反レイシズム

アメリカの南部貧困法律センター(SPLC)による日本第一党のデマを全否定するコメント全文掲載―日本第一党の中村かずひろ(相模原市議選公認立候補者)悪質なデマの検証

日本で最も悪質な極右団体の一つである日本第一党のデマについて、アメリカの南部貧困法律センター(SPLC)が全否定するコメントを、私が代表をつとめる反レイシズム情報センター(ARIC)に送ってくれました。許可を得て全文掲載します(末尾)。

■2019年6月17日中村かずひろのデマ

 移民排斥と外国人差別煽動を目的とする人種差別撤廃条約に違反する極右政党・日本第一党の中村かずひろ氏(2019年4月

もっとみる

[ネトウヨ論] 7年以上前に書いた勉強会用のレジュメを晒してみる #5 『確証バイアスの危険』

確証バイアスとは?

今回のテーマは「確証バイアス」である。
このレジュメを書いていた当時は、もう少し流行る単語かと思ったのだが、実際はあまり使われる事なく忘れられる流れにあるように思う。

だが、この「確証バイアス」という考え方は非常に重要で、ネトウヨ問題に限らず、インターネットを使う上での基本中の基本と呼ぶべきものだ。

・確証バイアスの危険
確証バイアスとは、「自分の願望や求める答えを肯定し

もっとみる

[ネトウヨ論] 7年以上前に書いた勉強会用のレジュメを晒してみる #4 『インターネットリテラシー』

嫌われやすい単語 ”ネットリテラシー” の登場

今回取り上げるのは、当時賛否両論だった ”インターネットリテラシー” についてである。
当時はネットリテラシーなんて単語を不用意に使うと、それだけで全否定、なんだったら人格否定までされる風潮があったのだが、私はこれまで一度たりともブレる事なく ”リテラシー能力” の必要性を主張して来た。

というか、その能力がないヤツにインターネットなんか使わせた

もっとみる

[ネトウヨ論] 7年以上前に書いた勉強会用のレジュメを晒してみる #3 『素人参加型運動の陰にプロあり』

前回は年表だけで終わってしまったが、今回はその年表が頭に入ったという前提で、ネットウヨク団体の背景について考察する。

(4)ネットウヨク系団体の正体
・プロと素人
 ネットウヨク問題を考える上で最も注意せねばならないのは、単純に「ネットウヨク」と一括りにするのは危ないという点だ。というのも、先にも述べたが瀬戸・西村・槇といった連中はそもそもが政治活動家(プロ)である。(当選経験こそないものの、瀬

もっとみる

毛玉ドブログ(3)レイシズムの話

先月、
質問箱を設置しまして…
ちょいちょい頂いたもの、あとはPixivでもらったもの
1つずつダラダラ答えていこうかと思いまして…
どうも7月ぼちぼち末のKedamaMiです。

質問箱、第一弾
「レイシズムの話」

なんですかね…
私もうちょいライトな質問くるつもりで
鼻くそほじってたら来る来る、ヘビーめのQ。
あの…私、メンタルくそ豆腐なんで
お手柔らかにお願いします。

※そして例のごとく

もっとみる