種を蒔くということ

昨日、種蒔夫さんから頂いた。

自ら作物を育てるという本来あるべき姿を忘れている。

種ブレンドはもはや何がなんなのかさっぱりわからないが、出てくるものを楽しみに種を蒔いてみよう。

仕事も人生もまずは種を蒔いてみることが肝心だ。
出てくるか出てこないか、結果は後からついてくる。

#種蒔夫 #種蒔く旅人 #種 #米 #ハッピーヒル

もっとみる

孤独なロンリネスの現実逃避

とわに続くのではないかと
思われるほどに、
せつなく 
そして烈しい豪雨のなか
ひとりわたしは鉄橋をわたる

みみっちいパンのかけらを
何回わたしは食べた?
五回?十回?それとも十戒?
ひどい寒気と
おそろしいわたくしのかお

かがみの前をとおるたんびに熱が二度上がる
ふとんにはいるととたんに泪があふれだす
米を食べるとすぐにむねやけがする
ピアノをひくとたちまち烈しい
怒りの感情がこみあげ

もっとみる

鼻から米粒

おはようございます。こんばんは。椛です。

日付変わって昨日の朝方、スーツについて書いていたのですが、上手くまとまらず。下書きに残ったままの投稿になります。

今日は2ヶ月ぶりの中学の同級生と仕事終わりに飲みに行こう!となり、お酒を飲んで、そのまま友人の家に泊まることになりました。

私はあまり人に感情的になることはないのですが(多分)、この友人とは中学時代に色々なことがありました。にも関わらず、

もっとみる

コメ倉庫のこと

コメ倉庫の話をしましょう。

リモートワーク中心に日夜頑張ってはいるが、本社がないのも限界だなぁと常々思いはじめていた。かと言って、マンションの一室を事務所にするのも抵抗があり、「でっかい空間が欲しい」と、かなり大雑把な希望を町に折折話していた。なぜでかい空間なのか。でかいと色々なことができるだろうと言う、ただただ楽観的な発想なだけで豪語していた。
睦沢町の素敵なところは、こんなボクの乱暴な話にも

もっとみる

【株式会社ジオンジファーム】山形寒河江に直売用の田んぼを作り、最高においしいお米を全国に届けるべ!

美味しい米を作る条件
水が豊かであること、広くて平らな土地であること、
水はけの良い土であること、そして昼と夜の温度差が大きいこと。

稲作に最も大切な7月~9月中旬の昼夜の寒暖差が大きく、太陽の光を十分に受けた稲が涼しい夜に美味しさと栄養をじっくり米粒に蓄えられます。

農作物の生産には最高の環境条件が揃っているのが、山形県寒河江市。

山形県寒河江市で米づくりをしている、株式会社ジオンジファー

もっとみる

久しぶりに里帰り。帰省って文化的な活動かもと思ってみたりした。

新潟へ帰省した。

大阪から車での里帰り。

朝8時過ぎに出発して、道中サービスエリアで昼食をして、実家に着いたのは午後6時前。

ほぼ1日仕事なんだよね。我が家の大きな年中行事の一つ。

高速で流れていく周りの景色、自然の姿などを見ていくと段々と頭の中がゆーーっくりと遡っていく妙な感覚になる。

なんだかタイムトンネルみたいな感じがして、ちょっと不思議な、ちょっと切ない感じになるんだな。。。

もっとみる

白羽毛の米

【白羽毛の米】
 
日本橋室町にある
新潟県のアンテナショップ
「BRIDGE NIIGATA」で
「魚沼産こしひかり 白羽毛(しらはけ)の米」
を買いました

白羽毛とは 
新潟県十日町市(旧中魚沼郡中里村)にある地名です
 
この地域は
一日の寒暖差が大きく
それが
美味しいコメが出来る要因の一つ
と言われています
 
白羽毛の米をつくっている
白羽毛どりーむふぁーむのページです
 ↓
h

もっとみる

【NPO法人鳴子の米プロジェクト】鳴子の米プロジェクト、伝説のおにぎり屋「むすびや」を復活!

宮城県の鳴子といえば温泉。それだけでなく、実は米作りにも力を注いでいます。
そんな中、米価の下落等により農業を諦めざるを得ない農家さんが増え、耕作放棄地が増加。温泉場の田んぼや農村風景も荒れようとしていました。
そこで鳴子の田んぼや農村風景、暮らしを守ろうと立ち上がったのがNPO法人鳴子の米プロジェクトさん。

今回はNPO法人鳴子の米プロジェクトさんの挑戦を紹介いたします。

NPO法人鳴子の米

もっとみる

お米を準備し忘れた

我が家の炊飯器は簡易型。MAX2号までしか炊けないし、蒸らし時間とかないし、セットしたら15分で炊けるけど水吸わせないと炊けない。かったい米になる。

なので、朝からお米を1号分研ぎ、水を吸わせる程度に浸して冷蔵庫に放り込んでから家を出るのが日課になっているのだが、たまに忘れる。大体月曜日。その作業が金・土・日と要らないから。

ここ数日も忘れた。忘れたことに気付かず帰る時もあるが、帰り道で傍と気

もっとみる