世界は狂ってる

「世界は狂ってる」

この作品製作時、
居た堪れない出来事が沢山あって
「正義」て何んなの?
「悪」て何なの?て。

何気ない言葉や行為が
いつしか自分が悪になっていたり
良かれと思ったことが
相手を気付けたり、
分からないことのなすり付け合いが
しんどく感じました。

歴史上の人物ですら、
凄い悪人がピックアップされ
カッコいいと捉えたり

見た目だけで判断して
それってほんまは

もっとみる

K-169 老人の像(詩人ベニビエーニ)

石膏像サイズ: H.49×W.23×D.27cm(原作サイズ)
制作年代  : 1860年
収蔵美術館 : ルーブル美術館
作者    : ジョバンニ・バスティアニーニ(Giovanni Bastianini 1830~1868)

この彫像の作者は、19世紀半ばに活躍したジョバンニ・バスティニアーニ(Giovanni Bastianini 1830-1868)という彫刻家です。そしてモデルとなっ

もっとみる
読んでくれてありがとう!シェアよろしくお願いします。
3

【コラム】おパリ回顧録:ルーブルかオルセーか、それが問題だ

こんにちわんこそば🐶

みんな、突然だけど「芸術」ってすき?
わたしは大学であーとてきな勉強をいっぱいしましたが、そこまで好きじゃありません。

京都の龍安寺の石庭観に行ったときにおもったんですが、あれ、絶対石の配置テキトーに行ったと思うんスよ。なのに後世の人が勝手に「あれには意味がある」とかなんとかチネチネやってるのがね、ほんと

どーでもいいよ!!

ってなる。

と前置き長くなったけど、ど

もっとみる

名前とニックネーム in 海外

友人が「海外留学していた時のニックネームは〇〇でした」という話を聞くと、本名とあまりにも違っていたこともあり、いつも「なぜそんなことをするんだ?」と疑問に思っていた。

しかし、今日パリの中心街で立ち寄ったStarbucks coffeeでその疑問が解決した。

Starbucks coffeeは人が混んでいると(?)誰が注文したものかを判別するためにカップに名前を書いてくれる。

ルーブル美術館

もっとみる

『言バトン No.728 理屈じゃないけど』

理屈じゃ説明できないけれど、

何故か引き寄せられる場所や物がある。

それはたまたま人から聞いたり、TVのCMでながれていたり、時間を潰すためにふと立ち寄った場所で、思いもかけず出会う。

さほど期待していないからか、それを見つけた時の印象は強くて、ここに来るべきしてきたのだと思う程に頭から離れない。

まさに理屈じゃなくて、第六感、身体が引き寄せられてたのだと感じる。

私が引き寄せら

もっとみる

M-414 ダイアナ半面

石膏像サイズ: H.39×W.22×D.14cm(原作サイズ)
制作年代  : 1790年
収蔵美術館 : ルーブル美術館
作者    : ジャン・アントワーヌ・ウードン(Jean-Antoine Houdon 1741-1828)

ローマ神話に於ける月の女神ダイアナの彫像です(古代ギリシャ神話のアルテミス、ヘカテ―、セレネー、ルナなどと同一視される)。作者は、18世紀末~19世紀初頭のフ

もっとみる
よろしければシェアをお願いします。ありがとうございます。
3

N-039 アレグラン作 水浴

石膏像サイズ: H.67×W.21×D.28cm(縮小サイズ)
制作年代  : 1767年制作
収蔵美術館 : パリ・ルーブル美術館
作者    : アレグラン作(Christophe-Gabriel Allegrain 1710-1795)

18世紀フランス宮廷で活躍した彫刻家アレグラン作の「水浴(Baigneuse)」です。世界中でたくさんの複製品が作られ、親しまれている有名な作品です。パリ

もっとみる
ありがとうございます。シェアしていただけたら嬉しいです!
2

N-031 ファルコネ作 ヴィーナス立像

石膏像サイズ: H.85×W.26×D.32cm(原作サイズ)
制作年代  : 1757年
収蔵美術館 : パリ・ルーブル美術館
作者    : エティエンヌ・モーリス・ファルコネ(Étienne Maurice Falconet 1716-1791)

18世紀フランス宮廷で活躍した彫刻家ファルコネの代表作です。ルイ15世の公妾であったポンパドール夫人からの依頼によって制作されました。

夫人は

もっとみる

N-030 ファルコネ作 プシュケ座像

石膏像サイズ: H.60×W.24×D.31cm(原作サイズ)
制作年代  : 1761年頃
収蔵美術館 : セーブル窯製陶所他
作者    : エティエンヌ・モーリス・ファルコネ(Étienne Maurice Falconet 1716-1791)

フランス・ロココ時代に宮廷で活躍した彫刻家ファルコネの作品です。1761年のサロンに石膏製のものが出品された記録が残っています。

ファルコネは

もっとみる