オフェンス

コンサルと事業会社の根本的な考え方の違い

こちらのテーマ、コンサルから事業会社に転職した人もしくはその逆を経験した人にはかなりお馴染みのテーマかと思います。

転職エージェントのサイト内ブログでもよく執筆されているトピックです。

色々読んでみたのですが、誤解を恐れずに言うとちゃんと言語化されてない(上から目線、すいません)。遠からず近からずみたいな感じです。

私の実感値から具体的な事例も踏まえてコンサルと事業会社の根本的な考え方の違い

もっとみる

状況に対応することと状況をコントロールすることと

状況に対応することが比較的得意です。瞬発力だけで生きている感もあり。とにかく与えられた状況下で最前を尽くすというのが私のスタイルです。

その代わりといって良いのか、先の展望を見越すことや計画立てて物事を進めるということが苦手です。状況をコントロールするということができないし、そもそもやろうという発想があまりありません。

これはどちらが良い悪いの話ではないことは理解しています。状況に対応すること

もっとみる

機嫌が悪い

困っているときに助けてくれた人に対しては、こちらが困っている分、普段何でもないときに優しくしてもらうよりも、大変感謝する。

しかし逆に、困っているとき、助けてくれるだろうと思っていた人が助けてくれなかった、いや冷たい対応を取られないまでも、通常どおりに接せられたというだけで、それは大きな失望になり、その人に対する怒りや憎しみともなってしまう。

これは困っているときだけの話ではないかも知れないで

もっとみる

子どもに○○というだけで、あなたのチームが劇的に強くなる。

こんにちは、コーチTです。

タイトルをご覧になって、この記事を開いてくださったあなたは、もっと自チームを強くしたいと、真に考えていることと思います。そんなあなたをがっかりさせない記事になればと思います。

さて、今回の記事のメインでお伝えしたいことは、ズバリ、「ディフェンス」です。

今、「また良くある記事か…」、「当たり前だろ」とガッカリされた方もいるかと思います。

しかし、自分がお伝えした

もっとみる

自分にとって相性の良い方は相手にとっても必要な存在になれる No.196

皆さん相性の良い方って自分の周りにたくさんいらっしゃいますか?

昨日は友人の結婚式にワークエンスの今井社長と参加してきました。

今井社長とは最近とても親しくさせて頂いているのですが、お互いに全くタイプが違い、彼は活動的で行動量が多くオフェンス99でディフェンス1で活動されている方です。

私は行動よりも考える事が好きで、オフェンス5にディフェンス95くらいの割合で活動しています。

こんな二人

もっとみる

オフェンスの優先順位

試合では、感覚でオフェンスしても得点はなかなか決まらない。決まっても、偶然条件が一致して、確率論的にたまたま入っただけだ。と、私は思っている。最終的にシュートが入るかどうかは個人の力量によるところに依存するが、そこまでをチームで作り出すことは大事なことであろう。そこで、本日は私が考えるオフェンスの優先順位について書こうと思う。

■オフェンスの優先順位

No1「ゴール下のシュート」

当たり前だ

もっとみる

How to ローテーション

ローテーションはよく聞く言葉だ。でもちゃんと理解している人は少ない。ロケリが上手くなりたくてしっかり考えてプレイしている人でさえ、そうだと思う。
なぜならソロデュエルで技術を磨き、ダブルスで味方に頼らずに勝つ。もしくはスタンダードでパーティを組み味方を頼る。これに3000時間から4000時間かければ大抵グランドチャンピオンになれる。ローテーションを覚える前になってしまう。技術をあげて強くなる方が簡

もっとみる

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 33  〜フットサル1〜基本的な動きと戦術的な動き

フットサルの攻撃には基本的な動きと戦術的な動きがある。

※基本的な動き:相手を崩すためにはチーム全体で共有した動きを持っておくこと

※戦術的な動き:フィールドプレーヤーの4人全員が連動しながら相手を崩していく戦術を覚えていく。

2.3.9 相手のプレーを読む

ミゲル・ロドリゴ(2011)戦術的な動きについて:

相手のボールへの寄せ方や、ポジショニング、スペースをしっかりと見極めることが重

もっとみる

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 32  ~ハンドボール2〜

2.3.8 ファイナルゾーンの状況におけるプレー・オプション

フットボールは、オフェンスプレーヤーがボールを受ける際に、相手ディフェンスプレーヤーに対して、ポジション優位の状況であることが望ましいと考える。
通常、相手ディフェンスプレーヤーは自身のマークとボールの両方が見える位置にポジションを取るので、ボールを受けるプレーヤーは、ボール保持者がパスをする瞬間、相手ディフェンスの視野外にポジショ

もっとみる

フットボールのダイヤモンド・オフェンスにおける攻撃サポートの構造化 31  ~ハンドボール1〜

ハンドボール編:

バスケットボールの次は、スペイン、ヨーロッパで人気のあるハンドボールの攻撃戦術をフットボールに応用することを考えた。ハンドボールの様々な文献や動画、実際にFCバルセロナのハンドボールチームの試合をカンプ・ノウスタジアムの敷地内に併設されているパラウ・ブラウグラナ(8,250人収容)で観戦し、フットボールに応用することができそうな新たな攻撃戦術がないか、もしくは類似なものはないか

もっとみる