出羽三山

神様は、分かりやすく現象を起こしてる

こんにちは、ヒプノセラピストMahoです。
本心に従って生きる をテーマに
日々自分の心と向き合っています。
ヒプノセラピーと出会って、心が楽になる生き方を見つけました。
見える世界が、がらっと変わりました。
この生き方を広めたい。
小学校教師、ハンドメイド作家を経て、ヒプノセラピストという道を見つけました。

「神様は、分かりやすく現象を起こしてる」

という言葉。
今朝耳にしたとき、あっ!と思

もっとみる

私が わたしに 還る旅 ~羽黒山1

8月の最後、遅めの夏休みの旅先に選んだのは
祖父の故郷・山形。
結婚前の家族旅行から2年ぶり。
今回は主人と二人旅。
主人は初めての山形。
旅の目的は、出羽三山参り。
感じることの多い、不思議な旅でした。

西の伊勢参り 東の出羽三山参り

わたしの住む愛知県では、伊勢神宮への伊勢参りが有名ですが
出羽三山参りは、あまり知られていないように思います。

ですが、古くは
西の伊勢参り 東の出羽三山参

もっとみる

搾取と依存

ここのところ、管理職をしている友人や、同業の友人と話をしていて、

ハタ。

と気づいたことがありまして。それが、

「無自覚な搾取と依存」

です。

無自覚に奪っている人がいて、
無自覚に捧げている人がいる

それは「無自覚」なので、当事者は気づいていません。
最初は、「良かれと思って」とか「好きでやっている」がスタートかもしれません。
ですがそのうち、相手を利用し始めるのです。

この境目は

もっとみる

【冒険】出羽三山②

2013.8.24~25

車で月山8号目に到着。時は朝8時過ぎ。

弥陀ヶ原
曇りというか雨が降りそう。

出羽三山は、崇峻天皇の息子さん、蜂子皇子が開山。それぞれに神様がいてこの月山は、命の再生、甦りを司る月読命(つきよみのみこと)が祭られている。体力、時間がない人は頂上まで行かなくても遥拝所がありますよ~と。

開山したというだけで人智を越えている蜂子皇子だか、自分の父が宮廷内クーデターで命

もっとみる

【冒険】出羽三山①

ただいま絶賛写真整理中なので、ちょっと遡りながら気まぐれに冒険録(備忘録)でもつけてみようかと思ふ。

****************************************

2013.8.23

初めての宿坊に着いた。
今日はここに泊まる。

早速荷物をおき、羽黒山に向かう。

お邪魔します。
ちょっと下って

また登ってゆく。

全部で2446段。
途中の石段には、杯や蓮やひょうた

もっとみる

ユメウツツ(夢現)で人生が倍になる

私はわりと、「夢」が得意です。
(夜みる夢です)

私がみる夢には、大きく分けて3つのタイプがあります。

1)現実の世界と夢の世界が地続きで繋がっているもの
2)答えを見つけたいと思い続けていたものに答えをくれる夢
3)夢の中で何らかのトレーニングを受け、現実世界でスキルがあがるというもの

1)だと、たとえば夢の中で知り合いと話した内容を目覚めた現実世界で本人に確認すると本当の話だった

もっとみる

「見抜ける眼」を磨く

私の名前「眞苑」は「まこと(真実)の庭」という意味合いを持っていて、それは名前をいただいたときからたいそう気に入った理由であるひとつなのですが、昔から「本物」と「ニセモノ」について非常に敏感です。

人やモノ、コミュニティ、学び・・・etc.
あらゆる面において、できれば本物を選びたい。本物とつきあいたい。
と思っております。

無論それは自分自身にも跳ね返ってくるわけで、いかに自分が本物に近づけ

もっとみる

「愛」についてわかったこと。

1月末から2月頭までの約1週間。
リトリート(日常から距離をおいた場所で行うワークショップ)のファシリテーターとして、ハワイ島にいっておりました。

ハワイの聖山・マウナケアを拝み、海で法螺貝を吹き、祝詞をあげさせていただきました。

お食事はすべてヴィーガン。美しく美味しいお料理でした。

ところで、今回はファシリテーターとして参加しましたが、もちろんどんな立場や体験にも学びがあるわけで……

もっとみる

役の行者がぶん投げた……!?

日本には、各地に修験道の行場があります。
正確に言えば、「かつて行場だった」というところは少なくありません。

【豆知識】
修験道は、慶応4年の神仏分離令、明治5年の修験禁止令によって、その活動を封印されました。それだけでなく、信仰の対象となった建物や文化財の破壊も数多くされたと聞きます。表向きには、山伏たちはその頃に姿を消したと言われていますが、峯入り修行の指導者や宿坊は残り、今はその活動をじょ

もっとみる