学校に行かせることと行かせないこと、どちらが無責任だろうか

学校に行く意味について考える。

学校に行くことの何が大切だろう?学校でしか学べないこと、体験できないことはなんだろう?

おそらくそんなものはないのだけれど、学校に通う方が楽だから学校に行くことを誰もが選択する。就職と同じだ。

学校に通うという行為はある意味ですごく楽だ。人に言われたことだけを周りと同じようにやればいいだけで大きく脱線する危険性はない。アメリカだとドラッグとかやったりするけれど

もっとみる
どーせそうやって他の人にも好きって言ってるんでしょ!知ってるんだから!
9

お誕生日おめでとう❤︎

日曜日はお友達のしほちゃんの家に
じゅりと2人で行ってきたの☺️💓

夜はお洒落なお店で
ディナーしました❤︎

今回のメインは
じゅりのお誕生日をお祝いすることだったので
じゅりにサプライズできてよかったです❤︎

じゅりは本当に優しくて考え方が大人で
とても落ち着いている人。

私にないもの沢山持ってるから
たまにそれが羨ましくもなります。

でも羨ましいって気持ちよりも
一緒にいてくれてあ

もっとみる

熱中のパワーは、「やりたくないこと」に転用できるのか?中高生と話し合った。

福岡県みやこ町で行われている「三四郎の学校」。「三四郎の学校」は、中学生・高校生が教科書も先生もなく、対話をもとに未来を考えるワークショップです。7月15日に開催された第24回のテーマは、「『対話』を楽しむ! 『対話』で学ぶ!」。ワークショップの様子を”佐藤の視点”でお届けします。

■「なぜ趣味には熱中できるのか?」

最初のお題は、「なぜ趣味(ゲームやマンガ)には熱中できるのか?」だ。熱中する

もっとみる

【「読書」の本当の価値を知った、大学生活6年間。】

図書だよりの寄稿をお願いされたので、書いてみました。

未熟な文章だとは思いますが、こういう寄稿も教師の考えを伝える大切な場かなと思うので、積極的に頑張って書きたいなと思います。

---------------------

「大学」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?サークル、アルバイト、長い夏休み、旅行、楽しいことがたくさんある場所、人生の夏休み!(笑)、、。

こんなイメージが漠然と皆さ

もっとみる

ブロークンウィンドウ理論と学級経営

ブロークンウィンドウ理論とは,「小さな不正を徹底的に正すことで、大きな不正を防ぐことができるという環境犯罪学の理論」のことで,割れ窓理論と言う。

ブロークンウィンドウ理論の具体例

1980年代のニューヨークの街。犯罪が多発していたけれど,この理論に基づき小さな犯罪(落書きや万引きなど)を徹底的に取り締まった結果,犯罪件数を減らすことに繋がった。

この理論に基づくと,学級経営においても同じこと

もっとみる

不登校は解決できない② シリーズ不登校

不登校について
その考えを伝えますが
直接的に役立つ
アドバイスでありません。

当事者・不登校の親御さん・教師の方など
具体的な対応に関し
ヒントが欲しい様でしたら
電話か直接にお越し頂き
ご相談下さい。

● いつまでが子供か?

生命体はそれぞれの種で
成体・一人前の時期が違います。
つまり親離れし
独りで旅経つ時期があります。

時には嫌がる子供を
無理矢理に引き離し
追い出す動物の姿をテ

もっとみる
ありがと~!トイレに座って前に鏡はありますか?('ェ')フム
11

ゆっくりのんびりほんわかモード

なんで義務教育って9年しかないんだろう,って最近よく思う。

 いやもちろん9年でちょうどいい子どもたちが大半だからこその制度設計なんだろうけれども,その枠からはみ出す子どもたちだっているわけで。その事実は従来「能力差」として捉えられてきているように思うけれども,「学ぶ(成長・発達する)スピードの差」という観点がごっそり抜け落ちているような気がしてならない。同じ年齢の子どもたちを集めて同じペースで

もっとみる

人間関係力を知ってる?

本当は早くからわかっていたらすごーく助かるのにね。

 今日は高校生に授業をしてきました。コミュニケーションのエクササイズです。最初にノリノリに乗せるのが私流。「ずっと座って聞いてるだけの授業ほどつまらないものはない」と思っているので、一緒に楽しく学びたいというのがスタンツです。

 そういえば、担任をしていた時の私のモットーというか使命感は  、TVが当たり前の時代の子どもたち。つまらない先生主

もっとみる

LINEバックナンバー(2019年6月配信)

【6月1日】

おはようございます。
今日は「これから必要になるのはにゅるっとした教育サービス」について。
NHK的なにゅるっと教えていく教育サービスだと考えています。
オンライン教育のマーケットは3000億円と言われています。今教育業界はスタディサプリといった動画による反転学習や、オンラインで授業を受ける、AIの活用で効率的(だと信じられている)が人気です。
教育サービスの合理化を進めています。

もっとみる

中学校から不登校になった少年の物語パート1

簡単な自己紹介

現在19歳で浪人生活をしている者です。

僕は小学6年生の頃にいじめにあい中学校に不登校になりました。

そこから壮絶な物語を少しでも多い方に見てもらい何かを感じてもらいたいと思い初めてこういう文を書きました。

物語を二つに分けて投稿しますので宜しくお願いします。

途中まででもいいので読んでください。

ではどうぞ。

「死にたい」

僕は今まで19年間生きてきてそう思ったこ

もっとみる