そんなに都合のいい食べ物はありません。でも修行もいりません。

外来でよく「何を食べたらいいですか?」という相談を受けます。糖尿病や脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病の方々にとっては、きっと切実なのだと思います。

 「何をやっても痩せません、自分はそんなに食べていない筈です、テレビで〇〇がいいと言っていたのですが・・・」みたいな感じです。

 そんな患者さんに対してまず私が言うことは大体決まっています。「何を食べるかよりどれだけ食べるかですよ」。次が「ふつ

もっとみる

油断しないで! 飲み過ぎ食べ過ぎ─────夏は痛風の季節です。

ー先日受けた健診のときに、尿酸値が高いと言われました。
その後、病院へ行って調べてもらいましたが、やっぱり尿酸値が高かったです。どうしたらいいでしょうか?

 やはり尿酸値が高いまま放っておくのは良くないですよ。

 尿酸値が高いと発症するおそれがあるのは「痛風」です。関節の痛みが生じます。"風が吹いても痛いから痛風"、などと言われるくらいです。「尿酸値」が高ければ高いほど、そんなリスクが上がるの

もっとみる

『悪い生活習慣病』という糖尿病物語の呪縛を解く

昨夜、糖尿病当事者とTwitter上で「生活習慣」をめぐって意見交換しました。そこで、僕の考えをまとめてみました。事の発端は僕の勤務する糖尿病教室の中で、僕が「『生活習慣病』という言葉を死語にする会」を立ち上げたいと提言したと投稿したことから始まりました。

僕はこんな風に糖尿病教室参加者に伝えました。

1996年当時の厚生省は「成人病」に代わる行政用語として「生活習慣病」という呼称を提案しまし

もっとみる

【悪習慣】夜9時以降に食事してませんよね?夜間から翌朝まで高血糖が持続する生活習慣を続けてしまうと・・

ぷよーー( ^ω^ )

汗かき薬剤師saitorioと申します。

今回は、知らぬ間に病気になる日本人の3割がやってしまってる

悪い生活習慣と対策法を伝授したいと思います。

動画解説はこちら

過去の記事はこちら

それでは・・レッツゴー( ゚Д゚)!!!

夜遅くに食事をとる生活スタイル

夜遅くに食事をとる生活スタイルは

肥満や生活習慣病を発症しやすい。

しかし、20代30代の日本人

もっとみる
応援ありがとうございます☺
6

スロージョギングはコスパ最強のダイエット

スロージョギングとは

ランニング・ジョギングは辛い運動だと思われがちだけど
遅く走っても通常のジョギングとほぼ同じ効果があるという事が
研究の結果分かっています

スロージョギングの効果があるのは時速3キロから

第一人者は自らスロージョギングの効果を試してきた
田中宏暁教授

専門は運動生理学で
肥満・動脈硬化性疾患などの生活習慣病の治療と予防、
健康増進に有効な運動処方に関する研究が主なテー

もっとみる
嬉しいです!
7

(高)血圧が下がったら逆流性食道炎も良くなってきた話

2019年4月
喉のつまりが治らず咽喉耳鼻科に定期的に通うが一向に治らず。
次第に食道のつまりが気になって主治医の勧めもあって5月に胃腸科へ

胃カメラをしてそこで診断されたのは逆流性食道炎、食道ヘルニア、胃炎などひとまず食道ガンでなかったのは一安心だが薬で長期間の服用へ

そこから3ヶ月薬を飲んでも中々なおりが良くなくしんどい。
そこで前から気になっていた自身の高血圧との因果関係を疑うようになり

もっとみる

不健康な時ほどお茶がうまい

私は真理を見つけました。

それはすなわち、
不健康な時ほどお茶がうまい!!
という事実です。

お前は何をあほなことを言ってるんだと思う方もおられるかと思います。
まぁ聞いていってください。

ことの発端はそう、お茶がおいしくない時期のことです。

なんとなく喉乾いたなー、お茶しかないしお茶飲むか―といった勢いでお茶をとりあえずがぶがぶ飲んでいた時期があります。

飲んでも飲んでもいまいち不服(

もっとみる