ぴろこ

絵に呼ばれたのか

「呼ばれる」という表現を、本当はしたくない。引き寄せみたいなスピリチュアルの意味合いを持たせたくはないから。ただ、数日前から偶然が重なり、私の気持ち以上の何かがあったことは否定できない。呼ばれた、というしかないのだ。

別の絵画展をインターネットで検索していたら、高野山金剛峰寺襖絵完成記念 千住博展が神戸であることを知った。ちょうど一年前に、千住博さんのデジタル展を見に行き、この人の日本画はいいな

もっとみる

日々雑感5 来年こそは

本日9月9日は、重陽の節句です。
日本では一番なじみの薄い節句でしょう。わたしが重陽の節句のことを知ったのは10代だったと思うのですが、未だに世間に認識されているとは思えません。後から出てきたハロウィンは、秋のイベントとなったのとは対称的です。

五節句とは、
人日(じんじつ・1月7日) 七草の節句
上巳(じょうし・3月3日) 桃の節句
端午(たんご・5月5日) 菖蒲の節句
七夕(たなばた・7月7

もっとみる

日々雑感4 家電を買う決め手となったのは

NLP(神経言語プログラミング)には、VAKモデルという考え方がある。ヒトには五感があり、全ての感覚を使っているが、その中でもそれぞれに使いやすい感覚があるらしい。
VAKモデルは、V(Visual)が視覚優位、A(Auditory)が聴覚優位、K(Kinestic)が身体感覚優位とされる。

先日、洗濯機を買うときに面白い体験をした。
最初に行った店では、いろいろなメーカーの洗濯機の説明を聞いた

もっとみる

日々雑感3 新しい家電を使い始めるとき

8月の終わりに洗濯機を買い替えた。
少し前から調子が悪かったものの、全く使えないわけではなかった。これが意外とやっかいだったりする。使えるうちは使おうという貧乏性が出る。あまり年数が経っていないということも拍車をかけた。
毎日使ううちに、洗濯機はどんどん調子を落としていく。機械だって修理をしなければ良くなることはないのだ。全自動コースが使えなくなって数十日、昔使っていた2層式洗濯機のような手間がか

もっとみる

日々雑感2 朔日詣りとネコ

神社に毎月お詣りするようになって数ヶ月が過ぎた。
1日にお詣りすることを朔日詣りというそうだ。わたしは1日に必ず行くというほど信心はないけれど、月初めの数日の間には行くようにしている。特に願うことはない。先月の感謝と今月の加護を、とだけ。

9月1日は外出していて、お詣りは明日にしようかなとも思っていた。ところが、明日からの新学期に持たせるものが足りなくて、急遽買い物に出かけることになった。ならば

もっとみる

日々雑感1 忘れないうちに書く

「あ、これいいな」と思ったら、メモを取る。
メモを取ったら安心するのか、放置することが多い。しばらく経つと、何を書いたのかわからなくなることがある。メモの内容を覚えていても、いいなと思った時より心が遠のいているのがわかる。
そんなメモが増えてきて、少しうんざりしている。パッと思いついたことを速やかに書ける習慣をつけてみたい。そうしたら、増えすぎたメモを捨ててしまうことができるだろうか。子どもの夏休

もっとみる

ミステリー神社ツアーに行ってきました

日本ナチュラリスト協会Ⓡの華子さん主催、ミステリー神社ツアーに参加してきました。
旅行会社でも、目的地が秘密のミステリーツアーがあります。
その神社バージョンがミステリー神社ツアーです。

目的地がわからない旅は、初めてでした。

少し遠方ですよ~と華子さんから聞いていたものの、さっぱり予想もつかず。恐る恐るバスに乗って、東の方向へ。

途中、自家製のスイカが配られるサプライズも。バスの中でいただ

もっとみる

自分を変えたいと思ったら、読んでみるといいかも

原田マハ「インディペンデンス・デイ」を読んだ。
題名の「インディペンデンス・デイ」とは、独立記念日と訳されている。

手に取った理由は、単純。
Amazon Kindleで、読み放題対象となっていたからだ。
とりあえずダウンロードしておこうという、軽い気持ちで読んでみた。

目次をみると、日本語の題に英訳がついている。(1作品だけイタリア語)

「いろはに、こんぺいとう」は、A Piece of

もっとみる

つなぐもの

文章を書いている仲間と話していると、「描写をつなげてシーンを書けるのが一番いいよね」という内容がよく出る。作文のように、「こんなことがありました。こう思いました」ではなく、さりげない描写の中に人物の心理などを描いていくことを指している。

映画監督・川瀬直美さんのコラムを読んだ。
(毎日新聞・川瀬直美のたたなづく「わかるはずない心伝えるために」)
https://mainichi.jp/artic

もっとみる

焼豚で一番好きな部位は

今月の初めに、「食遊くらぶ」の篤子さんの教室で、焼豚の作り方を習ってきました。
講座の中で、豚もも肉と肩肉の食べ比べをして、お土産に肩ロース肉をいただきました。

で、私のオススメは、肩ロース肉です!!
(それぞれ特徴があるので、人によって好きな部位は分かれると思います)

もも肉は、しっかりとした歯ごたえがあって食べ応えは抜群!
肩肉は、味が濃厚でした。豚をとことん味わうなら肩肉!

そしてイチ

もっとみる