違和感の元は?

色々と話していたらもっと前から前兆はあったのでは?と思い

書いてみます。

事はまず2人の男女の講師の方の講演会。

の後の懇親会で

男の講師が綺麗な女性2人のところへ。

各テーブルに挨拶に行っているのかと思いきや最後までそこの席に。

あれ?友達ってわけでもなさそうだしただ綺麗な女性と話したいだけじゃないか…?

母が何回か話に入ってようやくこちらへ顔だけむく

うちの子は小学生から性の話

もっとみる

女であることに絶望したくないんだよな

化粧もネイルもスカートも、自撮りも胸も愛嬌も、女のものでなくてもいいでしょ。

それで、男のためのものでもなくてもいいでしょ。

あなたのものでいいし、あるいはあなたのものでなくてもいいです。

まあわたしはというと、女として、化粧やら自撮りやら、たのしんでいるけれど。ただそれだけで。

じぶんが偶然にも女だっただけで、偶然にもキラキラしたアイシャドウや跳ね上げアイラインに、ワンピースがすきだった

もっとみる

フラワーデモ811 自宅組

体調すぐれず、今日のフラワーデモに参加できないので、自分の事例を書きます。

月一回、EMDRというトラウマ治療を受けています。この年になって中学の頃の性被害の治療をすることになると思ってなかった。当時は、治療が必要とも知らなかったです。

昨年の12月9日の投稿で

今朝(夜中)は中学の時にあった、夜道での通り魔(痴漢)被害の悪夢で目が覚めました😭これはもう殺されるんかと思ったぐらいの恐怖体験

もっとみる

私が受けた性被害

私は彼と籍をいれるまで貯金をする目的で銀座のホステスとして働いていました。右も左もわからない世界で、中にはしつこく身体を求めてくる人もいて苦労をしていました。

そんな中で出会ったのが宮崎英輝です。古くからのお客さんで大事にしてほしいとお店からも言われていたので特に気を遣っていました。

宮崎氏に口説かれるようになってからは私のせいでお店のお客さんを失ってしまったらと不安になり断ることが出来ません

もっとみる

「魂の殺人」 幼児期に父親から受けた性虐待 【近親姦被害】

※この記事の内容を読む際、フラッシュバック(トラウマ体験の記憶が突然思い出されたりすること)が起きる可能性がありますので、性被害当事者の方は特にご注意ください。

「魂の殺人」

私が、父親から性被害を初めて受けたのは、幼児期、おそらく5歳くらいの頃のことです。

両親の寝室にあるベットの上で、母と父の間に仰向けの状態で寝ていたある晩、目を覚ますと、私の下着の中に父の手が入っていて、淫部を触られて

もっとみる

日系アメリカ人で機能不全家族出身者【プロフィール&FAQ】

プロフィール

1983年12月3日生まれ。米ニューヨーク出身。マンハッタン生まれロングアイランド育ちの日系アメリカ人二世。

一見幸せそうな家庭で、幼児期に父親から性被害を受け、母親からは体罰や心理的・精神的虐待を受けていました。

2005年 機能不全家族から脱出するため、日本に移住。

2012年 福島第一原子力発電所事故による放射能汚染から避難するため、台湾に移住。

2015年 リストラ

もっとみる

近親姦サバイバーPTSD・PME回復への道のり【自己紹介】

はじめまして。私は、大麻やサイケデリック療法等の力を借りつつ基本的には自然治癒力で、複雑性PTSD(心的外傷ストレス障害)とPME(月経前増悪)をセルフヒーリングしてきた、名もなき近親姦サバイバーです。

本当は実名と顔を出して堂々と生きたいのですが、私が抱えている問題や経験はタブー性が高く、真実を語ることで兄弟など身近な人々に迷惑をかけたくないという想いから、現段階では名前や顔を伏せています。

もっとみる

未来へ送る「3つのメッセージ」

「あの日」のことは今でも思い出す

2018.8
初めて訪れたシェルターで
人身売買の問題について初めて触れた

自分にとっては本当にわからない世界すぎた
なぜこのような事が起きるのか
今はたくさん勉強して、知って
構造を理解することができたが、
当時は職員さんから出てくる言葉
全てが衝撃的で無力を覚えた

初めて訪れたシェルターで僕たちは
そこに住む女の子たちとお絵かきをした
自分の将来の夢や好

もっとみる

さよなら渓谷/吉田修一著

性被害について書かれている本をとにかく読み漁っていた時期があり、自分自身と重ねてみたり色々と考えるキッカケになると思い読みました。

映画化もされていて、「怒り」も映画になっていますが、性被害の映像の描写になるとしんどくなるかもしれないのでまだ観れていません。

本の中で
「私は誰かに許してほしかった。あの夜の若い自分の軽率な行動を、誰かに許してほしかった。でも、、、。いくら頑張っても誰も許しては

もっとみる