ワークアズライフ

生きるように働く

高校時代の友達から「転職しよかな」と連絡が来た。連結6万人の企業から、8人のベンチャーに行くかも、と。

「良いやん!」

私の第一声は、応援したい、の一心。
しかし、彼は言った。

「転職するかも、って言ったら、その人の仕事の価値観がすごくわかる。案外背中押してくれるというか、応援してくれる人っておらんもんやな〜」。

もちろん、怪しげな会社に転職するなら、全力で止めるけど、転職すること自体はな

もっとみる

ワークアズライフ

最近、仕事に対する考え方をいろいろと聞きます。

今日は、『ワークアズライフ』というスタイルを将来的に目指したい、というお話です。

仕事のバランスという面で『ワークライフバランス』というものはよく聞いたことがあると思いますが、最近は『ワークアズライフ』という考え方を推す声が多くなっています。

今まではプライベートの充実のために仕事を早く終わらそうとか、趣味を見つけてそのために仕事を頑張ろう、と

もっとみる

しばらく休みを入れる生活をしてみる

今までは、仕事以外のことは全て捨てて、仕事ファーストの生活をしていました。

極力友達と遊ぶのを控え、毎日朝から晩まで仕事のを考える、ワークアズライフのような生活です。

そのような生活スタイルのおかげで、今は店を開けるところまでいけました。

まだまだお客さんを呼んで活気のある場所にする課題はありますが、今まで仕事中心の生活にどこか限界というか行き詰まりみたいのを感じます。

なので、今までは定

もっとみる

介護を”誰でも出来る”仕事にできたら

なんか言葉を間違ってしまうと、大きく誤解を招きそうなのですが。
まあ、昨今の”芸能関連ニュース”とかを読みながら、ふと考えてみたので書いて行きます。

”特別な聖人ができる仕事”という搾取

「この仕事は誰にでもは出来ないよね」
「ほんと、この仕事をする人はすごいと思うわ」

他業界や担当させて頂いている研修、施設の見学対応などで、そんな言葉をよく耳にします。実際に言われたことも何度もあります。

もっとみる

ワークライフバランスと能力マッチング

及川さんの「ワークライフバランスなんか考えると日本の産業は更に弱体化する」という言葉を見て、見た瞬間に思った事。

「IT業界の前提で考えてるよね?」

息を吸って吐くように仕事する人たち

ワークライフバランスという概念の前提には「無限に働き続けて居られる人は存在しない」というある種当たり前すぎるぐらい当たり前の話がある。

が実はこの前提は部分的には間違っていて、一部の業界には無限に働き続けて

もっとみる

街の自転車屋さんが提供する”巨大な価値”

皆さんは自転車に乗りますか?
どこで買いますか?

まだまだ多くの人は販売店で買っているのではないでしょうか?
重要な交通インフラだったり、大切な趣味だったり、大切な人へのプレゼントだったり。

先日僕の友達が中国に行ってきた話をしてくれたのですが、彼に言わせると「今や中国よりも日本の郊外の方が自転車多いぞ!w」だそうです。

多分、人口動態なんかをみてもそんなことはないと思うのですが、彼の話を紐

もっとみる

仕事とプライベートと睡眠と

「一日中眠っていた」というよりむしろ「起きていなかった」という1日を過ごしておりました。ずっと眠っていられそうです。

「しばらく東京に行くか」と思い立ってチケットを取っていたのですが、もう明日出発だということに焦りと時間が経つスピードの速さを感じております。フワッと生きているとあっという間に命が燃え尽きてしまいそうです。

体に鞭を打って色々頑張ってはいるものの、結局何もしない日を作って一日中寝

もっとみる

コミュニティの閉鎖性

「閉鎖」という文字ヅラにパワーがあるので、誤解せず読み進めてもらいたいんですが、ポジティブに捉えています。
その理由と実態について書いていきます。

”コミュニティ”という言葉のパワー

皆さんは「コミュニティ」と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。

・繋がっている感じ
・仲良い感じ
・ハートフルな感じ
・”愛”な感じ

「オンラインサロン」や「シェアエコ(シェアリングエコノミー)」の登場によ

もっとみる

#42 ”唯一の村”へキャンプに行こう!【思いつき編】:フラット型組織になれるか!?〜デイサービスの挑戦〜

チームに大きな変化があった時、あるいはこれから起こる時。
どうやってみんなの心を一つにするか、理解し合うか、どのチームでも頭を悩ませていることだと思います。
”全員でミーティングしようか、一人一人と面談しようか、飲み会をしようか”
どれも「間違いではない」と思います。
しかし、目を向けなくてはいけないのは、「リソース」と「感情・理性」です。

全員でミーティングするにしても、なかなか時間が合わない

もっとみる

働き方改革の本質

「働き方改革」

ここ最近の超話題単語ですよね。

・年に5回は有休をとらなければいけない。
・ワークライフバランスを重視する
・長時間労働をさける

等々たくさんの働き方改革の項目が
年々追加されていっています。

その中で落合氏はワークアズライフと
いう逆転の思想を持つ方もいらっしゃいます。

私が思う本当の働き方改革とは

『普段の働く時間を超ハッピーに仕事をする』

これだと思います。

もっとみる