バザーの思い出〜温もりのリレー〜

小学校のバザーで販売をしていた時のこと、6年生くらいの男の子たちが長い時間迷いに迷った挙句、その内の一人が5個セットのワイングラスを、そしてもう一人が急須と湯のみがたくさん入ったセットをレジに持って来た。私は笑いながら「パーティーが出来そうやね」と声をかけた。
すると男の子たちは興奮で少し紅潮した顔で頷き、湯のみを持って来た子は「おじいちゃんとおばあちゃんに、です」とハキハキ嬉しそうに答えた。

もっとみる

識字とは。非識字とは。

今日は6日間あった新年準備バザー最終日。

新年準備のラインナップが日本と全く違うので面白い。

エチオピア正教の伝統衣装。

インジェラ焼き器。

コスメ類など。

開催前日まで存在を知らなかったので全然準備はしてないけれど、参加企業のフィードバックは集めておこうと思い、作成したアンケート用紙を持ってバザー会場へ。

バザーは着任して2回目。1回目の時はアムハラ語翻訳に時間がかかって印刷できず、

もっとみる

第4回サラリーマンたちの税金勉強会「フリマに出店したら消費税どうなるの?」

フリマやバザー等に出店することになった時に、「消費税って誰が払うんだろう?」と疑問に思ったんですよね。普段は商品を買ったときに消費税が代金に含まれていて、商品を売っている人(スーパーとかコンビニとか)が納めているのですが、フリマとかの場合は、出店者が納税しているんでしょうか?そこらへんがどうなっているのか気になったので調べてみました。

「消費税」について

まず、消費税は何に対して課税されるのか

もっとみる
スキありがとうございます!良かったらシェアもお願いします!
2

骨董市のおもてなし

先日行われた京都の「トルコ至宝展」

東京にない魅力として、会場がゆったりとしていて他のイベントを楽しむことができる。

そのひとつである「骨董市」が京都ではあちこちの神社や寺院の境内で行われている。

「ローマの休日」のように国宝が居並ぶ空間で骨董市が開かれることが、ゆったりとした京都の日常らしいというか、歴史の雰囲気を感じられ好感が持てる。

その中でもっとも有名な「東寺」の骨董市に物見がてら

もっとみる

【朝のお仕事 〜学校PTA編】

summer fairまであと2日となった今日、non uniform day で、一本ボトルを学校に寄付するという日でした。未開封のボトルであれば何でもOKで、summer fairでくじ引き販売にするそうです。収益は、学校のホール改修費に充てられるとのことです。修繕費用を寄付で募ったり、こういう工夫で集めたりするところが、ユニークです。

 先日のPTAの打ち合わせでどこにそのボトルを保管して

もっとみる

本日、初めてのバザー出店
フリーマーケットとバザーの違いがわからず申し込んだ
想定外に売れなかった

でも、おもしろかった😊
芝生の上にテントをはってのんびりと過ごした

明日が月曜日でもどんと来いな気分

そう思うのは自分自身
いつでも明日をどんと来いな姿勢でありたい

21杯目:【PTA】PTAバザーに凝縮された会社があった

前回投稿の20杯目と並行していたお話になりますが…

バザーの売り上げを上げるために、お客様に向けての仕掛けより、

実はもっと大切な事があります。

販売側のPTA役員の意識を変えることですf^_^;)

なにせPTA役員って、基本的に自分から望んでやってる人の集まりではないので、

(望んでやってる人には申し訳ありません発言です)

そこに持ってきて、

定期総会で決まった昔からやってる年間事

もっとみる

20杯目:【PTA】PTAバザーに凝縮したビジネスの世界があった

毎年、地域の公民館秋祭りで、中学校の PTAがバザーをやっています。

バザーの売上金で生徒たちの役に立つものを学校に買ってもらおう!が目的です。

保護者や先生から品物を提供していただいて、

PTA役員が値付けをして販売という、よくあるパターンですね。

自分もひょんな事からPTA役員になり、

バザーに関わらせていただくことになりました。

ただその時の感想は、

PTA年間事業の一環だから

もっとみる

アメリカンバザーにて

今日は授業が無く、アメリカンバザーでボランティア先のお手伝いをしました。

タイトルに添付している画像は、ボランティア先の女性が刺繍している商品。どれも可愛くて素敵なデザインですよ!

アメリカンバザーは月に1度、SM モール・オブ・アジアの横にあるSMX Convention Centerで開催されています。

中は綺麗。しかし中に入ると、少し肌寒い。冷房の効きすぎ、フィリピンではよくあること。

もっとみる

着ると肩幅が2倍になる

私はバザーが好きで好きで仕方なく、子どもたちが小さい頃は衣類の50%をバザーで仕入れた(残りの50%はおさがり)。

子どもというのは小さいころはすぐに服のサイズが合わなくなる。1年で着られなくなるのだ。バザー市場にはたくさんの赤ん坊~幼児むけの衣類が出る。

ただ、6歳くらいだろうか、120cmくらい? を超えてくると2~3年着られるようになってくる。動きもアクティブになり服もすぐにいたむのでな

もっとみる
ありがとうございます! うれしくてご飯がおいしく食べられます!
14