兆し

兆の戦い

急に冷えた一昨日
職場に着ていく服を間違えたせいで
一日中寒くてたまらなかった。

家に帰るバスの中で
全身がザワザワと
痛みになる一歩手前
熱が出る兆しを感じた。

熱を出してやっつければ
一晩で治る風邪。
普段なら温かい日本酒飲んで
パジャマの上から
たくさん着込んで
布団もたくさんかけて
わざと熱出して追っ払うんだけど
それができなかった。

苦肉の策…帰宅後すぐに
温かいお湯を飲んだ。

もっとみる
スキ❤️ありがとうございます!嬉しいです😊
11

今日が過ぎていく

朝は白川郷にて目覚めたあと、7時のバスに乗って新高岡駅から新幹線はくたかに乗車して一路東京へ向かった。

合計5時間以上をかけて東京にきて、霞が関や八重洲あたりでいろいろと仕事をする暮らしを豊かというべきか、または慌ただしいというべきか。

しかも一昨日は丹波から新大阪まで2時間かけて移動してて、昨日は新大阪から4時間以上かけて名古屋経由で白川郷へきてたわけで。これはもはや、慌ただしいという言葉で

もっとみる
あえて言おう。ぼくもスキ。
10
命がつなげます、ありがとうございます!
11

いつかのその時を信じられるか

「いつかやろうは馬鹿やろう」なんて言葉もあり、いつかという期限を決めることがないスケジュール感覚のなさは、実現をする気持ちがないのと同じという考え方はひとつ僕の中にも十分に備わっているものである、が。

「今じゃないが、必ずいつか実現させる」

という、今やらない言い訳にも感じさせるような、そんなことが実際に起こることもまたけっこうあるものだと思う。それは今を諦めているわけではなく、実現をさせる覚

もっとみる
ボタン押してもらえてるおかげで毎日書けてます。
16

先取りした季節感には過去の季節が混ざっている

今日の帰り、地下鉄の出口から地上に出た瞬間、
「あ、秋だ」
と感じた。

うまくは言えないのだけれど、「秋の空気」だった。

        ◇

ふとした瞬間に、次の季節の兆しを感じることがある。
それは風だったり、空の色だったり、花だったり。

私の好きなシンガーソングライター・篠原美也子さんの、『サクラサク』という歌に、こんな歌詞がある。

季節は風よりも光を先に変えて行く
つめたい頬に落ち

もっとみる
ありがとうございます!あなたいい人ね!
8

【令和・ズ・コナン・ズ・キーワード・ヒント!!~流行の兆し~】

(1)

『相談』

(コメント)ラジオ『ジェーン・スー 相談は踊る』から脈々と繋がって、現在の〝「相談」ブーム〟に結実しつつある。実は古典的なキーワードでもある(ラジオの世界で!)。今後に期待!!(現在も期待!)

「ジャナギャガ」の方も、よろしくお願いいたします!☆彡
4