中之条

「縄文から平成の人々の営みの時間を写す」カメラを使わない写真フォトグラムで表現

私はものを直接、感光面に置き一定の太陽光を当てることで写真を制作している。私にとって写真は日焼けである。感光面に当たる光とものがつくる影の差で像を得る。海水浴に出かけた時に海水パンツの跡が身体に写るそれは、私にとって最も身体性を感じる写真の一つである。カメラを用いず写真を制作する方法をフォトグラムという。

 作品画像は、中之条ビエンナーレ2017で発表した作品

『現在の青図 -2017』
Bl

もっとみる

中之条ビエンナーレ2017

飴でできた仏像はきらきらしてきれいだった。ゆっくり時間をかけて溶けて行く様もアートで面白い。 

古い民家の壁という壁全てにイラストに、廃墟同然のバーだった壁と絵。どちらも背景とマッチしてる。飾る場所も含めてアート。

写真撮らなかったけど、女性二人が身一つで中之条に来て、住民の方に生活に必要なものを譲ってもらいながら生活をしていたという、実際に暮らしてた場所で、譲ってもらったものの展示。ガス

もっとみる

中之条ビエンナーレ 2013

今回で4回目の中之条ビエンナーレ。最近あちこちで開催されて、地方に行く良いきっかけになる。

中之条駅付近の「旧廣盛酒造」での展示。願い事書いてきましたよ。

お昼は「道の駅霊山たけやま」というところのおそば屋さん。藁葺き屋根の古民家が良い雰囲気でした。おそばの後にはたけやま館というお土産屋さんにあったソフトクリームサンドも。コッペパンを焼いて中に冷たいアイス!ちょっと美味しい。

伊参スタジオへ

もっとみる

お肉がおいしい群馬

何回かの出張を経て、群馬はお肉がおいしいことに気付きました。ある日のランチは「とんかつ梅乃家 」。とんかつはいつもヒレです。さっぱりして美味しいお肉でした。腹持ちいいし。

その日はまさかの夜もお肉。それでも全然OKでした。きっとお肉が新鮮で美味しいからと勝手に思います。「焼き肉レストランあおぞら」は、地元に愛されて40年!だそうです。安さ美味しさともに納得でした。中之条あたりを走ってるとあちこち

もっとみる