2004年

人生の刺客

今日見たニュースで、ユニクロの玉塚元一社長がこんな感じのことを話してた。

「いくら大きな夢や目標を持っていても、実際に目の前に立ちはだかる小さな壁を一枚ずつ突破していかないとそこまでたどりつけないんですよ。」

 そう、ほんとにそうなんだ。何かをやろうと思った時、それを阻害する壁がたくさん現れる。それは自分自身の弱さであったり、心ない人の何気ない一言だったり、自分をとりまく環境だったり・・・。ま

もっとみる

生きることの意味

最近読んだ本に”この世に存在してる全てのものには本来何の意味もなくて、ただ人間が自分たちに都合いいようにあとから意味をつけてるだけだ”って感じのこと書いてた。

それで思い出した大学時代のエピソード。

 わたしは医学部出て管理栄養士になったんだけど、4年生の時ラットを使った実験してて、いつも22℃に保たれてる動物室に入ってラットの世話をしてた。同じ22℃でも夏入れば涼しいし、冬入ればあったかい。

もっとみる
誰にでも「スキ」って言ってない?わたしだけ・・・?( *´艸`)
2

外国で起きた、ドラマティックな出来事

それは去年の8月、シドニーで一番有名なボンダイというビーチのそばで暮らしてた頃のこと。

その夜わたしと友達は、シェアメイトのオージーのお母さんからもらった招待券でお芝居を見に行くところだった。

確か週末の夜でつかまえたバスの中はそれなりに混んでた。でもわたしたちは幸運にも二人並んで座れた。

席に座って落ち着いた時、3つ前の座席でわたしたちと向き合うように座っていた男性が自分の持っていたスケッ

もっとみる
誰にでも「スキ」って言ってない?わたしだけ・・・?( *´艸`)
5

あの日々

去年の今頃、わたしはゴールドコーストで英語を勉強しに来たいろんな国の子達といっしょに学生生活を送っていた。

一年間のオーストラリアでのワーキングホリデーを終えて、帰国してからもう2ヶ月が経ち、あの日々のことがまるで夢の中の出来事だったかのように思える。

だけど時々不意に、オーストラリアに戻りたくなる。突然、泣き出してしまいそうなほどにオーストラリアが恋しくなってしまう。

あの日々は、わたしに

もっとみる

笑いのパワー

わたしは独身時代、結婚相手に求める絶対条件を1つだけ持っていた。

それは、「笑いのツボが同じ人」。

そう、笑いに関する感覚が似てるってとっても大事だと思うのだ。お金や物に対する価値観が似てることももちろん大切なんだけど、同じもの見て二人して笑い転げられるってのはわたしにとってかなり重要。

笑いって人を元気にするもの。時には自分を励まし、パワーをくれるもの。おなか抱えて思いっきり笑えるようなこ

もっとみる

ノーベル平和賞 in2004

いい言葉!

"She thinks globally and acts locally."

受賞者:ワンガリ・マサイさん(ケニア)

#ノーベル平和賞 #2004年

双極性障害の勤めびと。たどり着いた自分らしい働き方 第2回

〜21歳(2004年)発病〜

はじめて精神科の入った病院に行った日、実際は病院の入り口までいって引き返してしまいました。

(この入り口を越えたら、うつ病と確定してしまうのでは。もう引き戻せないのではないか)

ただ、引き返したところで状況は改善せず、数日後再び病院へ、そして意を決して精神科の待合室までたどり着く。

(家から近い病院。同級生がいたらどうしよう。ばれたらどうしよう。。)

もっとみる

双極性障害の勤めびと。たどり着いた自分らしい働き方 第1回

はじめに

「双極性障害(躁うつ病)の当事者としての松浦さんを、もっと発信したらいいんじゃない?失敗だと考えてる経験も全て価値になるよ。」

2017年11月29日。前職から8年の付き合いで、今私が所属する会社代表の伊藤さんの言葉に、自分はハッとさせられました。

(前から考えてはいたが、本当の意味で覚悟してなかったのかも。企業で働く双極性障害の当事者として実名で顔を出し、疾病があっても働いていけ

もっとみる

映画クレヨンしんちゃん「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」

ウチにあるパンフレットの山を掘り返して、昔に観た映画について思うところを書いていこうと思います。多少のネタバレがあるかもです。

 さあいよいよ今年もクレしん映画の季節がやってきましたよ!良い子の皆さまにおかれましては、ちゃんとお小遣いをためて、映画に行く準備は万全でございましょうか?

 …なに?

 今年のクレしん映画はどこか地雷な匂いがするですって??

 何たるちあ!!
 クレしん映画を愛

もっとみる
よくも「スキ」押しやがったなこのヤロウ!ありがとよッ!
18

切手COL[ISS国際宇宙ステーション]

ドイツ/2004年発行/ISS国際宇宙ステーション

1999年に作りはじめ、2011年に完成した「ISS 国際宇宙ステーション」の宣伝として発行された切手。ISSの横長デザインに合わせた形で、おそらく太陽面、月面通過の様子を表現したのでしょう。

ISSはアメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州宇宙機関(フランス、ドイツ、イタリア等19カ国)が協力して運営している宇宙ステーションです。

ISSの滞

もっとみる