目を閉じる

人は目から情報の8割獲得すると言われている

確かに、自分情報を得ようとした場合

テレビを観る

スマホで検索する

パソコンで検索する

能動的に情報を得るために、人は検索するのだ

検索ワードを入力したら、大体の調べたい事、知りたい情報は表示される

一方で

テレビからの情報は受動的だ

観たくもない映像を

知りたくもない情報を

一般的にはどうでも良い情報を

一方的に見せられ、聞かさ

もっとみる

旅のお供:Earというほど

お仕事柄、旅が多いです。お仕事の旅は普通出張といいますが、出張と呼ぶほどは堅苦しくないので「旅」と呼びましょう。別に旅慣れているとは思いませんし旅について何か強く主張したいと思ってもいないのですが、何となく旅グッズっぽい話を書いてみたくなったので書いてみます。旅をしない人にはどうでもいい話ですし、カッコイイ出張グッズ10選!とかでもありませんので、ふーんという感じで読み飛ばして頂ければと思います。

もっとみる

男にとっての幸せな結婚とは?

これからnoteで、夫婦関係や育児についての気づきなどを、書いていこうと思います。

今回は、「男にとっての幸せな結婚とは?」「小児科医おすすめの鼻水吸引機」「騒音から耳を守ってストレス対策」の3つです。

稼ぐ女の子と結婚するのが男の幸せ?幸せな結婚とは?

こないだから、この一連のツイートがバズってますね。

可愛いだけの女じゃなくて、自分の意見をきちんと持っていて、バリバリ稼いでいて、自尊心

もっとみる

ノイズキャンセル機能付きBluetooth骨伝導 イヤホン

今回は「中国製のお安いbluetoothイヤホン」のお話。

一人で沖釣りに行くことが多い。
乗合船に席を確保し、船長の操舵で移動を繰り返しながら7時間くらい竿を振るのだ。

釣れている日は良い。
次から次へと獲物と情報が入ってくる。
この色のルアーでこの動かし方が今日のパターンなのか。だったらこうしたらどうだろうか・・・と次々湧いてくる好奇心を魚とかイワシながら処理していける。

ただしそんな日

もっとみる

第119回MMS(2015/12/25対談) 「インターネットサービスデザインでライフスタイルを提案」 Omotenasy LLC CEO 今村泰彦さん、西村拓紀デザイン株式会社 西村ひろあきさん

●味わい深い人生を。

enmono 本日はOmotenasy(現VIE STYLE)の今村さんと西村さんにお越しいただきました。ハードウェアスタートアップという言葉がありますけども、その典型的な事例を進行中のお二人です。

今村 スタートアップしてますね。

enmono まずは今村さんの自己紹介をお願いいたします。

今村 今村泰彦と申します。歳は40歳

もっとみる

長距離移動で(なるべく)疲れないために工夫していること

このところスケジュールが立て込んで、移動が多くて、しかもこの気候。

ということで、調子が優れない日が続いている。

そんな感じなのでまったく説得力はないけど、これだけ移動していると(週に数回は新幹線移動)、その移動時間をいかに快適にするかが重要になってくる。

いろいろと試行錯誤して、今のところ自分に合うと思って、ずっと実践しているのは次の2つ。

・良いヘッドホン(あるいはイヤホン)を使う

もっとみる

SONYのヘッドホンが凄すぎる(買いました)

こんにちは、やわらかです。
noteでは、ガジェットや日々の気づきを書いています。「Notion」「スマートホーム」「断捨離」が最近のトレンドです。

---

今までイヤホン派でした...。
iPhone なので、ずっとAirPodsを使っていました。

でも、ヘッドホンがこんなに進化してるとは知らなかった。この動画に出会うまで。

まず、このnoteを閉じてこの動画見てほしい。

即買いました

もっとみる

音の刺激から心のキャパシティを守る。

もともと音楽が大好きで、通勤中や自宅でもiTunesやSpotifyをよく利用しています。

特にライブが好き。邦ロック、アニメタイアップ起用されるようなバンドが最近特に。V系も聴く。インディーズもメジャーも関係なく、ほぼ月1でライブハウスに通っていたり、フェスにも行けるようになってきてました。

なのに抑うつの診断が出てからのここ最近は日常の音、特に外から聞こえてくる車やバイクの走行音に敏感にな

もっとみる
ありがとうございますっ!!(穴が開くほど深々と御礼)
11

一人映画

学生時代、実家から学校まで道のりは、普通と快速の電車を乗り継いで2時間半を要した。電車の中で居眠りしたり、本を読んだりしていたのだが、ある日から、見える景色がガラリと一変した。それは、ウォークマンを手に入れたからだ。

当時わたしは課題に追われていて、テレビを見る暇などなかった。映画館に行く時間も取れなかった。だから映像に飢えていたのだが、当時はまだ、スマホもパソコンも普及してなくて、動画などを見

もっとみる