【MFL】~my favorite lyrics~ vol.5

第5回「my favorite lyrics」
略してMFL

お気に入りの歌詞について、つぶやこうという趣旨のアレです。

「運命の人」byスピッツ

愛はコンビニでも買えるけれどもう少し探そうよ

これ本当にどうとらえていいかわからないんだけどね、でもすごい頭に焼き付くしなんか知らない間に人生の重要なジャッジの時にこの感覚で判断してることがあって、ああ音楽に性格構成されてるんやなぁと感じる一曲

もっとみる

10周年&推しの誕生日なので楽曲考察やってみた その2 『宇宙三部作って、本当に三部作?』

さあ、イントロダクションは1つ前の記事で終わったので、早速はじめて行きましょう。宇宙三部作って、本当に三部作なのか?
結論から言います。 

三部作どころの話ではないです。

3曲で収めるとしても、それは三部作というよりも『2+1部作』です。

というか私の解釈では、このカオス・サーガは最低でも7曲、下手したら今までのほぼ全部の楽曲が含まれます。前者は特に意味深な数字ですね。

流石に『WAKAS

もっとみる

10周年&推しの誕生日なので楽曲考察やってみた その1 『これは、惑星《ホシ》に還る物語。』

皆さま、はじめまして。灯狐と書いて「トウコ」と読みます。推しのモンペになりがちな読解オタクの考察厨で万年中二病のソウルメイトです。こんな感じで物を書いている時もあります。

ソウルメイト歴もいよいよ4年に突入、彼らを知ってからはもう7年が経過。早いものですね。ちなみに初めて見た(見せられた)動画はキーマスです。しかもチャンネル版。良くそれでハマったもんです。マジで。

MSSP過激派箱推しFB贔屓

もっとみる

本心を隠すための「本心らしきもの」 | 「進撃の巨人」のエレンと「ブレイキング・バッド」のウォルターの類似点

進撃の巨人も後半に差し掛かり、エレンの行動・真意が徐々に分かってきましたね。

彼の行動原理を探るに当たって、参考になるのは、アメリカで超人気のドラマ「ブレイキング・バッド」の主人公ウォルターです。

ポイントはズバリ「本心を隠すための、本心らしきもの」です。

進撃の巨人と合わせて見たい「ブレイキング・バッド」

高校の科学の先生であるウォルター。

彼の余命が「数ヶ月しかない」と言われるところ

もっとみる

私訳「アクロス・ザ・ユニバース」

【ここでは、私自身の体験にもとづいて1970年に発表されたビートルズのアルバム「レット・イット・ビー」のなかの1曲、「アクロス・ザ・ユニバース」を勝手に解釈して意訳しています。この私訳はあくまでも私の考えにすぎませんし、誰かに同意を強制するものでもありません。興味のある方だけ、お読みください。また、これはTMの宣伝ではありません。】

The Beatles: Across The Univers

もっとみる

【MFL】~my favorite lyrics~ vol.4

第四回「my favorite lyrics」
略してMFL

お気に入りの歌詞について、つぶやこうという趣旨のアレです。最近こればっかりですけどまぁいいでしょう。

第四回は
「僕らをつなぐもの」by秦基博

月灯りかと思ってみれば 変わる間際の黄色い信号
やたらと長い赤信号に変われば
決まって僕らキスをするんだ

君の家に向かう途中 ガソリンスタンドの交差点は
行き交う車の音であふれて
僕らの

もっとみる

【MFL】~my favorite lyrics~ vol.3

第三回「my favorite lyrics」
略してMFL

お気に入りの歌詞について、つぶやこうという趣旨のアレです。早速行きましょう

第三回は
「天体観測」by BUMP OF CHICKEN

邦楽1番Aメロ選手権、優勝候補ですよね。
わくわくするし、想像力掻き立てられるし、風景浮かぶし
リズムの載せ方、単語の間隔、ほんまに全て最高なんですよね。

僕がきっと宇宙や星などを好きになった理

もっとみる

パプリカ 歌詞考察〜あの日のわたしへ

前回、2018年のNo.1ヒットソングである「Lemon」の歌詞を考察した。結論からいえば米津玄師さんがハチ名義でニコニコ動画に公開した2015年の楽曲「ドーナツホール」と同じ「喪失感」をテーマにした物語であり、しかし歌詞の「あなた」にはたくさんの解釈の余地があることに着目した。

そして梶井基次郎の小説「檸檬」にインスパイアされたのではないかという仮説を立て、自我の象徴であるレモンを「あなた」に

もっとみる

【MFL】~my favorite lyrics~ vol.2

第二回「my favorite lyrics」
略してMFL

お気に入りの歌詞について、つぶやこうという趣旨のアレです。早速行きましょう

第二回は
「もう恋なんてしない」by槇原敬之

jPOPほんまスゴイ、歌詞って深いなぁと思った曲

俳句、川柳より長くて短編小説より短いボリュームで映画一本出来るくらいの想像力を与える曲ってありますよね。
てにおは、ですます、過去形現在形ちょっと表現変えるだ

もっとみる