瀬戸

憧れ、ハートの猪目茶碗。

インスタで発見し、一目惚れしてしまった猪目茶碗。

2月下旬に瀬戸まで作家の「冒険陶芸家」小野穣さんを訪ねに行ってしまいました!

ちなみに、猪目茶碗とは、ハート形のお茶碗のこと。猪目は、イノシシの目をモチーフにした日本古来のハート模様みたいです。

工房のなかには、色とりどりの猪目茶碗がいっぱい!きゃー、テンションあがる(≧∇≦)   (写真とるのをわすれました…)

最初から、青のお茶碗にしよ

もっとみる

ますきちと、一平さんと、南。

今回は特別編!瀬戸支部の南くんが寄稿してくれました◎

***

初めまして!「POP START」瀬戸支部の南慎太郎です。

1000年以上続くやきものの産地・愛知県瀬戸市で、ゲストハウスますきちのオーナーの南慎太郎です。今回「POP START」を立ち上げると聞き、一緒にコンテンツやすべてを考えてきました。

僕が初めて一平さんと出会ったのは、大学生の時です。
北海道大学在学中に、ゲストハウス

もっとみる

まんなかにあるものが「カレー」である理由。

前回は、スパイスカレー研究部について綴りましたが、今回からは「カレー」である、そもそもの話を綴ります。

新井家は、父、母、弟の4人家族の食卓。
でも、食卓を作る両親の食の好みが基本的に合わず、いつも喧嘩。
そんな両親の共通の好きなものは、カレーと鰻。
このふたつだけは、晩御飯に出て来ると、喧嘩はなく、すごく楽しい晩御飯の時間。
子どもながらに、「鰻は高い」とわかっていたから、「晩御飯、何食べたい

もっとみる

スパイスカレー研究部のこと。

はじめまして。スパイスカレー研究部と申します!
現在、神保町のTOKYO PRODUCERS HOUSEでは、月に1度、月末を基本にカレー教室を開いています。
最初は、本当にノリで、やってみよう!と始まり、4回1講座で行うことが決まり、やっているうちに2クール、3クール、と過ぎ、現在4クールの終わりを迎えようとしています。
この活動が始まったのは2017年の9月。

<主宰者紹介>

新井一平(あ

もっとみる

第190回 カイゼンとチョウセン

1、地域の歴史好きに何を提供するか

今の職場に入ってから公民館講座として

地元の歴史を知ろう

というような企画を続けてきました。

毎年少しずつバージョンアップしてて

最初は町内の史跡巡りからはじまって

関連のある近隣市町村の史跡まで足を伸ばしたり

土器作りなどの体験活動にも挑戦してもらったりと広がってきました。

自分で自分の仕事を増やしている感じで、だんだんきつくなってきた

もっとみる

国産豚モモと豚トロで天日干し無添加ポークジャーキーを作る!

完成!ポークジャーキー❤
ブログも久しぶりに更新(*^O^*)
詳細やレシピはコチラへ~

感想はもう少し下味は濃いめにしたり、
違う下味で後何回か試作したい。

豚トロは脂身も美味しい!
豚モモは軽く炙るとイイ感じ✨

洋平クンのお店におすそわけ~
おつまみで出てくるかも!?

販売しようと思っても、サンシャインクリスプは肉のラベルがないわけで(笑) 魚、きのこ、野菜、フルーツの4種展開をイメー

もっとみる

スターチスと岩渕幸治さん

岩渕さんは瀬戸の作家さん。
ゴツゴツした土!ザ・焼き物!っていう印象。
色味はほとんどなくて白っぽい。

→Instagramアカウント@bucth72 #岩渕幸治

これはポンっと入れただけなんだけど、ユーカリや何か他の緑や赤い花がアクセントであってもよかったかも。

作家ものの花器、少しずつですが増えてきました!順番に紹介していけたら、と思います!

#作家もの #花器 #焼き物 #瀬戸 #s

もっとみる

2016年 第18回 にっぽん招き猫100人展

色々な作品があって、楽しいですよ。
週末にお楽しみ下さい。
私の作品も見つけてくださいね。
今日はあいにくの雨のようですが、明日はお天気のようです。
各所で猫展開催中ですね。

2016年 第18回 にっぽん招き猫100人展

http://www.necomachi.com/100_18/gallery/index.html