必要な不必要。

私の仕事先の先輩で役者をやっている人がおり、仕事の縁から度々芝居を観に行くようになった。

私は小さい頃クラシックバレエもやっていたし、Twitterではよく名前が挙がる母サトミさんが、子どもの頃私に演劇などを鑑賞する会に入れていたので、結構観に行っていた。

ついでにいうと、不良崩れの学生の父も演劇部で、一度「演劇部の先輩が映画に出ているから観に行こう」と行って連れて行かれた先は石井克人監督の『

もっとみる

“怒る”ことは寛解の第一歩

私が病院に行き始めた頃の病院の診断は、「白黒思考」「自責的思考」だった。

その後、障害者手帳を貰ったときに書いてあった診断書は「抑うつ」だった。

現在は一旦カウンセリングは終了し、薬をもらうための定期通院となったので、寛解に近づいていると考えられるだろう。

私自身も、身体的にも現在は「人生で一番健康だ」と感じる。

まず朝起きるのが辛くない。

かつては朝起きることが地獄のように苦痛で、常に

もっとみる

きっとあいつはチンコが小さい。

あるインフルエンサーと呼ばれる人間の悪口をTwitterで呟いたら、それをエゴサしてリツイートして、私のブランド名や、たまたまプロフィールに挙げた会社名まで挙げて「ひどい」と言われるようなことが起きました。

しかも、ネットで調べたのか、社員数まで書いて来て。

悪口と言っても、痛い目に遭ってそうなのを笑った程度で「ひどい」と言われても、もともとあまり良く思ってない人間が痛い目に遭ってたら、笑って

もっとみる

婚前旅行1

パートナーと2月の半ばに付き合い始めて、あれよあれよと結婚することになった。

「なんで結婚するんですか?」と言われたら、「それが自然なことに思えたから」としか言いようがない。

ちょっと前の自分が今の自分のことを知ったら、質問責めにするに違いない。

「どうしたら結婚出来るの?」と。

でも、現在結婚する(えー、本当に?)身になって思うのが、結婚する相手とは結婚する、結婚するタイミングなら結婚す

もっとみる

レタル展示会記録9:セミオーダーをやめられなかった。

なんと今日から展示会!

お客様たくさん来るといいなぁ。

今回、実はセミオーダーをやめようかと思ったんです。

コストもかかるし、ミスしたときに大変だし…。

でも、いろいろ制作を通して「やっぱりセミオーダーはやめられないなぁ」と思いました。

今回は特にデザインものが多く、このサイズが正解ってものがない。

展示しているサンプルはあくまでサンプルなので、もっと短く着たいとか、長く着たいとか発生

もっとみる

レタル展示会記録8:モデル写真はもういらないかも。

今回の展示会、ピカレスクの作家さんの作品を展示するのもそうなんですが、什器にもこだわっていたりします。

以前Twitterで「古着の雑誌が好きなのは、写真が服単体で、服のブツとしての良さがわかる。」みたいなことを書いてる人がいました。

あー、わかるなーと思います。

確かにブランドのイメージやターゲットを伝えるモデル写真は、トータルコーディネートで伝えたいブランドには必要なのかもしれません。

もっとみる

レタル展示会記録8:ピカレスクの作家さんたち

告知が直前すぎて申し訳ないです!

今回参宮橋のアートギャラリー、ピカレスクさんとコラボしますが、展示・販売する作家さんのご紹介をば!ばばば!

武盾一郎(たけじゅんいちろう)
https://picaresquejpn.com/artist/takejunichiro/

ピカレスクさんとのコラボのきっかけを作って下さった武さん。

きっかけは私が武さんの作品をTwitterで見たことです。

もっとみる

ADHDとか。〜その17 恋愛のこと〜

この『ADHDとか。』をしばらく私は書くことが出来ないでいた。

その理由は、前好きだった人がこの文章を読んでくれていたからだ。

「『ADHDとか。』読みましたよ。すごい文章力!」

私は彼のその言葉でとても救われたし、だから書けていた。

その彼には実は彼女がいたことを知り、私は失恋したあと、これを書くことが出来なくなっていた。

なぜなら思い出してしまうからだ。

しかし、現在私には新しい恋

もっとみる

レタル展示会記録4:「そもそもレタルとはなんなのか?なぜ白いシャツの店なのか?」

展示会記録を書いていてふと思った。

「レタルの説明してないな!」ということ。

レタルは2011年の5月30日に立ち上げた。

準備期間はその前年の9月くらいから。

そのとき私は27歳だった。

「白いシャツがお好きなんですね?」とよく聞かれるけど、それはそうなんだけど、ブランドを始めたのは「白いシャツが好きだから」ではない。

レタルを始めたのは「自分のブランドを作りたかったから」だ。

2

もっとみる

心が折れた。

久々に心がポキっと折れた音がした。

ここのところ毎日のように人と会ったり、恋人も出来て忙しくなったのもあって、ちょっと疲れていたんだと思う。

一昨日、恋人と二人で弐魄さんの整体に行ったら、「ヒグチさんは人がストレスを感じるレベルより上のところで張ってる状態なので、少しでもストレスになることが加わると、一気に溢れ出すイメージですよね。」と言われたりもした。

妙に鈍感なところがあるというか、相変

もっとみる