ヴィジョン

ヴィジョンが浮かぶ

民泊すさのわを始めるにあたって、確実なのはワクワクするようなヴィジョンが浮かんだということ!
今現状の建物、人の流れ、雰囲気とは違う新しい世界が待っているような気がしたこと!

不思議な感覚だ。想像の中では既に出来上がっている。
何だろうこのヴィジョンって?

人間の脳内の伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」の働きなどよく話題になる。セロトニンは幸せを感じる、ドーパミンは快を感じることと繋がって

もっとみる

ヴィジョンに漕ぎ出そう

一番最初に描くのはあなた

一番最初にヴィジョンを描くのも

それを誰かに伝えるのも

表現するのも

夢を描き

誰かと一緒に

情熱を感じるなにかのために

叶えたいという愛しい想い

あなたらしい  あなただけの設計図が  誰にも胸の内にある

そこに向かう

向かい始めた船出の姿は何より輝いて美しい

………………………………………

おはようございます✨

今日も笑顔穏やかに嬉しい一日を

もっとみる

幸福感について考えを巡らせる

こんにちは、松澤直輝です

ちょっと久しぶりの更新です
仕事が楽しくなるとアウトプットが少なくなるので気をつけたい

さて、今日は
幸福感について
一緒に考えたいなと思います

先週も今週も(そしてたぶん来週も)仕事をしているのは
幸せになるためであるかあらして
この原点となる幸福に考えを巡らせておくことは悪くないはず

不変の方針があれば
より迷いを減らして行動ができて楽です

衣食住で幸福度を

もっとみる

「自信」を手に入れる方法を考察してみた

こんにちは、松澤直輝です

今日も質問をいただいたので
「自信」
について話してみたいなと思います

あなたには自信はありますか?
自信ってなんでしょうか?
どうやったら身につくと思いますか?

例えばあなたの子どもに聞かれたらどうやって答えますか?

今回の記事を読んでいただければ
あなたの日常をアップデートするヒント
があるかもしれません

どうぞ本日もよろしくお願いします^_^

自信ってな

もっとみる

服の断捨離がスムーズにいく4つのポイントとは?

こんにちは、松澤直輝です

質問を受けて
断捨離についてをまとめていきます

ちなみに、断捨離とは
断行・捨行・離行
の3つのことを指します

昨今では
捨てることによってクローゼットの中身を減らすこと
の意味が強まっていますね

今回の記事では便宜上
「断捨離=捨てる」の意味で書いていきます

最初に結論を申し上げると
ポイントは以下の4つです

①基準を決めよう
②捨てる=痛みと理解しよう

もっとみる

『手紙〜拝啓 十八の君へ〜』 副題:大学を4年目に退学した6つの理由とは?

こんちには、松澤直輝です。

私は大学を4年目に辞めています。

「なんであと1年通わないの?」と
自己紹介するたびに聞かれますし
辞めるときはもっと聞かれました笑。

今回は

辞めた理由と続けなかった理由

2つの視点から退学の経緯をお話しします。

過去の自分が読んだら参考になって喜んでもらえる内容を目指しています。
大学を辞めようか悩んでいる人のヒントになればいいな。

就活をきっかけに未

もっとみる

「商い」の語源になった季節は〇〇である

こんにちは、松澤直輝です。

仕事をしている中で

言葉っておもしろい

って思うことが頻繁にあります。
例えば

「商いの語源」って知ってますか?

それは

「秋なふ」が転じたものだと言われています。

秋の実りを収穫し織物と交換する商習慣
が商いに変わり
いまのような多様なビジネスになったのですね。

めっちゃ面白くないですか?
わたしはこういうの見つけると

みんなが見落としていた宝箱

もっとみる

WAQWAQのブランドステートメント

ヒトは生まれ、死んでいく−−−−−−。
この当たり前の事実に向き合えているだろうか?

終わりを意識したとき
初めてヒトは
より素直になり、全力を出せる。

全力でやるから
成否いずれも納得し
未来を意識する。

一連の所作には魂が宿り
周囲の人々は
ロジックを超えて巻き込まれていく。

「やりたい」を中心に
人々が集まり熱狂している様は
盆踊りをする祭りのようだ。

わたしはカルチャーインキュベ

もっとみる

発表。屋号「WAQWAQ」にし、想いに共感してくれる人と仕事します。

こんにちは、松澤直輝です
この度屋号を「WAQWAQ」にしました
背景にある想いを書きます

〜Statement〜

未来の子どもが「早く産まれたい!」と思える社会
の実現にコミットするよ

義務教育を終える年頃から、人々は「大人」になっていく
将来のことを考え、具体的な収入のツテを考え始める
そのためには就職しないといけないし、いい大学でいい成績を取らないといけない

・・と平成では考えられて

もっとみる

月30冊読むわたしのルール

こんにちは、松澤直輝です。

みなさんは読書をしますか?
読書をおすすめしたいですが、読まない人は何言っても読みませんからね。
「読むよ!」と答えた方だけ読み進めてもらえれば幸いです。

さて、読書とはあなたの血となり肉となり
これからの人生をいかようにでも変えてくれるスーパーアイテムです。

しかしながら、
端から適当に読めばよいというものでもないのも事実。

なにか掴み取ろうと思って読書をする

もっとみる