バイブス

前日の自分は別人、バイブス上げろ

昨日はくっせえなあとか思いながらあんな記事を書いたが、たまにはああいうことをしてもいいんじゃないかなと思ったりもする。

小さなことでも続けることは大事みたいな投稿をした直後で申し訳ないけど、私は別に物事やめたくなったらやめてもいいんじゃないかなと思うんですよね

自分の中で納得していれば。

私は割と寝て起きたら前日の自分に異を唱えてしまうタイプなので、今は昨日の投稿を見て、いやでもお前それがで

もっとみる

ラップリテラシー

先日職場でラップを披露した。アイスブレイクに何かやってくれと言われていたので職場のメンバーを紹介するような歌詞を書き、歌った。FRANKENばりの高速ラップを目指し、練習し、ちょっと噛んだけどやりきった。上司は笑ってくれたが、その場は凍りつく結果に。

終わってしばらく胃が痛く、改めて緊張していたのだなと気付かされた。

しかし何故ウケなかったのか。歌詞を表示しないと分からないと思い、モニターに写

もっとみる

ファーストピン、note福岡meetupが福岡のトレンドになったあの日

6月28日「二人の写真をTwitterにあげてほしい」と写真撮影から始まったこの会。

参加した人のためだけではなく、今日この場に参加できなかった人にも情報やこの場の雰囲気を提供してほしい、そんな思いから始まった。

1週間前に急遽決まったこのトークイベント、コミュニティ・マーケティングの著者、小島英揮さん来福により、お話が直接聞ける絶好の機会。

コミュニティ・マーケティングに向かい合う

コミ

もっとみる

一部を見ていれば、全体がわかる

★★
このブログは、全く実力のない人間が会社の事業責任者になり
右も左も分からないなりに頑張っている様子を毎日お届けするレポートです。考えたこと実践したこと等をリアルタイムでお伝えいたします。
★★

こんにちは、WorkationPlus(ワーケーションプラス)という、フカフカのソファがたくさんあるワークプレイスをご提供しているカドワキです。

いいホテルって、ロビーとかめちゃくちゃいい香りしま

もっとみる

「猥談バー」「なりきりデート」運営元の株式会社ポインティが資金調達を実施

カップル・夫婦向けデート脚本提案サービス「なりきりデート」、完全会員制「猥談バー」を提供する株式会社ポインティ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:佐伯ポインティ、以下株ポ)は、個人投資家の河畠輝氏、高梨大輔氏、宮嶌裕二氏、山本彰彦氏を引受先とする第三者割当増資、また桂大介氏からの寄付の受領により、エンジェルラウンドの資金調達を実施したことをお知らせいたします。

※写真左から スワン、取締役COO

もっとみる

カップルと夫婦の大敵はマンネリなので、デートのバイブス上げるwebサ作った🤤🤘

株式会社ポインティを創業してから半年が経ちました…とか前のnoteに書いたのですが、よく考えたらもう8ヶ月経ってました。日付感覚薄すぎワロタァ😂生後8ヶ月のかわいいベイビー企業です👶ゆうてますけどもね!そんなベイビー企業から新しいサービスが始まります、というご報告です🤘

🍿🍿🍿

株式会社ポインティで、新しいwebサ作りましたよ〜〜!

のですが、その前に😇👐

時はさかのぼり…

もっとみる

みんなコミュニティを求めている

コミュニティとは

①人々が共同体意識を持って共同生活を営む一定の地域,
およびその人々の集団。地域社会。共同体。

②転じて,インターネット上で,共通の関心をもち
メッセージのやりとりを行う人々の集まり。

③アメリカの社会学者マッキーバー(R. M. MacIver)が
定式化した社会類型の一。血縁・地縁など自然的結合により
共同生活を営む社会集団。 → アソシエーション

出典:三省堂 大辞

もっとみる

シンプルで大雑把な経営理論。経営したことないけどw

・2000文字いない
・30分いない
・ありのままに
で書きます。

先週、キャンプにいったときに、キングダム占いというのを友達とやってて、じぶんは、麃公(ひょうこう)将軍でした。w

戦場において、死者が出まくるという、大雑把な将軍です。そして、じぶんは自他共にみとめる、直感型ではあるのですが、自分は、直感型ではあるものの、対極にある何かは、同じくらい大事という、対極半々理論なるものを、直感的に

もっとみる

アルゼンチン料理店は良いバイブスが満ちていたよ!@代々木上原ミ・チョリパン (Mi Choripan)

小腹が減ったので代々木上原にある
アルゼンチン料理屋さんに
軽くチョリパンを食べに
行ってきました。

チョリパンって何?

チョリパンとはアルゼンチンのソウルフード。 極太チョリソーと沢山のトッピングをパンで挟んだシンプルな料理で、そのお手軽さとジューシーな食べ心地が癖になり、情熱の国とも呼ばれるアルゼンチンの人々から熱狂的に愛されている料理です。(チョリパンHPより http://michor

もっとみる

血の騒ぎ

急に目がさめる。
いつものことだけど、胸のあたりが何人も乗っかっているような感覚で、
本当に邪魔くさい。

この感覚は小学低学年の時からある。
本当に慣れというのは怖いもので、
いつの間にか、身体のあちこちに棘ができてしまったり、心臓がバクバクと悶え、
自分の体から、別の人間が黒い姿を現し、これが何人も増えていってしまうようだ。この感覚を長く感じていると、人間じゃないと思われるくらい嫌われるんだろ

もっとみる