型は破ってナンボの人生だから、私はこんなにも生きにくい

今、なぜ企業がこぞって障害者を雇用するかというと「障害者の法定雇用率2.2%」を守るため。それだけです。

なので、「求める障害者」の本音は、「辞めず」「休まず(出勤率が助成金に関連するため)」「考えず」と言ったところでしょう。

意見を言ったり、健常者より成果を出すやつなんて調和を乱す厄介者。

健常者の指示に疑問も意見も抱かず、全部「ハイッ!」って言って、黙々と作業してくれる人が一番楽なんです

もっとみる
周りを気にしない!(^_^)b
1

吃音のある人の就職活動ガイドライン 吃音者はなぜ就職困難者が多く、一方で成功している吃音先輩は後輩を助けないの?

吃音ガイドライン・流暢性障害ガイドラインブログ更新しました。

吃音のある人の就職活動ガイドラインです。

いままで筆者が蓄積してきたものを改めてまとめました。

吃音といえば、2005年から発達障害者支援法に含まれていたのに、自死する人が出てしまうという悲劇。吃音当事者団体が法律の存在を隠匿していたことによるものです。ひきこもりやニートになってしまっている人もじつはその困っている当時に支援法を利

もっとみる

障害者福祉丨制度の実態

前回は、在り方という題で文章を書かせて頂きました。

障がい者の法定雇用率が一般の民間企業は2.2%と定められています。
つまり、厳密には異なりますが、1000人の会社であれば、
約22人は障がい者という事ですね。

この枠の取り合いを行っている人が多くいるのですが、
そもそも論、パートとかアルバイト、嘱託社員、契約社員が殆どです。
正社員求人は大変少ないです。
派遣社員に関しては、枠があるのかす

もっとみる

障害者の就労  社内に多数の障害者

20代は、耳に時折の異変を感じながらも身体障害者手帳取得の基準に、幸いにして不幸にも?届いておらず健常者、健聴者として就労しておりストレスフルでもやりがいを第一に求めキラキラ✨バリバリ働く働きマンでした。

その時は、まさか数年後に急激に聴力を失うことも考えていなかったし、障害者手帳の身体障害者にもなるとも想像もしていませんでした。

たまにきこえにくくてもそこまで困ることもないしランチや飲みも楽

もっとみる
いつもありがとうございます!次回もよろしく😃✌
4

障害者の就労 電車通勤

毎日の電車通勤にも慣れて来て?
電車の中で考え事

職場の最寄り駅まで
電車の中でボーッと考え事したり
本当に無心でボーッとするだけの時間が至福。

1日24時間の中で仕事以外に
育児や家事もする私としてはこの電車移動中が
自分の時間
だったりします。(^o^;)

電車にも乗らない近場や在宅勤務していた時より
この電車に乗る時間があるだけで
こんなに気分転換になるとは‼

ま、通勤ラッシュの鬼地

もっとみる
今日はいい事がありそうです!
1

障害者の「困った」をみんなの「よかった!」へ変える(キャビネット)アイディペンデント通信Vol.54

厚生労働省は2019年4月9日、民間企業における昨年の障害者雇用状況集計結果を取りまとめて公表しました。

それによれば、雇用されている障害者の人数、雇用率ともに過去最高を更新しました(53万4,769.5人、2.05%※)。法定雇用率(従業員中の障害者の割合)達成企業の割合は45.9%でした。

不祥事が発覚した国の機関の実雇用率、達成割合がいずれも民間を下回り、特に司法機関(裁判所)では実雇用

もっとみる

障害とは違う不自由を負って夢破れた話

椎間板ヘルニアと診断されてからというもの、
しばらくすれば治るだろうと楽観していた左手の痺れがどうにも我慢できないものになってきた。
痛み止めを飲んで湿布も貼っているが
痛みはなくなっても、しびれそして左手全体に力が入らないことに変わりはない。

だから長文の投稿はしばらくしません宣言を何日か前にしたのだが、

なぜかめちゃくちゃ長文の投稿を2日連続でしてます(笑)

実は音声入力のアプリを使って

もっとみる
自分を褒めるのは自分!(●^o^●)
8

いつか雇用率制度を無くせるかも、と希望を持てた話

昨日、画力が無いのは承知で始めて絵日記をUPした。

元芸人&元塾講師が役立った話

ハッキリ言って、健常者向けの就活イベントに特例子会社が出展するなんて、予算の無駄遣いなのでは…と乗り気では無かったのですが

いざ行ってみると色々発見がありました。

①健常学生の反応は2通りにクッキリ分かれる

私「うちは障害者がメインに働いている会社でね」

と説明のヒトコトめを言った瞬間、苦笑して去っていく

もっとみる
仕事より人生!(^^)/
6

(固定記事)吃音・流暢性障害ガイドラインの noteについてご案内

固定記事です。

吃音・流暢性障害ガイドラインは「吃音(きつおん・どもる)」のことについて情報発信を行っています。吃音=流暢に話せない障害です。吃音は発達障害者支援法に定義されている発達障害の一つです。自閉症スペクトラム、ADHD、学習障害、トゥレット症候群、発達性協調運動障害などと同じで、最新の国際疾病分類であるICD11では「神経発達症」とされています。吃音のある人は純粋に吃音だけを持っている

もっとみる

吃音による精神障害者保健福祉手帳申請書類の記入例とは?

今回の記事は吃音を持っている当事者が精神障害者保健福祉手帳を申請する場合の医師が書く申請書類の中がどうなっているのか? どう書けばいいのかを考える内容です。 吃音(きつおん)は発達障害者支援法に2005年から含まれていましたが、それが吃音業界及び耳鼻咽喉科医師ですら知らない状況が2014年まで継続していました。その情勢が変化し、吃音のある人が精神障害者保健福祉手帳を取得しようと精神科病院を、発達障

もっとみる