新元号発表

釈正輪老師講話会、7月10日開催

次回7月の釈先生講話会は7月10日(水)の開催になります。

開催日:2019年7月10日(水)
時間帯:19時~21時
開催場所:麹町ゼンカフェマリーナ
アクセス詳細
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目8 高善ビル
東京メトロ 有楽町線 麹町駅 4番出口徒歩1分
地上に出てすぐ左折。左手のファミリーマート角を左折。突き当たり右側の白いビルの1Fです。
JR中央線・総武線・東京メトロ南北

もっとみる

bunshakanight#2

大松原

00:00 | 00:30

【オープニング】
前回の収録のおじさんを批評

【トーク】
・スタバに騙されてスコーンを買わされた話
・新元号「令和」発表の話
・クソアニメ「ポプテピピック」スペシャル放送の感想

【お悩み相談】
①収入が減って家賃が苦しいです。どうしたらいいでしょうか?
②仕事がつまらないです。どうしたらいいでしょうか?

【エンディング】
・ツイッターをやりすぎて腱鞘炎になったおじさん
・「ブンシャカナイト」

もっとみる

水曜日のダウンタウン、新元号当て企画はなぜ面白いのか?

5月8日に「水曜日のダウンタウン」でOAされた「新元号を当てるまで脱出できない生活」、シンプルに新元号を予想し、当てるまで回答を続けるだけの企画1本でのOAは予想以上に面白かった!

なぜこんなにも面白く、1本のみの企画にも関わらず1時間も見続ける事が出来たのか?その理由を分析し3つにまとめました。

①細部にまでこだわった演出
②「ななまがり」という最高のキャスティング
③お金の使い方で楽しめる

もっとみる

令和の発表、実は5月1日でよかったんじゃない?令和とシステムエンジニア。もう現場、炎上してるよ!というか西暦でよくね?というお話

どーもです。ちびりーまんです。

ちびりーまんは、システムエンジニア(SE)をやってます。
気持ちは今でも若手ですが、世間的には中堅の現場社員的な立ち位置的になってしまってる気がしてます。

新元号発表というめったにないイベントに、まきこまれ。。。たずわることができたので、ウチのシステム開発の現場の話を書いていきたいと思います。

あ、ちなみに、ちびりーまんは、金融システムのSEやってます。その中

もっとみる

新元号ダジャレまとめ

4月1日の新元号発表の折に私がつぶやいた、新元号ダジャレのまとめ。



































もっとみる

【人事の専門家が教える】決して悪気は無いけども、こんな人は上司に向いてないかも?

新年度が始まり、早くも1か月が経とうとしています。

この春から、新しく「上司」の立場になった人も、数多くいらっしゃることでしょう。

会社員である以上、出世はめでたいことですよね。

ところが、誰もが出世すれば幸せか、というとそうでもない。

サラリーマンの方々の中には、実は上司に向かない人も少なからずいるようです。

その理由は

「能力がない」

「パワハラの危険性がある」

というネガティ

もっとみる

【もうすぐ10連休!】連休明けブルーにならないための方法・6選

もうすぐ平成の世も終り。

新しい元号、令和への変遷も間もなくです。

その前後に待っているのが…。

そうです、10連休です!

「ありがた迷惑」という意見も多少飛交っているようですが、実際に休みになれば、喜ぶ人も多いことでしょう。

ただ、恐れることが、1点。

それは、連休明けブルー、いわば「強化型サザエさん症候群」です!

連休最終日、5月6日夕方のことを想像すると…。

おぞましいこと、

もっとみる

「元号+時代」の違和感についての考察② 「程よい遠さ」について

こんにちは、清原です。

以前、次のようなnoteを書きました。

このnoteでは、
・明治時代
・大正時代
・昭和時代
・平成時代
・令和時代
と並べたときに、
「昭和時代」と「平成時代」と呼ぶことに違和感があるというもので、

①この違和感はどこから来るのか?

②世代によっては違和感を感じる「元号+時代」が違うのか

③そもそも「元号+時代」という語法は正しいのか

という疑問を投げかけま

もっとみる

なぜ絵を描くのか

若い画家に出会った。これは新しいオフィスで展覧会などをやることを想定していることが生むメリットだ。展覧会でいい作家がいると「一度見にきてくださいよ」とか言えて、実際遊びに来てくれる。今回もまさにその流れだ。

芸術作品、美術作品というものは、鑑賞にあたってはどのような解釈があってもいい、と思う。むしろ、というか、だから芸術は面白い。作家がまったく意図していなかった解釈もある。でもそれをコントロール

もっとみる