黄金の枝 7

だが森を統治している神はダイアナだけではない。格下の神が2人、この森林の聖域に同居している。一人は玄武岩から湧き出す清水のニンフ、エゲリアである。かつてこの水は滝となってル・モレという土地の湖へと注ぎ込んでいた。現代のネミの村人たちがこの地に水車を建設したためである。川底に小石の散らばった小川の流れる様子はオウィディウスにも紹介されていて、自身もこの水をしばしば飲んでいたと彼は言う。子を身籠った女

もっとみる

10.ギリシャの始まり、エーゲ文明。

①エーゲ文明=クレタ、ミケーネ、トロイヤ

3つの地域で起こった文明について書きます。地域ごとにクレタ、ミケーネ、トロイアの3つ。エーゲ文明の中に3つの文明が時代ごとに混在している。

②クレタ文明

ギリシア神話ではフェニキアの王女ヘレネとゼウスとの子供、ミノスがいた。ミノスは妻と仲良くなかった。だから妻は心の隙間を埋めるためにたくましい牛と関係を持った。

ミノスの妃はやがて子供を産んだ。もち

もっとみる

哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その37

謎その37 〈切り分ける力〉がなくなったらどうなる?

青く光っていた数たちが、見えなくなった。

真っ暗闇の中、卵形の石だけが燃えていて、石戸さんの姿を照らしだしている。

「〈切り分ける力〉が止んだ」と石戸さんは言った。

すべてのものが、闇の中にあるのがわかった。数だけでなく、架空の人々や、実在の人々も。

人間だけでなく、ありとあらゆる生き物たち、星々、物質、そして光までもが、闇の中にあっ

もっとみる

9.ギリシア神話と世界の始まり

①世界のはじまり。

 ギリシア神話では世界は最初、「隙間」があった。これをカオスというらしい。まあ混沌だ。ここから大地の神ガイアが生まれ、ガイアは天空神ウラノスを産んだ。ウラノスは母であるガイアを妻としてさらに子供を大量に産んだ。

ギリシャの神々の貞操観念は、私には理解できない。笑

ウラノスは自分の産んだ子供の中に、一つ目のキュプロプスが気持ち悪くて、地獄に閉じ込めた。これを怒ったのが子供の

もっとみる

「そういえばギリシャ神話ってなんだっけ?の会」によせて<当日編・前編>

さて、開催からすっかり時間が経ってしまいましたが、去る6月29日に、「そういえばギリシャ神話ってなんだっけ?の会」を開催しました。

<予習編(前編・後編)>の記事でも触れましたが、今回の会の趣旨は、「知っているようで知らなかったギリシャ神話を、今の自分としてもう一度訪ねてみることで、今の時代や社会を考えてみたり、各々が興味関心のある分野とのつながりを見出したり、ともかく新たな発見を楽しもう」とい

もっとみる

ミノタウロスの牛皿

唐突ですが、かねてより考えていた「かわいそうな悪役」について書いてみたいと思う。(いきなり会社生活と関連ないことを書く、という時点で会社員としてのレベルが伺われる)

かわいそうな悪役はいろいろいると思う。『FINAL FANTASY 4』の○○(一応伏字)だって悪いことをしていたが実は…だし、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の吉良だって親の過干渉があったわけだし。(ただし作者の思想上割愛)

ちな

もっとみる

現代社会のメデューサ

朝、目が覚めて、鏡のなかにメデューサを見つける。
そして、鏡のなかのあまりの惨状に、思わず石のように固まってしまう。

メデューサは神話のなかの架空の登場人物なんかじゃない。
だって毎朝7時半きっかりに、我が家に出現するんだもん。

もっとみる

哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その34

謎その34 どうしてすべてのものを合わせると一つになるのか?
 
先頭に戻ってきた1は、「やれやれ」とつぶやいた。

「あなたには、こうなることがわかっていたのですね」と、石戸さんは1に言った。

「あなたは、ほかの数たちと、どこか違いますね」と僕は言った。

「私は数だが、それと同時に、数ではない。私は数であり、闇。闇であり、ゼウスの玉座」

ゼウス!石戸さんと僕は顔を見合わせた。1とは一体・・

もっとみる

ネイルに火を点けて

爪に火を点す。
そろそろ、そんな生活にシフトしていかなければ。
極端にはしない。たちまちへばってしまう。ダイエットと同じで、極端にやっているとあとで必ずバーッと衝動的に使ってしまうだろう。
吝嗇家(どケチ)にもなりたくない。
できるとこから少しずつ。

まず、煙草の本数を減らすことにした。
吸わない人々はそりゃもう100パー、おっしゃる。
「やめなよ」。
私は「そうですねえ」なんて

もっとみる

兄と弟(テと手)

わたしの ては、
たくさんのことが できます。
なかでも、いちばん すてきなのは、
わたしの ては、ほかのひとの てを
にぎれる ということ。
ジーン・ホルゼンターラー「わたしのて」

かなしければ
抱きしめてもらおうとひらき、
うれしければ、
拍子うち、舞いおどり、
怒りは、そのいきおい、
そのとんがりのまま、とんできて、
楽しさはぜんぶ、
ちいさなその手につかんだものから
生まれてくる。
その

もっとみる