すっぱいぶどう

のろいのことば

垂れ流す、延々と。
終わりなく、次々に。
もしかしたら相手は誰でも良いのかも。
あの人がいなかったら次は自分だったのかも。

そう、否定や批判は自分を救う。
自分が正しいと認めるために敵の過ちを探す。

自罰的と言われることもあるがそうでもない。
ただ、「恐らく間違った振る舞いをしているであろう敵」を、完全否定するほどの自信がないだけだ。
迷いなく否定できる人が羨ましいとすら思う。
敵を否定出来る

もっとみる

サワー・グレープス

ボクはのろまなカメ
巨大なブドウの木にのぼってみたけど
ライバルは目もくれないで甲羅を踏みつけてく

頭上で揺れる紫のふさ
芳しい香りを撒き散らしてボクを誘う
周回遅れの焦りでカラカラ渇いた喉が鳴るよ

地上でキツネがわめいてる「どうせ期待はずれ」
そんなの食べるまでわかんないのに
すっぱくてもイイ よじのぼって かじりついてやるんだ!
サワー・サワー・グレープス

くねるツル揺らす灰色の風
否定

もっとみる

反省はしてないけど後悔はしてる

欲しいものを手に入れるために努力することから逃げ続け、欲しいものの中から手に入るものだけを選んで、それを欲しいものとしてきた。

「別に、そこまでしてまで欲しいかっていうとそうでもないし、苦労するくらいならいらないや」これでどれほどのものを努力もせずに手放した?

「私はこの分野はここまでみたいだからもっと別で努力せず手に入る他のものを探そう」そうしてれば効率よく結果が手に入るもんな。多分私が選ん

もっとみる