【毎日更新 54日目】リスタート

おはようございます。ティーです(^^)

今日は久々に家の掃除ができました。
朝早く起きて、いまようやく終えて一息したところです。

さて、今日は"リスタート"というテーマでいろいろ
お話していきます。

①リスタートの時期
うまくいかなかった時。なんかモヤモヤする時。
疲れが取れないとき。イライラすると時など。

こういったときってリスタートのサインかなって
個人的には思います。

というのも、

もっとみる

自己破産=リスタート

皆さん、こんにちは!えぃみんです。

ここで自己破産をしたということをカミングアウトし続けることで、
同じことで悩んでいる方からメッセージをもらうことが増えました。

そして、その人は周りの人から言葉は悪いですが、まるで犯罪者扱いのようなことを言われたそうです。

お金が必要なので銀行などから借りた。

はじめはもちろん誰だって返す気持ちはあります。

でも、いろんな事情があって返済が厳しくなり、

もっとみる

つづけるはなし

noteをはじめて明日で1ヶ月。
毎日更新を目指していたが、結果は3日に1度更新くらいである。

毎日更新できなかった理由は1つ。
勝手にハードルを上げていたことだ。

せっかくnoteを書くのだから文章は出来るだけ長い方がいいよなとか、内容にマッチする写真を吟味しなきゃとか。

ハードルを上げると、そこを越えられなさそうだから今日はいいやと諦めてしまう。

はじめて2週間くらいは更新することだけ

もっとみる

勝ちと価値の狭間で

2019.6.17

ウェルビーイング×ビジネス#01
AI時代に生きる僕たちを幸せにするビジネスとは?

・日立製作所フェロー 矢野和男さん
・早稲田大学 文化構想学部准教授 ドミニク・チェンさん

帰り道で考えていました。

これまでの私は、部分(個人)最適の集合が、全体(組織)最適に繋がるとは、思っていませんでした。全体(組織)最適のために、各々の個性や役割をどう最適化するかを大事にしていま

もっとみる

瞑想して体感したのは孤独ではなく安
らぎ、目標を決めて進んみえたのは覚悟。家出上京を決めた半年間は緊張状態が続いた。今はなんやかんやいうけど、応援してくれるパパがいる。これだけでなんて心強い♪ありがとうパパ♪

【たなまち農園日誌 20190515】〜リセットではなく〜

今日、先のことは考えずに、今日目の前のことを大切にする1日にした。

部屋のそうじ、トイレそうじ、押入れの片付け、バイクのオイル交換、ゴミ捨て、などなど。

「部屋の乱れは心の乱れ」

なんてことをよく言っていたけれども、今の僕はまさにそのような状態だったと気づく。

先のことに囚われすぎて、今を大事にできていなかった。

大切な人を幸せにしたいからこそ、まずは自分がせかせかせずに、どっしり構えて

もっとみる

令和初投稿!再開のご挨拶♪

みなさん、おはようございます!

ゴーシンです!

だいぶご無沙汰していてすみません💦

ここ約2か月ぶりの更新となり、
言い訳にはなってしまいますが、
ここ数か月仕事が目まぐるしくなかなか更新ができませんでした、、、

今もまだ同じような状況ですが、
時間をつくって更新していこうと思います✨

気づけば令和になってからの初投稿ですね㊗️

ということで、本日からリスター

もっとみる

令和元年。

こんにちは!管理栄養士の柏木 優です。

ついに元号が変わり、令和になりましたね。
平成にあった楽しかったこと、辛かったこと、
それぞれにあるかと思いますが、
今日から心機一転、仕切り直しのチャンスですね!

わたしもこのブログを毎日続けると言い、
始めましたが続けることができていませんでした。

何故だろう?
なんでいつも続かないのか?

自分なりに考えてみました。

すぐにわかりました。

もっとみる

#1 令和が始まるにあたって。

今日で平成はおしまい。明日から、新しい元号、令和の幕が上がる。そんな平成最期の日に久しぶりに、もう一度、文章を書き始める。

きっかけは、後輩から言われた言葉。「先輩は令和に向けて何かしますか?」特に、何も考えていなかったから、その時は何も答えられなかった。逆に何をするのか聞いてみたら、とりあえず飛ぶらしい(笑) 

もっと意気込んだ目標か何かを立てるのかと思っていたから、拍子抜けして笑ってしまっ

もっとみる

『声』(短編小説)

23時40分。

   僕は、うつろな表情で、車両連結部のドアにもたれかかっていた。こんな時間であっても山手線は混雑している。

   流れていくビジネス街の夜景を眺めていた。車窓ごしに輝いて見える無数の明かり。その内側には働いている人間がいるのだ。そう、ついさきほどまで私もその一人であった。日本人は休むのが世界一下手だと疲れた顔をした学者が言っていたのを思い出した。

「おい、そこのお前」

 

もっとみる