反論

反逆の兆し?変態の兆し?それとも、自己の喪失?

こんばんは、万年文化部だったけど17㎞走れるようになったライアンです 笑

先日父と対話したこと、17㎞走れたことなど自分の限界を超えた経験を記事にしてきました。

なんというか、自分がメンタル・フィジカル共に強くなったことを感じています。

ただ、自分が今までの自分でなくなりつつあるのではないかという若干の恐怖も感じています。

今までの僕といえば、人と争うことを避けて、言いたいことがあっても飲

もっとみる
最の高です

ネット議論基礎:生産的な議論と不毛なネットバトル

とりわけ140字の制限があるTwitterで議論などをすると、お互いにメダパニにかかることがしばしばある。そういう議論をTogetterとかでもよく見かけることだろう。3人以上だともっと酷い。とにかくみんな混乱していることだけは分かるが、誰もいま一体何が起きているのか分からないのだ。

 そうした混乱が起きる原因は大きく分けて3つある。すべての不明瞭なTwitter議論は、以下のような不明瞭さを持

もっとみる

ネット議論基礎:主張型反論と論証型反論

「主張型反論と論証型反論とは一体?」とTwitterでご質問を受けたので、リプライでかちゃかちゃと説明を入力していたのだが、140字に収めることに失敗。せめて1400字くらいは欲しいとなり、そうだnote書こうとなりました。

 ただ、1時間後くらいに筋トレを始めたいという個人的事情がある。よってさくさく書くので、ディティールの甘さは許して下さいね!

主張型反論

 たとえば「タバコは禁止するべ

もっとみる

他人のつぶやきに勝手に反論するよ!

今朝、通勤途中に山口周氏のtwitterが目に留まりました。
日本の経営陣をやんわりと(いや直球か)批判する内容です。
そのつぶやきがこれ。

返信されている方もみな山口氏に同意しています。
でも私はアレ?と思ったんです。
私や山口氏のようなおっさんは、彼が指摘するような横ばい経営陣以下なんじゃないかと。
私たちは若い頃GoogleやAmazon、Facebook、Appleのような会社を作ること

もっとみる
Grazie
1

『最近のなろう系異世界転生はひどい』という風潮に対する反論

たまたまYouTube見てて、なろう系小説に対して配信者が「クソだ」とか「劣化コピー」とか言ってたのを見ていろいろ思うことがあったので。
僕はあまり筋立ててものを言うのが得意ではないので、よくわからんかったらすまん。

最近のなろう系異世界転生系小説は質がひどい、とのこと
………
……


は?当たり前だろ? 今さら何を言っているのかと言いたい。

なろう系ってことはweb小説だ。つまり無料だ。

もっとみる
ありがとう!今日は水泳にいきます。

とにかく熱かった。

今日は、元々予定していた飲み会。
3日連続で外食という優雅な生活です。笑

今回は2次会がとにかく熱かった。私の考えをわかってくれて、私も彼らの考えも理解できる、信頼できる仲間たち。日頃なかなかゆっくり話せないことをとことん話して、たくさん笑って、いい時間だった。

普段、一人の人間が感じていることや考えていることは本当にたくさんある。それを言葉として発することで、それを誰かに受け止めてもらったり

もっとみる
ありがとうございます♡
2

【アニメ『けものフレンズ2』に関する諸言説に対するFAQ】に対する赤ペン

なんか間違った回答が列挙されているから赤ペン入れるわ
長文メンドクサイと思う方は以下の記事に今までの経緯をまとめているのでそちらを見てね

KFPはヤオヨロズ社の続投を見込んでいたが、それに対しヤオヨロズ社が自己の意思で固辞して『けものフレンズ』制作の場から撤退した

双方の主張に食い違いがあるわけですが結論から言えばKFP側が虚偽の報告をしております。

この動画の説明欄にソース元も提示してあり

もっとみる

【いわゆる「たつき信者」についての所感】についての反論

なんかnoteでたつき監督のファンに対するヘイトスピーチを綴った記事を見かけたんで徹底的に反論するわ

1、詭弁・妄想・不誠実な言動を繰り返すのは真フレ側

これだけ根拠を提示すれば十分でしょう

2、真フレ側が被害者意識が激しく、ヤオヨロズ関係に対する正当な理由のない他罰性が非常に強い

1、で提示した根拠で証明済みですね

3、けものフレンズ2がニコニコ動画の最低記録を樹立したのは民意によるも

もっとみる
56

反論に対応する6つの方法

FROM 安永周平

既にあなたもご存知のように、人は間違いを指摘されるのが好きではありません。ですから、商談中にお客様から反論されるのが好きな人もあまりいないでしょう。お客様がみんなニコニコ微笑んでいるいい人たちだったらいいんですが、現実はそうもいかないところがあります。どんな営業にも反論は付きものですから、僕らはその事実を受け入れ、どう対応するかを考えなければいけません。

反論に対応する技術

もっとみる
ありがとうございます♪よい1日を!
1

こちらが正しければ黙っていても理解されるということはありません

私は、こちらに対する「誹謗中傷やニセ情報を発信する発信源」を放っておいてはいけない、ということを、独立してから強く学びました。

謂れのない誹謗中傷やニセの情報にはキチンと対応し、こちらの言い分をいろいろなところで主張し続けないと、こちらを貶めたい人や、こちらを有利に利用したい人たちの嘘の方が既成事実化してしまうのですね。

当事者以外の他人にとっては(友人であっても仲の良い人であっても)こち

もっとみる