ユダヤの商法

今日7月20日は「ハンバーガーの日」。これは、1971(昭和46)年の今日、藤田田によって銀座の地に日本で最初のマクドナルドがオープンしたことに起因します。それから約半世紀が経過し、ハンバーガーは和食になりました。つまり、イノベーションが起こった記念日でもあるのですね。

【成果】=量✖️質  【質】=量✖️量 よって【成果】=量✖️量✖️量

現在私が学んでいるユダヤの教えの中に、量質転化という言葉があります。

これはどういう意味かというと

もしあなたがビジネスで大きな成果を挙げたいと思っている人ならば

成果=量✖️質

まず、この方程式を覚えなければならない。

ユダヤの教育では、質の高い行動を大量に継続できた者が当然大きな成果を挙げる。

では質はどのように高めることができるのか?

質=量✖️量

即ち、大量行動こそが質を高

もっとみる

『ユダヤの商法』で藤田田ファンになったあなたへ、株式会社 藤田商店様から預かったレアものを公開します。

みなさん『ユダヤの商法』はもう読まれましたか?
多くのメディアでのご紹介や著名人による推薦によって、藤田田氏の経歴や本書の面白さが浸透してきたおかげか、発売から2ヶ月が経過した今でも好評なセールスを頂いています(おかげさまで5万部達成となりました!)。

知れば知るほど面白い藤田田氏については、例えば「藤田商店では毎週水曜日を“マック・デー”として社員全員がマクドナルドを食べていた」など、面白いエ

もっとみる

『ユダヤの商法』担当編集者が『論座』に寄稿しています。未読の方は参考にして頂けましたら幸いですm(_ _)m
■令和でも通用する「ユダヤの商法」https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019042500005.html
■日本マクドナルド創業者のベンチャー魂https://webronza.asahi.com/business/articles/2019051300003.html

円高、また日本人が狙われている...

「外貨建て保険急成長 生保大手5社 18年度5割増 3.6兆円」

 またか。「お金のマニュアル」でも書いたが、大手の新聞が記事にして(しかも1面)書くときは、既成事実として済んでしまっている=対象となる顧客はほとんど買い終わっている状態である。そこへ計ったように円高。

 今までのパターンだと、この外貨保険の損切りが終わるまで続くんだろうなあ、円高。そして損切りが終わると何事もなかったように元に

もっとみる

#60 怒りを持つのはその時だけにすべき

こんにちはN高等学校の4期生の中島佳祐です。

これはとあるN高等学校生が3年間かけて東京大学へ行くガチ受験ドキュメンタリーです。

今日は7時50分から始まりました。

前回は....

ニコニコはオワコンと言っている人へ伝えたい3つのことというテーマで書きました。

これから、ニコニコはまだまだ伸びるでしょうし5年以内には黒字化もしそうですね。

怒りを次の日に持ってくるのは論外だと思う

もっとみる

【書評】ユダヤの商法(藤田田著)【高値で売買されていた幻の書】

はじめに

日本マクドナルド創業者藤田田さんの「ユダヤの商法」を読んだので概要をざっくり紹介します。

この本は、ソフトバンクの孫正義社長が高校生時代に読んで感銘を受け、藤田社長に会うため会社に乗り込んだという逸話(後述)があります。

1970年代に出版後ずっと絶版になっており、メルカリなどでは1万円近い価格がついているというレア本だったのですが、KKベストセラーズより、ついに新装版が販売されま

もっとみる

流行のつくりかた。

こんにちは、やっすんです。

友達の中で、絶対にひとりは
毎シーズン服を買い換えて

流行りのファッションを着てる
めちゃくちゃおしゃれ奴っていますよね??笑

実は、ファッション業界の流行っていうのは

毎年、国際会議で
決めているって知っていましたか?

ファッション業界には
国際流行色委員会:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR

というものがあり

この委員

もっとみる

世界を変える商人は『ギブ・アンド・テイク』などとは言わない。優れた彼らは『テイク・アンド・アスク・フォーモア』つまり《取ったうえで、さらにもっとよこせ》という精神である!

この商人的精神であれば儲かります。ビジネスは勝てば官軍である。企業は勝たなければならない。目指すだけでは一流にはならない。実績を上げられない企業、経営者が何を言っても無駄な時間に過ぎない。勝てない言い訳を主張していると世間は冷たい目で見ます。敗者は滅び無になります。

もっとみる