文芸オタクの私が教えるバズる文章教室

#書き出しだけ大賞

こんばんは、柳川陽向です。
昨日、フォロワーさんが60人を超えてめちゃくちゃに喜んでいたんですが、今見たら58人に減っていました。
おそらく、後述する書き出しだけ大賞を連投しすぎたのが原因かなぁ、と……後悔はしていないですけども。
やはり目に見える数字というのはモチベーションにもつながるので、少し気分が落ち気味にはなりますが、挽回すべく頑張ります!

それでは今日の記事を書いていきますね。

【更

もっとみる

日記 〜健康診断と兎にも角にもnoteに向かうこと〜

昨夜少し肌寒かったのか、笑が咳と鼻水。親の一瞬の気の緩みで小さい我が子が風邪をひく。子育ての緊張感や罪悪感って成人まで続くものなのかな。いてくれるだけで与えてくれる喜び、運んでくれる幸せはたくさんあるけれど、親でいる覚悟というものは未熟な人間にとっては少々重い。本当に成人になるまできちんと育てきれるのか、不安になることもある。皆そうなのかな。今日も福に対して夫婦ともに厳しい言葉を発してしまった。ま

もっとみる

文章で楽しんでもらう、かぁ

なんでだろう。仕事関係の飲み会が終わり、久しぶりにnoteを開いてみた。noteに文章を書かなくなってしばらく経っていたのに。

特に書きたいこともなく、書くこともない。書く理由さえもわからない。公表しちゃっていいの?って思うような内容のなさ。でも、また書いてみようかなぁって思ったのは不思議だ。

昨日、仕事中に本屋へ行った。目当ての本があったのだけれど、そこで1冊の本が目に止まった。三宅香帆さん

もっとみる

『バズる文章教室』を読んだら希望が持てた

読んで興奮したので書いちゃいました。

今まで下手クソな文章でnoteを続けてきたけど、やっと光が見えた。
「バズる文章教室」という本。

題名に「バズる」という言葉が使われていて、小手先のテクニック的なものが書かれているような誤解を生みそうなタイトルだけど全然違う。

例文としてあげられている文章は、ブログ、AKB48の歌詞、エッセイ、小説まで、幅広いジャンルを網羅している。

例文は読書下手な

もっとみる

三宅香帆『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』

三宅香帆さんが好きです

三宅香帆さんが好きです。

デビュー作の『人生を狂わす名著50』という本を書棚で見つけたときから、もうその題名にやられてしまって、読んだら文章のなんともいえないチャーミングさにもやられてしまって、このひとのことが好きだ!となりました。

わたしは、本そのものとおなじくらい、本を愛するひとが好きなのです。

だから、『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』の出版を知ったとき

もっとみる