アクアマン

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「2019上半期総ざらえ&下半期期待作 最終夜」」で映画のお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「2019上半期総ざらえ&下半期期待作 最終夜」」で映画のお話をさせていただきました。

やはりカバーしている範囲が異なるひととの映画のはなしは、自らの映画の範囲を広げてくれるなぁとあらためておもいました。 とくに「神と共に」は薦められるまで観ないとおもっていたので、とんだ掘り出し物でした。 3、4と続くそうなのですが、どうやってつづけるんだかたのしみ。

もっとみる

「ザ・バットマン」主演はベン・アフレックではない。

私はアメコミファンではあるが、安易に過去の名作を塗り替え(リブート)したり、せっかく路線変更したシリーズを間を置かずに再構築するのにはついていけていない。

例えば、マーベルの「スパイダーマン」もサム・ライミ監督の三部作から間を置かずにに「アメイジング・スパイダーマン」シリーズを立ち上げたせいで、観客が新たな世界観についていくことが出来ず、興行的な失敗もあり立ち消えとなった。MCU版のスパイダーマ

もっとみる

映画『アクアマン』日本版本予告【HD】2019年2月8日(金)公開

期待度★★★☆☆
満足度★★★★☆
紹介度★★★☆☆
海中アクションでなかなか見応え有り👍
#アクアマン#DC#WB#アクション#映画

アクアマンのあのシーンて…

ネタばれというか、先日子供と一緒に僕の部屋でアクアマンを見てそのときは凄い盛り上がったんです。

もともとのコミックのストーリーを全く知りません。

でもまぁ目新しいストーリーではないけど、海底人の女王と地球人のハーフで正統派ではなく酒好きな飲んべい設定。

しかし心には正義の炎が燃えてますみたいなちょっと前の「ベノム」でトム・ハーディが演じた主人公のもっとワイルド版!!(笑)

でも男からしても

もっとみる

【映画】DC映画ユニバースはもう死んでいる

今更シャザムとアクアマンについてのレビューを書こうとおもってみた。

まあ、もう公開は終わってるんだけどね(笑)

一言でいうと二つそろって

ぶっちゃけ時間の無駄です。

まずアクアマンについていえば

「海を舞台にしたマイティ・ソー」

みたいな映画なんだろうな・・・・と思っていたら案の定そうでした(笑)

まずソーとアクアマンだが、これが恐ろしいぐらいにビジュアルが似ている。

髪型がロン毛

もっとみる

人魚姫は暗殺者? アクアマンとメラさんのキュン!な出会い 【MERA tidebreaker 】

今回はDCコミックスの新レーベル、「DCインク」の作品をご紹介します。

DCの2つの新レーベル

DCコミックスが新設したDCインク(DC INK)はヤングアダルト(中高生)、DCズーム(DC ZOOM)は小中学校を対象にしたコミック、グラフィック・ノベルのレーベルです。日本で言えば「角川つばさ文庫」や講談社の「青い鳥文庫」の漫画版といったところでしょうか。以下の記事によると「ヤングアダルト」は

もっとみる

アクアマン 観た直後の感想を残しておく

マーベルはあまり観てなく(ゴーストライダーは超大好きだし、アイアンマンも好きだが他は?)、DCは過去からのバッドマン作品が芸術的なので結構好きという ちょっとだけDC偏りがあります。

でもジャスティス・リーグも観ていないし、アクアマン は和訳コミックスでもあまり登場が無く、たまたま読んだ話では捕鯨反対で悪そうなアジア人から鯨守ってるくらいの印象でしたが、封切り直後のTwitterでの「バカのシェ

もっとみる

『アクアマン』字幕版

『アクアマン』字幕版を観て来ました。 感想にネタバレあるかもしれませんので、未見の方はご注意です。

ここにきてDCシリーズの超大作が出てきた感じです。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』や『ジャスティス・リーグ』で、突然出てきて謎の活躍をして、ポカンだったヒーローがのちに単体で活躍する映画は、ワンダーウーマンやアクアマンと最近続いて見てたんですが、どっちも出来が良いもので、今回

もっとみる

2019年1~3月にみた映画

適度にネタバレ。ご注意ください!

翔んで埼玉

どうも、都会指数の低い町娘です。少し前、映画館行けない、つらいとかnote書いてたくせに埼玉に翔びました。効能すごい。埼玉解放戦線は、私の心を解放してくれた。こんな効き目グレートウォール以来です。ありがとう!ありがとう!ええ、話題のアレです。地方ディスの最高峰。

私は高校生の頃マリスミゼルを通った層なのでガクト弄りに感謝しかない。「貴様、埼玉だな

もっとみる