麴町は今日も、笑っています。

駅名、土地名、人の名前、商品名。
名前をみてると飽きない。

駅名で好きなのは「麴町」。
「麴」の左の麦辺が笑ってるように見えて、
東京メトロ有楽町線の麹町駅を通るたびに、ホクホクしちゃうんですよね。
今日も笑ってるな~って。
人に例えるなら、ちびまる子ちゃんの山田。
「あははは、あははは、さくら~。」って感じがする。

同じ有楽町線にある、「桜田門」は
平仮名にすると「さくらだもん」。
一気にさ

もっとみる

旅に生きる2019/09/11 ~地名から読み取る~ ⑥荒ぶる地名の乙女どもよ

① ② ③ ④ 4.5 ⑤

※皆さまからの投げ銭で旅をする記事です。ちゃりんちゃりんするとわたしの部屋の湿度が1%上がります

地名をよくアイヌ語から、とか古代朝鮮語からとか由来は他の言語から来ているというのを見る。

東日本、東北はもうやたらめったら『アイヌ語由来』が多い。

「本当かよ」と突っ込みたくなる説もよく見る。

今回『音』に関しては触れたくない。

なぜか?日本語の起源はっきりして

もっとみる

旅に生きる2019/09/11 ~地名から読み取る~ ⑤武士ナンですか

① ② ③ ④ 4.5

※皆さまからの投げ銭で旅をする記事です。バンバン投げてバンバン読むと明日インドカレー屋さんでやたらめったらナン出してもらえるよう呪いをかけます

雨はいよいよ強くなった。

傘は持っているのだがレインパーカーで済ませていたのは両手がふさがってしまうのを嫌ったからだ。

だがこれ以上濡れてしまい風邪をひいてしまえば帰りに辛くなる。

雨宿りも兼ねて『花巻新渡戸稲造記念館』に

もっとみる

旅に生きる2019/09/11 ~地名から読み取る~ ④通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃の鳥谷崎神社は好きですか?

※皆さまの投げ銭で旅をする記事です。

前回はこちら③

前回はまるっと宮沢賢治に使ってしまい神社の名前も書かなかった。

『胡四王神社』でございます。

そして今回は『鳥谷崎神社』

花巻城にあった三か所の神社を合祀した城の守り神、地元の人はここに初詣に来るそうだ。

城ではあるが高低差は緩く、目の前まで車でも行けるので年齢問わず気軽に訪れることができる『愛され系』だ。

地方ではどうしても『厳

もっとみる

旅に生きる2019/09/11 ~地名から読み取る~ ②注文の多い地名

※皆さまからの投げ銭で旅をする記事です。投げ銭がないと赤字です(´;ω;`)

前の記事はこちら→①

順番が入れ替わるのだが先にみやけんを片づけておきたい。

宮沢賢治記念館へと向かう。

お詫び(この記事から画像の手ぶれが酷くなります。雨で設定画面をタップした状態になり手ぶれ補正が外れてしまったのが原因かと思われます。申し訳ありません)

観光地によくあるこういう物体はいくら予算使っているのだ

もっとみる
˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧ありがとう!
16

【お手軽シリーズ】3分で読める、地名は体を表す

みなさんこんにちは、地理が大好きおーぞれ真理奈です。今日は地名の変更によって伝わる情報量が変わるということに気が付いたのでそのことについてお伝えします。

 今日もお手軽シリーズなのでだいたい3分で読めます。

 1.イントロ

 地名に動物の名前が入ってることってありませんか?蛇窪信号場の蛇とか、牛田駅の牛とか、三鷹の鷹とか。

 こういった地名に動物の名前が使われている場合、その土地で起こった

もっとみる

江戸城ってどこ?

「江戸城の英語ガイドしています」と言うと、「え、江戸城ってどこ?」「お城まだあるの?」と良く言われます。

皆さん、お城=天守のイメージがあるらしく、そういう意味では江戸城には天守はありません。むしろ、江戸城に天守があったのは、江戸幕府が始まって約50年ほどの間で、その後200年は天守台のみ存在し天守は再建されませんでした。

(天守とは何か?何故天守が失くなったのか?なぜ再建されなかったのか?等

もっとみる

イバラキの中のイバラキ

1、大戸さくら公園

「これが大戸の桜か?」

私は大戸さくら公園の前にいた。

茨城県東茨城郡茨城町。なんと漢字10文字の中に、茨城が3つも入っている。ここは茨城町(いばらきまち)である。町の観光協会のホームページには、茨城町と言えば「大戸の桜」(おおどのさくら)であるとアピールされていたので、見に来たのだ。しかし、何か写真と違う↓。

どうやらここは公園であって、大戸の桜はもう少し離れたところ

もっとみる

【2019春-6】川名村の妙見さまを訪ねる。知る人ぞ知る古刹めぐり【川名・八事編】

~香積院、般若台からの遠望、妙見宮(浄昇寺)まで丘陵ハイキング~
開催日:2019年4月13日(土)
開催地:愛知県名古屋市
ガイド:松村冬樹さん / 元 名古屋市蓬左文庫 調査研究員
http://dai-nagoyatours.jp/past/4769.html

こんにちは。
大ナゴヤツアーズです。
今回は、名古屋ではめずらしい高低差の大きい丘陵地帯で隠れた古刹をたずねる春のまち歩き。その時

もっとみる

相模原キャッツアイ★|「国内の都市名」が付くタイトルの研究(3)

3秒でわかる本記事の要点

・「タイトルに『札幌・名古屋・神戸』が付くラノベ」(7冊)をご紹介する。

・最後に一言。

概要

 本記事は、1975~2018年の44年間に刊行されたラノベの内、「国内の都市名」が付くタイトルをピックアップ★徹底分析する特集「『国内の都市名』が付くタイトルの研究」の……第3回(最終回)である!

※注:「『国内の都市名』が付くタイトル」とは、例えば以下のような作品

もっとみる