じじぃ砲弾

違和感を覚えないあらたな学習

と、なりますかどうか。

人工知能が個人の能力に応じた学習カリキュラムを組み、個人の判り易さに訴えるユーザーインターフェイスで習う人の能力向上を図る。そんな時代となりました。

だとすると、私は15歳でほぼ止まっている能力を、60歳くらいから向上させることができるのかもしれません(笑)。15歳の時の成績から鑑みれば、人工知能の判定は10歳に満たない学習能力となるのでしょう(泣)。

わたしは、60

もっとみる
ありがとうございます! よい人生が訪れますように!
1

5Gの棲み分け。ローカルか広域か。

光回線を所有している企業は、回線の末端から「ローカル5G」の世界を展開できますね。NTT東西やケーブルテレビや電力各社など。

一方、携帯事業者は広域に5Gを展開します。これは、広域に移動する利用者に便益をもたらしますね。自動運転などは注目分野となります。

ローカル5Gは「遅延のない遠隔操作」に強みがありますから、工場や医療現場などで威力を発揮する事でしょう。では、ローカルの密度が上がり、隣接す

もっとみる
ありがとうございます! 好きな人と出会えますように!
1

「若者過疎国」をつくりだす日本の投票力

「20代を1とすると、30代は1.5だが、40代と50代は2.2になり、60代は2.8、70代以上は3.5と投票力は圧倒的」なのだそうです。

若者の思いが政治に反映されない。それは、若者が外国へ出ていくきっかけなるのではと、心配しています。

だとすれば、圧倒的な投票力のある世代が、若者の代弁者であるべき。自身のことも大切ですが、次世代である若者の希望を叶える投票行動が欲しいところ。

えっ?

もっとみる
ありがとうございます! よい人生が訪れますように!

また、”ババ抜き”がはじまった

最後に ”ババ” を引くのは誰か・・・。

ユッカーシュピール(Juckerspiel)というゲーム:ジャックのことをバウアー(Bauer):バウアーとはドイツ語で農民のこと:切り札のジャックが「right bower」・切り札と同じ色のジャックが「left bower」と呼ばれて、もっとも強い切り札:ジョーカーは当初「best bower」という名前で、3枚めの切り札のジャックとして追加された:

もっとみる
ありがとうございます! たくさんの喜びにつつまれますように!
1

景気後退で”疑似:共産主義”の復活か

強引に富裕層の富を政府へ集め、必要のない仕事を作って雇用に廻す手法を使うか・・・。

私の世代は、”長征” を知りませんが, ”文化大革命” は小学生から中学生の間、ニュースで度々知る機会がありました。

「米国との貿易戦争は、”長征” 覚悟で」。左遷の語源となった、劉邦の漢中入り。中国は大昔から、最終的に勝利を得るには、長期にわたる転戦が必要なようです。

中国の富裕層はこれからどんな振る舞いを

もっとみる
ありがとうございます! 霧が晴れる様な一日でありますように!
1

気候変動・家畜疫病につよい、動植物工場を

気候変動はこれからますます大きくなることでしょう。家畜は、遺伝が近くなりすぎて疫病に弱くなっています。

もはや、後戻りできない状況と解釈しています。であれば、完全管理できる「動物・植物工場」の推進を図るべきと考えます。

「動物工場」では、人工血液(食用:肉の味を出す原材料)とタンパク質のもととなる微生物(これを動物と定義します)培養を、「植物工場」も、細胞レベルの培養を行います。人の口に入る食

もっとみる
ありがとうございます! 希望が叶う一日でありますように!
2

近未来:売れなくなったガソリンは、高くなる?

のでしょうか。

兎にも角にも、ガソリンが必要とされなくなりますね。その時、値段はどうなるのでしょう。小売りは商品をガソリンから、充電・電力や水素などに切り替えてあたらしい収益源とするのでしょうが、同時に古い車への対応として、ガソリン供給を止めるわけにもいきません。

先細りのガソリンを値上げをしておいて利益を確保し、新しい商品の販売促進・利用普及に向けるか、顧客を増やすためにガソリンを赤字覚悟で

もっとみる
ありがとうございます! よい人生が訪れますように!

”野良AI” が、民主主義を守る?

と、なるかどうか。

強権的な政治が国民の全情報を把握し、思い通りに動かそうとする時、”ホワイトな野良AI” が、蠅のように邪魔をするさまを妄想しました。

どこからともなく現れては邪魔をする。殺虫(AI)剤で退治するも、ひょいと現われ手を擦り足を擦る。それは、どこかが腐敗しているからなのでしょう。野良AIは腐敗したところに卵を産み、腐敗を栄養にしてウジとなり蛹となり成虫となり強権的な政治の周りを

もっとみる
ありがとうございます! たくさんの喜びにつつまれますように!
1

出生率:問題は、生き難さにある

といっても、生き難さは千差万別。国が語ろうが私が論じようが、解明さえおぼつかないのです。

ですが、「生き難さ」だけは共通。その生き難さの中に子供らを放り込むことに躊躇するのは、当然の心理。その心理が重くのしかかれば、次世代をはぐくむことを選びにくくなります。

ただ、太古より「生き難さの中に子供を放り込む」ことが繰り返されてきました。わたしも放り込まれた類(笑)。「なんとかなるさぁ~」も太古より

もっとみる
ありがとうございます! たくさんの喜びにつつまれますように!
1

米中挑発合戦、米側に制御不能の予感

貿易に限らず、防衛でも挑発を繰り返しだした米中。世界覇権をめぐって駆け引きが続いています。けれど、不測の事態だけは絶対に避けなければなりません。挑発は不発に終わらなければならないのです。

「不測の事態は取り巻きから」起こるのだろうと思っています。米中どちらの ”取り巻き” が冷静でいられるか。功を焦って踏み込んではならない境界線を越えてしまうのはどちらか。

米国の取り巻きが勢いづいている気がし

もっとみる
ありがとうございます! よい人生が訪れますように!