ポゼッション

ポゼッション形式トレーニング【トランジション】

教授法:ポゼッション
戦術的意図:誘導/保持/前進
技術的アクション:プレッシャー
戦術的アクション:マーク/カバーリング
状況:5対5+1

トレーニングの概要

5人組2チームによるポゼッション、攻撃チームが2ゾーン間でボールを保持、守備チームはボールの奪回→トランジションからの得点を狙う。

もっとみる
ありがとうございます!少しでも日本サッカー界に関われたら幸いです!!

ポゼッション形式トレーニング【サポート】

トレーニングの概要

4人組3チームによるボールポゼッション。攻撃側の2チームはフリーマンを利用しながらボール保持、守備チームはボールを奪取しカウンター攻撃を狙う。

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング④

教授法:ポゼッション
戦術的意図:前進
技術的アクション:サポート
戦術的アクション:横幅/深さ/3人目
状況:6対3+1

トレーニングの概要

3人組3チームによるポゼッション形式トレーニング。上下2ゾーンに分かれた攻撃側の2チームは、敵のプレッシングの状態を観ながらゾーン間でボールを移動させ、ボール保持を狙う。

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング③

教授法:ポゼッション
戦術的意図:前進の阻止
技術的アクション:
戦術的アクション:マーク/カバーリング/ペルムータ/スライド
状況:4対4+2

トレーニングの概要

4人組2チームによるボールポゼッション。ボール保持チームは、フリーマンを活用しながらボールを保持、フリーマン間でボールを行き来させることで得点を重ねる。

もっとみる
ありがとうございます!少しでも日本サッカー界に関われたら幸いです!!
1

ポゼッション形式トレーニング②【ゾーン移動型】

教授法:ポゼッション
戦術的意図:保持
技術的アクション:パス/コントロール/サポート
戦術的アクション:
状況:8対4

トレーニングの概要

4人組3チームによる2ゾーンでのボールポゼッション。2チームがゾーン間を移動しながらボールを保持し、1チームがボール奪取を試みる。

前回のポゼッション形式トレーニング①【3チーム型】と同様に、奪われたら終わり・奪ったら終わりでなく、トランジション時のプ

もっとみる
ありがとうございます!少しでも日本サッカー界に関われたら幸いです!!

ゲーゲンプレッシングのためのポゼッション形式トレーニング

トレーニングの概要

3つのゾーンに分けられ、さらに中央ゾーンでは3つのレーンが引かれている。
他の2ゾーンにはそれぞれミニゴールがふたつずつ配置、中央ゾーンでのポゼッションで発生したトランジションから、ミニゴールへのフィニッシュを目指す。

もっとみる

ポゼッション形式トレーニング①【3チーム型】

教授法:ポゼッション
戦術的意図:保持
技術的アクション:パス/コントロール/サポート
戦術的アクション:横幅/深さ
状況:6対3+1

トレーニングの概要

3人組3チームによる2ゾーンでのボールポゼッション。2チームがフリーマンを利用しながらボールの保持を目指し、1チームがボール奪取を試みる。ボールを奪った後・奪われた後のモーメントも設け、トランジション時のプレーをトレーニングする。

もっとみる

2019年J1リーグ開幕戦:セレッソ大阪対ヴィッセル神戸戦の感想

2019年2月22日に行われた、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸の開幕戦はボールをキープして慎重に攻める神戸と、カウンターアタックとセットプレーで得点を目指すセレッソという、サッカーの世界では非常によくある典型的な構図で行われました。
 実際の詳細な内容については私自身は丁寧に分析する能力はありませんので書きません。また、セレッソが勝ったからといってじゃあこれで今年の神戸がダメか、セレッソはバラ色かと

もっとみる

いろいろと難しい判断

アジアカップ、日本代表はサウジアラビアに勝ちました。

コメントをみる限り、本意ではない戦い方をしたように受け取れます。

http://www.jfa.jp/samuraiblue/asiancup2019/news/00020333/?utm_source=jfa&utm_medium=kv/

しかし、森保さん、つまりはサンフレッチェ時代はこういう堅守速攻サッカーを得意としていた監督です。で

もっとみる