EUの闇!ブレグジットに続くのは?! 【後編】

前回の続き
↑前回の内容はこちらをクリック!

今回も「EUの闇 : 後編」についてシェアしていきたいと思います。

前回までに、
① EUはなぜ生まれた?
② EUに加盟する
        メリット・デメリット

についてお話しいたしました。

今回は、いよいよイギリスとEU離脱問題についての内容です!

【目次】
③ EUとイギリスの関係
④ EUを離脱する理由
⑤ EUの今後

③ EUと

もっとみる
「スキ」ありがとうございます(//∇//)
2

EUの闇!そもそも、EUって何の集まり? 【前編】

みなさん、こんにちは。しゅうかです。
今回は「EUの闇」についてシェアしていきたいと思います。
詳しく説明すると非常に長くなりますので、大まかな流れを説明していこうと思います。

(歴史的背景がとても興味深いので、いつか詳しく説明したいと思います。)

① EUはなぜ生まれた?

◆1993年 EU(欧州連合)発足への歴史

EU発足は、第一次世界大戦(1914年〜1918)の敗戦国であるドイツと

もっとみる
「スキ」でやる気倍増(≧∇≦)

私はアマゾンの火災を心配できない

みなさんご存知でしょうが、私は聖人でも、神さま仏さまでもない。世界の全てのよしなしごとに、心を弾ませたり憂いたりすることが出来ない、割と器の小さい人間である。

もちろんね、あー悲しいことだなとか、これは酷いことだな、とかは思うわけですよ。でも、心の底から憤ったり、考えたり、熱心に情報を探ったりして自ら調べようという気にならない。今回の件についてはそういう感じでした。特に、(今回の火事以外のものも

もっとみる
ありがとうございます!やる気モリモリ(^O^)
4

敵意の中で生きつづけるどこかのあなたへ

私が海外を拠点に生き始めて、数年が経つ。

ボランテイアや長期出張、留学など、完全に移住というわけではないスタイルではあるが、ある程度その土地に溶け込んで、地元の人やその町に住む人たちと共存をしてきたつもりではある。

そんななかで、腹わた煮え繰り返るような露骨な差別や、ブチ切れるほどではないにせよモヤモヤがどこかに引っかかるような、そんなやんわりとした偏見もたくさん経験して来た。

それと同時に

もっとみる
ありがとうございます!やる気モリモリ(^O^)
2

10年前、私は貧乏な移民としてアメリカに渡った。

ちょうど10年前の、2009年9月。
語学留学のためにハワイへと旅立ったのが、私のアメリカ生活の始まりでした。当初は3ヶ月間だけのつもりが、まさか10年もアメリカに暮らすことになるとは思いもせずに……。

当時、東京でフリーランスのライター・エディターとして忙しく働いていて、ありがたいことに仕事はとめどなく降ってきて、さばききれずに断る案件も多数。やりがいも収入もそこそこあり、生活自体に不満はなか

もっとみる
やったー!(オレゴンで小躍りしてます)
11

Think Globally、 Act Locally.映画『存在のない子供たち』

『誰も知らない』『万引き家族』。是枝監督の作品は、スコープすることで社会全体に横たわる問題を浮き彫りにする。

この作品もそうだった。フィクションと分かりつつも、圧倒的現実味を帯びて私たちに訴えかけてくる。キャストは演じる役柄によく似た境遇にある素人が集められたそうだ。

「存在しないも同じ」という絶望。

『存在のない子供たち』。出生届が出されてない12歳の男の子ゼイン。そこに確かに存在するのに

もっとみる
♡ありがとうございます
20

私は移民なのか? スウェーデンに移住して考えた。

私は移民なのか?
自分の状況を、昔、日本人が大変な覚悟でブラジルや満州に「移民」したのと同じ言葉で表して良いものかとも思うし、トランプ政権に迫害されているわけでもないけれど、住む国を変えるという点で、日本人が縁故のない北欧の国に拠点を移すというのは、「移民になる」ということなのだと思う。

ある海外で活躍する日本人教授は、専門職の若者が日本から海外に出て行くのは、その専門分野に関わらず「Brain

もっとみる
Tack!ありがとうございます!
6

日本人が「特の民族」に差別される国ニッポン

北九州市議会議員村上さとこ曰く、ヘイトとは「特の民族や国籍者」への差別言動だそうです。
そしてこれは「ヘイトの基準は日本人を貶める事か?」という問いに対しての答えなので「特の民族や国籍者」以外はヘイトから守られないという意味であります。

「特の民族や国籍者」が何なのか意味不明だけどこれツイッター規約の「一部の国や地域で規定されている保護対象のカテゴリーの人々に関する脅迫」と同じ理屈だろ!

こち

もっとみる
12

【レポ】日本語教師を増やすためにはどうしたらいいと思いますか?

日々聞いてきたFMラジオ局J−WAVEのニュース番組、JAM THE WORLDがやっと日本語教育・日本語教師の現状に目を向けてくれた!という思いでしたが、実際に昨夜の放送を聞いて率直に感じたのは、期待していたほど掘り下げた話がされなかったということです。

今夜、皆さんから募集するメッセージテーマは『日本語教師を増やすためにはどうしたらいいと思いますか?』。大学で日本語教育を学んだ方、「日本

もっとみる
スキ うれしいです♡
12

結論ありき内容なしの経済白書と提灯記事しか書けないメディア

先日2019年版の経済財政白書というレポートが発表されました。

「経済白書ってなんやねん?」

って思われますよね(笑)。

一言で言うと

 

「日本経済の最近の動向を調査して、今後どのようなことに力を入れるべきかを提案するもの」

 

というところです。

全部で140ページくらいある大作で、これを毎年せっせと作っている官僚たちは本当に大変だなと思います。

頑張ったね! 官僚さん! (

もっとみる