こいずみゆい

茨城、東京、長野の2.5拠点生活中。東京で出稼ぎ週末婚してます。

私と水戸とこれから

中学生までそこは、キラキラしてちょっと遠くの都会だった。

日立市で生まれ育った私にとって、
県庁所在地の水戸市は大都市のように見えていた。

日立だってあの頃は人口20万人いたでしょ、と言われるかもしれないのだが住んでいる人間が多さと街のキラメキは相関するとは限らない。

高校は水戸へ通うことを決めていた。
母の母校へのあこがれもあったがそれ以上に水戸という都会へ通学したかった。

念願叶って水

もっとみる

平成の世に生まれ、令和を生きるわたしたちは

平成のおわり。

いよいよきました。平成という一つの時代が終わったところで、

太陽は東から昇るし、お腹は空くし、犯罪が減ることもなければ日本の経済が突然よくなるわけもない。

1日はいつも等しく価値を持つ

とは言うものの、連綿と続く流れのなかでふと立ち止まったり、区切りをつけたりすることで見えやすくなるものがある。

大抵は1年と言う単位で振り返るものだけれど、今回は30年分の振り返り。

もっとみる

投げたボールがとどかない

はじめて茨城から出勤している
6時半過ぎの鈍行で間に合うのだから大した早起きは不要だ
仮に何かあって遅刻しても問題ない日なら十分通勤可能だとわかった
少なくとも朝に関しては。

週末婚をはじめてから一緒に過ごす日がはじめて4泊5日を超えた
共に過ごす時間が長くなるとその分離れ難くなるし、
今夜からまた一人で過ごすことを考えると今から肌寒いくらいだ。

実を言うと
このところ
大規模なケンカ続きだっ

もっとみる

なんでもない日を特別な日にする魔法

年明け早々、待ち合わせをすっぽかすという大ポカをやらかしたコイズミ(脱字の方)です。

その節は大変申し訳ありませんでした。
ということで今回は反省文です。

滅多にやらない(本当に人生でも片手で数えるほどしかしてない)寝坊。
それだけならまだしも、その前日に朝なかなか起きられない誤字君に散々嫌味を投げつけていました。。

いやまさか翌日に自分が寝坊するなんて。
しかもですね、遅刻ではなく、そのあ

もっとみる

2019年は「デュアラー」が流行るらしい

2019年トレンド予想によると今年は二拠点生活をする人たち「デュアラー」が流行するんだとか。

デュアラーという言葉選びは正直ちょっとどうかと思いますがそこには触れずに置きましょう。

私の場合は二拠点に飽き足らず三拠点になっていますがやっていることは同じです。

”近年は、空き家やシェアハウスを活用して、20~30代のビジネスパーソンやファミリーがデュアルライフを楽しみ始めている。”

まさに私

もっとみる