株主

19102_ 消費増税を主張する強欲な経営者たち

1.消費税17%?

①:日本経済新聞の9/24の記事に以下のようにありました。

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は24日、日本記者クラブで会見し、10月1日に迫った消費税増税について「10%では(財政が)持たない。17%がよい」と語った。桜田氏は国の予算の3分の1が社会保障に使われる現状を問題視。現役世代の負担増を抑えるため「痛みを伴う改革」の実現を政府に求めた。日韓関係の悪化に関しては「韓国の反

もっとみる
ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ
4

年商147億14社株主オーナーの村上宗嗣さんからご指導をいただいております

村上さんにはアマゾンで出版されている

「お金の新聞」

で出会いました。

その時は、お金儲けが目的で

読み始めたのですが、

「何かが違う」

と気づきました。

お金だけでなく、マインドセット、

健康・人間関係など、人生において

極めて重要なことが書かれていました。

そこから興味が湧いて

メルマガに登録したり、

Youtubeなどで対談している姿を

視聴しました。

ある日、メ

もっとみる

ROESGの3つの問題点

今朝の1面ではROESGスコアにて欧米企業が上位を占めており、同スコアが低い日本企業は投資マネーを引き寄せられないと警鐘を鳴らしています。

ROESGはROEにESGスコアを乗じた値だそうです。同指標には少なくとも3つの問題点があるとみています。

第1にROE(計算方法は以下に詳述)についてです。同指標で使われているROEは3期平均だそうです。ESG要因が特に影響を及ぼすのは長期のROE水準で

もっとみる
ありがとうございます!
12

【記事感想】メルカリ、「鹿島アントラーズ・エフ・シー」の大株主へ

日本製鉄およびその子会社が保有する株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(本社:茨城県鹿嶋市、代表取締役社長:庄野洋、以下「鹿島アントラーズ」)の発行済株式72.5%のうち61.6%をメルカリに譲渡(以下、本株式譲渡)する株式譲渡契約を締結したことをお知らせいたします。

記事元:株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーの株式譲渡に関するお知らせ

びびった…これは子会社する認識で合っているのでしょうか

もっとみる

素材・化学メーカーの取締役に求められるスキルとは

今回から数回はスキルマトリックスで取締役に求められる素養を業種別に取り上げていきたいと思います。それぞれの業種で取締役を目指している方は特に参考にしていただけたら幸いです。

スキルマトリックスについては以下の投稿を参考にしてください。

今回は素材・化学メーカーです。この業種で今年の株主総会招集通知でスキルマトリックスを公表しているのはワコールホールディングス、三菱ケミカルホールディングス、積水

もっとみる
嬉しいです!
18

なぜLIXILの株価は急騰したの?〜株主総会を巡る意外な事実〜

皆さま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで、新刊「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」も一万部突破と好評を頂いております。これも、皆様の支えがあるからこそです。

 そして、もう一つご報告があります。6月24日に株主様の賛同を得て、東証一部に上場している化粧品メーカーでお馴染みの、株式会社シーボンにて社外取締役に選任されました!このような機会があるのも、皆様のおか

もっとみる

2019.06.25

今日は人生初で楽しみな株主総会出席。
その為に始発に乗る。

6日間の東京砂漠!
今回は10Lバッグに全部つめつめ。
新生児より軽いかも。

株主総会。
おじさんおばさん、いやむしろおじいちゃんおばあちゃんばかり。
みたところ僕が最年少っぽい。
・お菓子貰える
・飲み物貰える
・偉い人オジジばっか
・議会は茶番(みんな拍手して終わり)

って事でおっきめな会社の株主総会は特に何もない限り『平和』の

もっとみる
Ma olen õnnelik!
2

あれこれ初体験1(株主総会出席編)

人生生きているといろんなことを経験します。
とはいえ、10代の頃に比べたら初めての経験というものは少なくなります。
しかしながら、時々初体験というものはあったりするものです。思い起こせば、ケンタッキーを初めて食べたのは22の夏。「人生半分損してる!」と友人に言われ、その友人と共に赤羽駅北口のケンタッキーを食べたのも良い想い出です(笑)。

話が逸れました。そんな齢(よわい)も30になろうという私の

もっとみる
恐れ入ります!
4

自分で何かを作るは「巻き込む」こと

こんにちは、守屋です。

人々に愛されていたお店やサービスが、時代や諸事情により閉店してしまうことがあります。また赤字経営によってスポーツクラブでさえ解散することも珍しくありません。

大規模であればあるほど、期間が長ければ長いほど、人々の思い出になっていることは間違いありません。今の時代、新しいこと誕生しやすいと言われています。

気軽さがあるからこそスタートアップしやすいという利点とともに、終

もっとみる
スキありがとうございます!
13

全てはゴーイング・コンサーンのために

4月からTribal Professional Academy(略してTPA)という社内勉強会に参加して、社会人になってからとんと読まなくなっていた本をまとめて読むようになってきた。

この勉強会は1年掛かりで経営やマーケティング(つまり経営だ)について学んでいくのだが、必ず大元に行くと同じ概念に突き当たる。

「ゴーイング・コンサーン」

継続企業の前提(けいぞくきぎょうのぜんてい)とは、企業等

もっとみる