有森裕子

27年前僕がテストの答案用紙に書いた事

「空洞化」を説明しなさい。

27年前経済学部のある授業のテストを受けていた大学1年生の僕は、情けない話、この問題に答えらずにいました。さて、どうするか・・・

空洞化に関しては私は答えられません。

これが僕が書いた最初の一文です。そこからその当時話題となっていた「ある騒動」に関して私が思うところを唐突に書き始めたのです。その騒動とは1992年バルセロナオリンピックの女子マラソン選考騒動です。ご

もっとみる

自分で自分のことを褒めたい(1)

アトランタオリンピックで銅メダルを取った、その直後のインタビューで有森さんが話してくれたこと。その当時、僕は13歳、その前年は野球少年だった僕にとっては記憶に残る年だった。近鉄のエース、ストレートとフォークで三振を奪う圧巻のスタイルを持つ投手、野茂英雄が大リーグに挑戦したのだ。テレビにかじりつくように、野茂の登板を見て、心の中でひっそりと応援した。NIKEのムックを買って、NOMO MAXのスパイ

もっとみる

まつげと私

2017年2月3日

『目は口ほどに物を言う』という言葉が昔からあります。
大きな目を獲得することが現代の女性の美の追求になっています。
一重の人の憧れは二重美人です。
勢い、整形に走る人もいますが、今はそんなことをしなくても、
簡単に綺麗な目を手に入れる事が出来るようになってきました。

もっとみる
大吉🤩

名伯楽「小出義男」さん(80)逝く!! "酒とタバコ"

私の2年前の夕食ですが、かなりダメな食材のオンパレードで、ビックリしてます。毎晩、酒(ビール)やチョコ、揚げ物で、糖質(炭水化物)も多めですからね(汗)

 シドニーオリンピック(五輪)陸上女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育成した名指導者の小出義雄さん(80歳)が24日、肺炎で死亡。
 「令和」を目前にしての平成の名伯楽の死亡ですね。

 ほめて伸ばすコーチング手法で、日本の女子マラソン界を

もっとみる
嬉しいです。
3

褒めて伸ばして、何でも楽しく

今日は雨が降ったり、止んだり、
一面にグレーの雲が広がっている天気でした。
「少しムシムシするねー。」
雨で、湿度が高くなっています。
「それに、夜の6時を過ぎても、まだ真っ暗じゃないんだよ。」
「今月は、初めと終わりでは、気候が かなり違うよね。」
季節は、どんどん進みます。

今夜も、りこちゃんと こざる達は、
いつものように 夜のニュースを見ながら皆で一緒に 夕飯です。
マラソンの監督で、多

もっとみる
ありがとうございます(^_^) またのご来店、お待ちしております。
4

【追悼】小出義雄監督

陸上の小出義雄氏が亡くなりました(80歳)。つい最近、総監督を務めていた実業団チームからも完全引退という報道があったばかりと記憶していますが、数年前から体調を崩し、闘病生活を送っておられたようです。

小出監督と言えば、何と言ってもQちゃんこと、高橋尚子選手のコーチとして有名で、そのユニークなキャラクターもあって一躍人気者になりましたが、私にとって印象深いのは、1986年師走の全国高校駅伝(男子)

もっとみる
とても嬉しいです! ありがとうございます。
2

有森裕子の名言✨

苦しくなったら、苦しみを味わえるだけ生きているんだと感謝した。嬉しい時はまだ喜べるんだと、また感謝した。

有森裕子

#名言
#格言
#有森裕子💖