9/16 GⅡ 松阪競輪予想!!                           🐉ダブルドラゴンの天殺龍神拳🐉

おはようございます!

GⅡ 松阪競輪最終日!!

今日がnoteデビューしてから3日目。
昨日、一昨日はしっかりプラスで終わったぜ?
どっちも一発目のレースで万車券的中したけど乗り遅れてねぇか?まぁ、万ついたのは結果として、展開はビシッと決まってるはずだ!

今日は最終日。GⅡ の決勝だぜ?祝日だぜ?
家でゴロゴロするよりハラハラしたいだろ?
仕事の人は朝一仕込んでダイジェストでハラハラすりゃい

もっとみる

BRM810近畿 300km松阪

走り終わって1ヶ月経ってるけど、来年のために記憶をたどって書いておきます。

今年2本目の300kmで、初めての夜スタートのナイトブルベ。
Ride with GPSだと獲得標高が8000m超えなのでちょっとビビっていた。実際は300kmで4000mアップなので、やや山岳多めな感じだった。
結果は16時間6分で完走。

1. スタートまで

一晩中走らないといけないので昼食後に仮眠を取る。松阪

もっとみる

近世大名は城下を迷路化なんてしなかった:第4章(2)蒲生氏郷は町割下手ではなかった

## 4.3. 汚名返上!蒲生氏郷は町割下手ではなかった

### 4.3.1. 蒲生氏郷は町割下手だった?

さて。江戸時代中期に行く前に、宿題をひとつ片づけたいと思います。蒲生氏郷です。

天才武将にも弱点があった。それは町割が下手ということ――そんな巷説がすっかり定着してしまった蒲生氏郷の町割を検証します。

彼は、本当に町割が下手だったのでしょうか。

いま、ネットに広く流布している氏郷伝

もっとみる

6/12の日記

今日は朝から難波でレズっ娘クラブスタッフたちと待ち合わせ。
数ヶ月前から企画してたレズっ娘クラブ初夏の遠足……あらため、レズっ娘クラブ初夏のSHINE旅行。ちなみにSHINE旅行っていうのは、シカクオンガクから出てるチミドロの「なのかな?」というアルバムに入ってる曲のタイトルから。光り輝く社員旅行。最高やん。
この日はみんなめちゃくちゃ早く、難波に集まった。

特急券と乗車券を買って、売店へ。みん

もっとみる
うれしい〜〜!
6

【学び】決して諦めない萬平さん~まんぷくから学ぶ~

アンチエイジングの神・不死鳥こと松下奈緒さんや、武士の娘...!を連呼しまくったぶしむすこと松阪慶子さん...

1日15分も半年間続けば、大きな感動になります。

人生山あり谷あり、何度も逮捕され、全財産を失い、それでも前を向き続けた男と、彼を支える家族たちの物語。

それが、「まんぷく」なのです。

ちゅらさん、あまちゃん、ひよっこ…
かつて熱中してきた絶賛してきた朝ドラの中でもNo.1ではな

もっとみる
Thank You! 他の記事も読んでみてください!
35

松阪の城下町でヨシコを撮って日が暮れて。

「次の号、駅弁特集なんですが来週あたり忙しいですか? 松阪牛の取材なんですけど」
いつもお世話になっている旅雑誌の編集者、Tさんから電話をもらいました。
「松阪ぎゅ…。あ、わたし行けます」
「カメラは清水さんにお願いしたいので日程の調整をしてみてください」
「わかりました」
というわけで今回の取材地は松阪。まるで「ダーツの旅」のような私たちの出張は、たいていこんな感じで始まります。

一緒に旅取材

もっとみる

松阪と文学とすき焼き

2018年8月31日
旅の途中、松阪に立ち寄った。松阪城址で梶井基次郎の作品を思い出し、和田金のすき焼きに谷崎潤一郎の作品を思い出した。そんな旅の覚書。

鶴橋の駅から伊勢志摩ライナーに乗り、10:41に松阪駅に降り立った。しばらくして友人の車と合流。この日は13:00に松阪牛のすき焼きで有名な和田金を予約していたので、それまでの時間つぶしに松阪城址を散策した。建物はもう何もなく、石垣だけが残って

もっとみる

昨年の旅行先⑩

近鉄線で松阪まで来て、もう夕方なので宿をどこにするかを前もって検討していました。翌日は伊勢神宮参拝を含む旅なので、本来は伊勢市がよいのだろうと思ったけど、残念ながらビジネスホテルのチェーン系列が少ない。

今回の旅はこれまですべてスーパーホテルで取っていたので、ポイントが溜まり何泊かすると割引もできる形で進めていた。となると、スーパーホテルがどこにあるのか。

これを検討すると、松阪にしかなかった

もっとみる

昨年の旅行先⑨

奈良の旅。法隆寺は今まで行った事がなかった。

修学旅行では京都大阪は行ったけど、奈良は素通りだったから、東大寺も鹿も知らなかった、という事です。

従って、念願の法隆寺なのですね。

法隆寺駅から奈良交通バスで法隆寺へ。

この写真には誰もいませんが、実際には修学旅行生と思われる団体客と外国人観光客で結構賑わっていた。

12月初旬の奈良でも紅葉が未だ残っている年だった。

昼過ぎだったので、日

もっとみる