私はあなたと話をしたい

アメリカに市民権を持たず(永住権で住んでるっていうことね)住んでいる私はある意味、アメリカ社会を斜に見ているかもしれない。でも生活はしてるわけで、もしかすると「社会学者」とか「○○国の内情に詳しい専門家」より市民レベルで感じたり考えたりすることはあるんですよね。

今の大統領はなにかと世界の話題になることは有名なことだけど、まぁ異色という表現は間違ってはいないでしょう。私は国のトップで世界と渡り合

もっとみる
I proud of you!
2

長谷川正 検証記事 (真日本有志の会 会員編その2)

引き続き、この政治団体「真日本有志の会」のメンバーについて検証を続けます。今日も「うわぁ…」というレベルのひどい発言が出てきますが、ご容赦頂けますようお願い申し上げます。
※元々、このメンバーもネトウヨなので、愛国者スタンスの発言も沢山されてはいます。問題のある個所のピックアップとお考え下さい。

❶卍鬼島津卍 @N6vhRBJlye3yXhp
幹部クラスではないようです。ご本人曰く「ヒラ」だそう

もっとみる

「誰も傷つけないお笑い」なんてないから、ネタの完成度で勝負してくれ

よく、ロバートの秋山竜次 や ずんの飯尾和樹 を見て、「誰も傷つけないお笑いをやっているから好き」と評価する人々がいる。

そういった言葉を聞くたびに、私はなにか違和感のようなものを覚える。

ロバート秋山の「クリエイターズファイル」や、ずん飯尾の「平日の昼間からゴロゴロ~」は「そういう人」が身の回りによくいるということ前提のネタではないか?
そして、それは、「そういう人」の特徴を捉え、敢えて誇張

もっとみる
スキありがとうございます~
8

差別や偏見を超えるのは個々人の意志次第

これは映画「インビクタス/負けざる者たち」のミニ感想文です。映画を観たいけど、何を見たら良いかわからない人向けに、今ラグビーが熱い日本だからこそ、めっちゃお勧めしたい映画です。

「インビクタス/負けざる者たち」の舞台は、反アパルトヘイト30年間も投獄された後、南アフリカ大統領になったネルソン・マンデラ大統領が就任した頃のお話。

当時の南アフリカは情勢が不安定で、特に人種間の差別と偏見は根強いも

もっとみる
めっちゃうれしいです!ありがとうございます!
12

【書評】「スタジアムと社会は地続き」(陣野俊史『サッカーと人種差別』文藝春秋,2014)

はじめに

 ここ最近、スポーツ界の差別が続いて表沙汰になった。一つが鈴木武蔵選手、もう一つが大阪なおみ選手。後者については個人的に応援していたお笑い芸人Aマッソが加害者となった一件であり、かつお笑いと差別という別な問題も孕んでおり、複雑な心境である。
 それは別にして、これらを見てSNSの持つ拡散力は隠された差別にもスポットライトを当てるのだと感じた。そして差別を受けた側が闘うことだけが対抗手段

もっとみる

【ケニアスタディツアー①】

今回はケニアにいってきました。

8月に10日間の滞在。

出国前にどうしても気になったことを、現地のファシリテーターに聞いてみた。

1枚目の写真手前の男性。名前はデイヴォ。26歳。
以下やりとり。

◎私の質問
渡航数日前、旅行会社から「パスポートのコピーをカラーで送ってほしい。VISA手続きをする上で、ケニア側からカラーが必要と言われたから急ぎで。」と言われた。白黒のコピーは提出済みだったの

もっとみる

驚愕! ユニバーサルスタジオで怪盗グルーが人種差別行為!

人種差別事件が後を絶ちませんー

フロリダ州のユニバーサルスタジオで黒人の家族がキャラクターと記念撮影の写真を撮って楽しい時間を過ごしましたが、帰宅して写真を見てみて驚愕しましたー

何と怪盗グルーが幼児の肩に手をかけて指でOKサインをしているではありませんかー

OKサインは近年白人至上主義者の間で流行していて、有色人種の前で提示して白人最高という意味を持つそうですー

ユニバーサルスタジオは直

もっとみる

ホワイトイエローブラック

バンクーバーに住んで約1年半になる。最近個人的に気になっているのが ”White Privilege” について。日本ではあまりなじみのない言葉だが、要するに”白人の特権”である。有色人種(黒人、ヒスパニック系)に比べ、高い賃金が払われたり、就活が上手くいったり、白人であるだけでその恩恵を受けているということだ。特に米国では黒人を撃った白人警察官が罪に問われないケースが多い。その黒人には何の罪もな

もっとみる
最後まで読んでいただいてありがとうございます!
6

Google、黒人ホームレスのデータを密かに収集し顔認証精度を向上しようとしてたことが判明

GoogleはRandstadという名前の人材派遣会社から請負業者を雇い、5ドルのギフトカードをインセンティブとして路上でさまざまな人から密かに顔の情報をスキャンしていたことがわかった。特にGoogleがターゲットにしたのはアトランタにいるホームレスで、黒人/有色人種だったという。調査に協力した人は「ゲーム」を遊ぶように説明されたが、しかし実は裏でプレイヤーの顔を3Dスキャンしているというものだっ

もっとみる