合掌

人と人じゃないもの

まれに「ああ、もうこの存在は人じゃないな」と思うような、いわゆる「人」がいる。この人はもはや妖精かなというのもいるし、生きる菩薩さまやな、とか今世は明王さまの役割かなとか、まあ本当にいろんな振る舞いの中に、「人らしくなさ」というものを感じる。

人らしくない人が、その存在らしくもなく人らしく悩みを抱えているとき、本来その存在が果たすべき役割を全うしてないなぁって感じで面白い。

その存在に与えられ

もっとみる

他者の魂のために生きる。

Yさんの自叙伝。
とうとう生前には間に合いませんでした。

ラフの状態ながら、なんとか原稿を編集し終えたものを確認していただこうとお送りしたのが9月20日。その翌日の夕刻、ご家族に見守られながら息を引き取られたそうです。

日に日に悪化してゆくYさんの病状を横目にしながらつづけきた作業でしたが、本のカタチで手渡すことはついに叶いませんでした。

当初は、たぶん間に合うだろうと踏んでいました。もとも

もっとみる

満たされている日常

なんの不満もない。

いろいろと物事が周りで起こっているようだが、全ての悩みごとは自我の有無によって生まれる執着が災いしているものであって、それらがあたかも生まれつき必ずどうしようもないという思い込みを持って生きているからこそ、人は苦しさから逃れ得ない。

悲愴なことは、悲劇のドラマをつくり上げていく過程である。

苦しみはその起こったものごと事態に原因があるのではなく、そのものごとが起こる理由が

もっとみる

意地でも更新してみる

今日は久々に東京に住まう丹波地域ゆかりのメンバーと近況報告会をした。

だけど楽しい時間はこうしてあっという間にすぐに過ぎ去っていくもの。

書きたいことを書きなぐったらもう、時間切れで今日はおしまい。

だから、今日はもうおしまいなのだ。

たまには意地でも更新する日があってもいいと思うんだ。

その日記に意味があるとかないとか、なんだったら毎日一生懸命に書くのは書いているけれど、それだって別に

もっとみる

いい仕事いい風呂いいメシいいウタ

今日はそんな感じであった。

チャンスが次につながるミーティングを経て、心許せる友達と我が心のホームサウナである寿湯にいって体調を確かめ、近くの一番太鼓で四川麻婆豆腐を肴に飲み、シメに声を出しにカラオケで歌う。

先週からたくさん人の話を聞いて、こちらも次につながる話に広げ、移動は夜行バスってなスケジュールでまあまあの疲れである。おじさん37歳にもなれば夜行バスで少々ガス欠ってのも仕方あるまい。0

もっとみる

ガチャガチャにハマる

皆さんはガチャガチャの合掌シリーズを知っているだろうか。さまざまな動物が手と手を合わせてなにかを祈っている姿がとても愛くるしい。なんとこのシリーズ。5拝(第5弾て意味)まででてる大人気シリーズなのさ。

ぼくは1拝のカワウソちゃんがとても欲しかった。いくらなんでもかわいすぎる。ぼくは回した。目当てのカワウソが出るまで5回回した。「たいした可愛くないベルーガ(シロイルカ)」被りを乗り越え手に入れた。

もっとみる

9月から住民が増えました

いま名古屋にいて、ぼくは丹波にはいない。

だが今日新たに住民が増え、6月末に加入したさいかちゃんに加えて7名目の住民になる。暮らす場所がいよいよなくなってきた。やばい。

滋賀県からやってきたまりちゃんは、驚くべき才能を持っているけどここには書かない。ご縁あって直接これは伝えられる人に伝えていこうと思う。

まずは暮らしを成り立たせていくべく、新しい仕事を探しているので、彼女に仕事がみつかること

もっとみる

サウナのインスピレーション

ぼくは何を隠そう、サウナーというやつである。近しい存在の人たちは僕がサウナーであることを知っているし、恐れ多いことであるが伝えたサウナの入り方が伝わり、師匠として仰いでくれる存在すらいるほどのサウナーだ。

今日はサウナーしかわからないことを書く。
感覚的で非常に個人的なので意味不明なこともあろうがご容赦頂きたい。

ぼくがサウナと水風呂の交互浴のあとにやってくる、”あの瞑想状態”において気づかせ

もっとみる

子どもたちへの感謝の念

今年は諸事情あって、東京で子供たちを社会見学させてあげられる時間が短くて、今日ようやく新しい体験をひとつさせてあげられることができる。

夜行バスである。

息子たちよ、夜行バスというのは大変便利な乗り物でな。例えば大阪から東京へ移動するときは、日帰りでもなければ交通費と宿泊費を払って移動しなければならないところ、夜行バスは交通費は新幹線の半額かそれ以下のときもあるんだよ。シートを4列にして平日に

もっとみる

BOWS-CAFEはホントにサイコー

今日はほんまに久々にBOWS-CAFEに参加することができた。本日で90回目の開催となり、月イチで7年半もイベントが継続されたということ。

最近は開催がどうも火曜日なことが多くて、僕はどうしても火曜日は東京にいることが多くて参加ができないことが多かったけれど、ひさびさに雰囲気を感じることができて幸せな時間であった。

チベット仏教が主要な宗教であるモンゴルにお邪魔してきたこともあって、田舎の町に

もっとみる