人の話を聞くこと

ただ信じることがそんなにも大切で

人が落ち込んだり悩んだりしている時に、他人ができることは実際そんなにないのだと思う。結局は、本人がそこから立ち直り自分の足で立てると信じて待つ以外にないんじゃないか。そんな風に思う。

気落ちしたり悩んだりしている人に対し「励ます」という選択肢もあるが、これはすごく慎重になる必要がある。落ち込んでいる人に対して励ましの言葉をかけることは簡単だけれど、それは時として「あなたが気落ちしていると私も悲し

もっとみる

聞かれないということ。

なぜなら、聞かれないということは、単に自分の話を聞かれていないだけでなく、話している自分の存在そのものを否定されたこととして認識されるからです。

昨日、タイムラインに流れてきたこの記事の中の一文。

全くそうだ、と思った。

そして、人間関係のトラブルは、

「聞いてもらえない」
「こっちこそ聞いてもらえない」
「聞けよ!」
「そっちこそ聞けよ!」

の応酬でできているのだな、と思った。

だれ

もっとみる

話を聞くこと。

自分は話を聞くのも喋るのも大好きですっ!

特に話を聞くのが大好きですっ!

自分は、一応ピアヘルパーの資格を持っています。(日常のカウンセラーみたいなものです。)

その時人の話を聞く大変さを学びました。

人の話は、人の話を聞く事はなかなか出来ないものだと思います。

人の話を繰り返す。人の話をしっかり聞く姿勢などをちゃんと無いと話聞いてもらったって達成感がないと話聞いて貰ったってなれると思い

もっとみる

心に染みる‥聞き上手のママ友。

近くの大地主のお嫁さんやってるママ友S。

内心どう思っているかは分からないけれど‥

とにかく、人の話を丁寧に聞いてくれる!

相づちは「うん、うん」とか普通だし、

気の利いたコメントもないんだけど。

しっかり目を見て「うん、うん」と小さく頷きながら聞いてくれるんだ‥。

これって、すっごい嬉しいんだよね〜〜〜!!!!(心に染みる)

旦那も、子どもも、お客さんも、近所の人も‥意外と聞いてく

もっとみる

◆ただその場を楽しむ◆

こんにちは、canaです!

みなさん突然ですが
今、お仕事楽しめてますか??

これは私が店長の時、他のスタッフに
よく投げかけていた言葉です。

アパレルの販売って「楽しい」とか
そういう感情が必要な仕事だと思っています。

なぜなら「人の心を動かす仕事」だから。

人の心を動かした例えを1つ。

この2日、更新できなかったんですが
大好きな夏フェスに行っていました!
もうフェス歴10年目って

もっとみる

自分ができることについて考えてみた

今、とてつもなく胸がざわざわしている。
それは、去年の今頃を思い出していたからだ。

自分は都市計画のゼミに所属している。例年3回生の今頃は、他大学の建築の学生が参加し、4月から7月までの4ヶ月間行われる大会の最終発表の直前ということもあり、余裕のない日々を送る。最終発表に必要なのが「模型」と議論の内容をわかりやすく伝える「パネル」だ。

「模型」と「パネル」は作るのにスキルが必要だ。建築の学部で

もっとみる

聞いて。

聞きながら
心の奥の壁で止めて
少しずつ噛み砕いて
そこに沈めて

聴きながら
壁の向こうから手を出して
少しずつ手繰り寄せて
そっと掬って

私は、ある意味流されやすくて、感情で判断しがちって
そんな時代があった。

それはもしかしたら、確固たる意志が無くて、
聞いて肯定することは、実は優しさをはきちがえて損をしているとかそういうことかもしれないと、

でも人との関わりってそうじゃないの

もっとみる

ドラゴンヘッド双子座とアドバイス

【参考】
・ドラゴンヘッド星座の調べ方
・ドラゴンヘッド星座を調べるのが難しい方は、こちらで調べるのでご連絡ください(無料)

さてさて。今回はドラゴンヘッド双子座について書いてみたいと思います。「射手座っぽい自分→射手座+双子座っぽい自分」に変わっていくイメージです。
「無理だと思っていたけど双子座っぽい自分もいいな」「そんなことやらねぇよ!と思ってたけど、やってみたら案外楽しい」みたいな感じ。

もっとみる

「聞く」も練習。

「二十八歳、独身、女性、黒いワンピースに黄色のパンプスをはいています。胸に、バラのコサージュをつけています」。

あなたは、この女性をどのようにイメージしましたか?

プロカウンセラーの聞く技術 
東山 紘久

この質問を100名以上の成人男女にした結果、7割の男性が女性の髪は長いと感じ、8割の女性は、この人と友達にはなりたくないと答えたそうです。

ですが、この問いには正解はありません。あえて

もっとみる

学力を伸ばす、たった1つの親の習慣!

信じるか、信じないかは自由だけど、私は本当に「勉強しなさい」って言ったことがないのです。そして多くの東大生の親にインタビューした記事を読むと、この話は必ずでてきます。

事実、開成高校に入学して友達になったママ友も「勉強しなさい」とは言ったことはないと言う人が多かったですね。

ここで「学力の高い子を育てる秘密」を探ろうとして、東北大学の川島隆太教授を訪ねた、プレジデント社のインタビュー記事に基づ

もっとみる