【読書】稲葉なおと「ホシノカケラ」

稲葉なおとによる小説「ホシノカケラ」を読んだ。B'zの稲葉さんのいとこが岡山県津山市出身のボーカリストについて書いた小説ということで、どうしてもB'zの稲葉さんを作中のボーカリストとして想像してしまった。

ただ本作の主人公はボーカリストではなく、むしろ裏方である。具体的にはライブ会場を設営する人たちで、より良いライブ会場を作るために徹夜に次ぐ徹夜の日々が描かれていた。会場設営というのは短い期間で

もっとみる

算命学でみたB’z

まず、稲葉浩志さん、松本孝弘さんの中央の星は同じ「車騎」です。

相手を弱いと見たら一気に攻撃を仕掛け、強いと見たら一旦引く、武将の星です。

基本戦士なので筋肉質の人が多く、デブがいない、と言われます。戦いに適しているカラダ、ということですね。

そして位置は違いますが二人とも「天南」を持ちますので、さらにカラダは強いです。

稲葉さんは、学ぶべき何かを持っている女性に惹かれます。
松本さんは、

もっとみる

きっと今までで最高の夏

お久しぶりです。
先週の金曜日にB'z LIVE-GYM2019 -Whole Lotta NEW LOVE-に行きました。

今日はその時のことを書こうと思っています。
セトリネタバレはしないように心がけますが、
MCや演出のネタバレはほんの少し含みます。

とは言っても、今後の公演に参加する人が見ても
ほとんど影響はないくらいです。

私が行こうと決めたのは、7/26の愛媛公演です。
特に意味

もっとみる

6月17日 毎日が記念日

おはようございます!

速くったってゆっくりだってとにかく走り続ければ辿り着ける場所がある

#稲葉浩志(B’z)

6月17日

今日は、

『砂漠化および干ばつと闘う国際デー』

砂漠化と旱魃の影響と闘うための国際協力の必要性を考える日

それと、父の日らしい…マジで

今日のお誕生日

今くるよさん、ショー・コスギさん、中原理恵さん、山寺宏一さん、城彰二さん、麻生久美子さん、辻希美さん、波瑠

もっとみる

お疲れさまでした、B'zのCallingで海でも見ませんか?

疲れたり 傷ついたり 失ったり

こころの棚の片隅にでも置いてもらえるアロマローソクみたいなものにでもなることができたら
そういう思いでやらせてもらってます

帰らずの森

君は何処

陽射しの中

探し求め

樹々の間を彷徨う

耳を澄ませ

声を辿る

目の回るような

深い森の

奥深く

その声は

僕の脳内に

直接語り掛ける

たすけて

たすけて

木漏れ日が穏やかな

こんな初夏の午後

知らない土地で

徘徊することになるとは

肌はびりびりと痺れ

痛みは全身に響く

苦悶の表情で

君を見つける為

僕は歩を進める

茨にシャツが破れ

切れた皮

もっとみる

B'z Survive インストバージョンで ~自然のなかで~

今日もトラックドライバー、かんめい、ギターを助手席に乗せ、仕事してまいりました。
休憩時間にギター弾いて遊んでます。
よろしくお願いいたします(^_^)