉があってもいい。
国語のテストでどうかマルをつけて

もっとみる

小鉄のこだわり

昨夜。

お風呂を上がって、もう眠くなっていたこともあるだろう。

タオルを体に巻いて、ご機嫌だった息子をパジャマに着替えさせた後。

息子「またさっきの三角にして。」

三角??最初は意味がわからなかったが、どうやらタオルを巻いて、襟元にできた形が三角だった?のだろうか。

試行錯誤して、さっきと同じように形作って巻いてあげたつもりでも、

「違う!そうじゃない!」

自分でお気に入りの電車柄の

もっとみる