「CHINFOLK」創刊。

さっきポストした写真を、サイト上で見たら「ん?なんだか、こういう感じの写真というか雰囲気というか、、、最近、よく見かけるよなぁ」と思って。

あ!そうか。

今、一番オシャレで感度高い人たちが、もれなく全員読んでる、あの雑誌の表紙っぽいんだな。

と、いうことで、陳健一責任編集による四川料理雑誌「CHINFOLK」創刊。

雑誌のテーマは「Go Flow Slowly, Go Out Global

もっとみる

認知症と思しきドライバーの車に追突されました…💧💧💧

タイトルの通りです。

今日高速を走っていた時、前が少々渋滞していたので、減速した後にブレーキを踏んだ直後、後ろからドッカーーーンという凄い衝撃が来て…

私は無傷でしたが、車の後ろがこのようにかなり派手にやられていました。ただ、私の車の場合、自転車ラックがクッションの役割を果たしてくれていたようでした。

良かった…このバーがなかったら私もどうなっていたか………

事故の後に救急隊員さんに連

もっとみる

火鍋

今日は意識高く朝から掃除をしたよ。

ソファー動かしたり、シーツ、カーテンぜーんぶ洗った。お陰で部屋が柔軟剤のいい香り。

因みにお昼(ほぼ朝ごはん)から火鍋へ!

こっちきてから一番はまって一番よく食べてる中華だと思う。

何が何かわかんないなこれじゃ…笑

山椒と鷹の爪が沢山入っている四川風とキノコスープの火鍋!

四川風は、ごま油・ニンニク・パクチー・万能ねぎ・黒酢のタレ

キノコスープの方

もっとみる

「スーツァン。」
という文字を「海の近く」(3月号)で見る。特集の一文を見ると「四川」とあって、麻婆豆腐や水煮牛肉、鶏肉と野菜の辛子炒めなどが美味しそうに並ぶ。四川省は中国中南部の揚子江上流にあるが、内陸で寒さ厳しく唐辛子などを用いた独自の保存法が発達したらしい。

辛味の世界

私が大好きな料理は辛い料理、なかでも四川料理は格別です。

そんなわけで図書館で早速借りてきた本がこちら、「激辛本」

表紙に一目惚れでした・・・。すでに美味しそう。

「激辛本」によれば、

四川料理は唐辛子が効いてとてもホットなイメージを抱くと思われがちですが、実は辛くなったのはここ百年くらいのお話で、

四川料理は内陸の米所にあった濃い味(お米のお供になるように)が特徴で、中国の各田舎の食文

もっとみる

本格ホイコーローのレシピ、人気の甘辛味噌でそんなに辛くしないのがコツ

ホイコーローの作り方を簡潔に説明したページになります。

もくじ

1 作り方
1.1 材料
1.2 作り方
2 手順
2.1 豚バラ肉を茹でる
2.2 厚切りは中華鍋だけでは火が通らない
2.3 鍋肌から油を注ぎ、豆板醤と甜麺醤を炒める
2.4 豚バラ肉、行者ニンニクを加えて和える
2.5 キャベツを加えて炒め調味料を加えて煽る
2.6 キャベツがクタらない内にサッと火を止めて皿に盛る

作り方

もっとみる