パワハラ上司

録音・録画の他に役立つ証拠があるのか

🔵録画・録音のほかに「役立つ」証拠とは何か

⏺️パワハラの証拠となる「録音や録画」を持っていない場合の対処法

⬛️パワハラにより精神的な被害を受けたことから、仕事をやめることになるかもしれない

パワハラをした上司や会社に対して、損害賠償を請求したい

そんな悩みを抱えた人がたくさんいらっしゃることで、それを少しでも解決して行くために、ここから詳しく説明していきます。

⬛️証拠として有効な

もっとみる

仕事辞めたい、会社に行きたくない。。解決策あります。

「ブラック企業」「パワハラ」「モラハラ」「コンプライアンス違反」「低モラル」…
そんな会社はさっさと辞めてしまいましょう。

でも、

「辞めたい」となかなか言い出せない。
次の仕事が見つからないと辞められない。
毎朝出勤前になると憂鬱になる。

その悩み、一気に解決できるかもしれません。

取り返しのつかない事態に陥る前に1秒でも早く解決するべきです。

あなたの大切な未来です。
まずは無料相談

もっとみる

【パワハラ】ですべてを奪われた男性

🔵パワハラですべてを奪われた56歳男性の絶望

⏺️子会社へ転籍を命じられ、年収は200万円に

⏺️脳出血を起こして重度の障害者となってしまった56歳男性

⏺️彼の無念さを思い、会社にも社会にも居場所を失ってしまった

⬛️現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている

⏹️いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」

貧困とパワハラの果てに脳出血を

もっとみる

パワハラをしている人に自覚はないのか?

国会議員の秘書に対するパワハラが話題になっている。
暴言やものを投げつけるといった行為に耐え切れず、秘書が何人も辞めているという。
当の議員先生は「アホ、バカ」などの暴言は「愛情表現」、ものを投げつけたことはなく「デマ」だと説明している。
このようなパワハラは一般の企業でもざらにある。
私もかつては同じような扱いを受けた。

ライター活動を始めるまでの私はある金融系の企業に勤めており、中間管理職だ

もっとみる

【第6話】 課長は敵?味方?

2019年3月より始まったこの連載も、そろそろ最終章。
第6話からは、主人公アコの反撃編が始まるよ。

※「それってあな番のパクリじゃね」は禁句です

2019年7月1日(月)

8:00AM 営業所にて。

「課長、おはようございます」

「おはよう、早いね」

「相談したいことがあるんですけど・・・」

私は先日の所長とのやり取りを全て話した。

課長へ相談した理由は、営業所での二人目の責任者

もっとみる

【パワハラの加害者】になる人の特徴

🔵無自覚に「パワハラの加害者」になる人の特徴

⏺️周りに「勝ち負け」にこだわる人、いませんか

⏺️パワハラの「加害者」になりやすい人の特徴とは

吉本興業の件から、パワハラに注目が集まっている。

パワハラに限らず「ハラスメント」とは、わかりやすく言えば「大人のいじめ」である。

⬛️ハラスメントをしやすいのは、どんな人なのか

たくさんのパワハラを受けている私の経験から、パワハラをしてしま

もっとみる

コンプライアンスを声高に叫ぶ会社に限って、現場はコンプライアンスで苦しめられて、経営陣は・・・・という現実。(7/23配信分)

こんばんは。井上です。

吉本興業の社長の会見、
5時間半って・・・・

質問にバシッと答えていたら、
こんなに時間はかからなかった訳で。

明確に答えないので、
同じような質問が繰り返され、
挙句の果ては、
キレ気味に先ほども同じ質問を・・・

個人的には、
あんな感じで終始するなら、
やらなかった方が良かったと
思うんですよね~。

まあ、大きい企業に
アリがちな旧態依然とした
体制続いている

もっとみる