グリット

【非認知能力とは】世界で重要視されている子どもに必要な資質

子育てにおいて、多少なりとも「勉強のできる子に育って欲しい」「スポーツの世界で活躍してほしい」など夢や希望を持つことがあると思います。

私も同様な希望を持っており様々な書籍や記事を拝見したところ、やはりそういった願望自体は非常に重要な問いかけだとのことです。らゆる成功や目標達成の考え方と同様、子育てにおいても「どのような子供(大人)に育てるべきか」といったゴール設定や、「そのためにどのような力を

もっとみる

010. 才能について(Vol.1)

才能っていう言葉はあまり好きじゃない。
人の無限の可能性を閉じ込めているような言葉だと思う。

天才には確かに才能があった。でもそれは何億人に1人とかいうレベルで、多くの人にとってはそのような才能を持つことは稀だろう。もっと具体的に才能を考えれば、それは「グリット」(続ける力)だと言える。結局、10年、20年と同じことを続けている人には大抵の人は勝てない。何かに熱狂してそれをずっと続けられる偏愛

もっとみる

【非認知能力とは】世界で重要視されている子どもに必要な資質

子育てにおいて、多少なりとも「勉強のできる子に育って欲しい」「スポーツの世界で活躍してほしい」など夢や希望を持つことがあると思います。

それ自体は非常に重要な問いかけです。あらゆる成功や目標達成の考え方と同様、子育てにおいても「どのような子供(大人)に育てるべきか」といったゴール設定や、「そのためにどのような力を身につけるべきか」といった基準を明確にした上で取り組むことが必要不可欠です。間違って

もっとみる

継続すること

この2ヶ月で今まで以上に髪の毛が抜けているのではないかと懸念をいだいている平川です。いつか僕のつまらない行動にこのハゲーーと叫び声を上げる面白いおばさんに遭遇できたらいいなと思っています。

さて、

先日、ちょうどNPでこんな記事があって読んでいるうちに去年の末はひたすら辞めることと継続してやり抜くことの決断の基準は何なんだろう?と考えていました。

これは合っていないな、自分のやりたいこととは

もっとみる

⭐️感情の22段階⭐️

1 喜び、大いなる気付き、自信、自由、愛、感謝

2 情熱
3 熱意、やる気、幸せ
4 ポジティブな期待、信念
5 楽観
6 希望
7 満足
8 退屈
9 悲観
10 ストレス、いらだち、短気
11 戸惑い
12 落胆
13 疑い
14 心配
15 非難
16 失望
17 怒り
18 復讐
19 敵意、激怒
20 嫉妬
21 自身喪失、罪悪感、自己卑下
22 恐れ、憂鬱、絶望、無気力

1に近いほ

もっとみる

謝男 シャーマン

刃牙を描いてる板垣先生のシャーマン
昔読んだときはぶっ飛んでる内容!wwwくらいにしか思わなかったけど

昨日ふと読み返したら発見が!

主人公の拝一穴(おがみいっけつ)は新任教師
特徴としてめちゃくちゃ綺麗な土下座をします!町中のカラスが全部集まるくらいキレイなwww
説明適当なのでちゃんと知りたい人は原作読んでください

第6話は園正義←名前ほぼそのままw
の高校生時代の話…

園くん

もっとみる

「間違えずにできたね」ではなく「がんばったね」が考える習慣をつくる

小学生の頃、まちがい直しをさせられるのがイヤでした。

ふつうの公立の小学校のふつうのテスト問題。

それほど、むずかしいものではなく、授業をきちんと聞いていて、宿題をこなし、ていねいにやれば、いい点が取れるようなもの。

でも、根っからの「めんどくさがり」な僕は早く解き終わったあとの余った時間、もう一度はじめから見直し、間違っていないか確認する……ようなことはせず、余白の大きなところを見つけては

もっとみる

人生で何に情熱を傾けて生きていくか。

今日書きたかったのはこのタイトル。

今、オリンピックやっていると思うんですけど

それですごく考えるようになりました。

キッカケは、平野歩夢選手。

前回のソチの時も見ていたけど、平昌でも彼が凄く良い試合をしていて

4年間の成長ぶりに衝撃受けてしまったんです。

それを感じたのはインタビューや密着取材でした。

4年前はまだ中学3年生で、自分のことを伝えるのがあまり得意じゃなかったり

子供

もっとみる