経済成長率

フランスと日本の経済成長を考えてみる

フランスから帰国してもう少しで一週間が経過しようとしている。いまだに時差が直ることがなく、日本の時間帯では完全に昼夜逆転となってしまった。

昼に起きて、夜に寝ようとしても寝れず寝るのは朝の四時。基本的にこんな感じでいつに日本時間の時間帯になるのだろうか。

そうなるとこれまで日本にいた頃の、自分の中で習慣としていたことだどれもできなくなり、なんとなくダラダラとするようになり、いわゆる非生産的な感

もっとみる

サブサハラ・アフリカの高成長10カ国

世界銀行が6月4日、2019年の『世界経済見通し』を公表した。

世銀は2019年の世界全体の経済成長見通しを2.6%と予測。1月の時点では2.9%と予測していたが、下方修正した。「貿易摩擦の激化の恐れを筆頭に、経済見通しのリスクは引き続き下振れ方向に傾いている」と指摘している。

サブサハラ・アフリカ地域の、経済成長見通しは2.9%で、2018年の2.5%から上昇した。ただ、経済成長率の持ち直し

もっとみる

1~3月期GDP、前年比で観察しよう

本日(5月20日)、2019年1~3月期の国内総生産(GDP)1次速報が公表され、実質ベースの年率で2.1%と高めの成長率となりました。しかし、「内容が良くない」というのが民間エコノミストの共通の見方です。

 一般的に、こうした成長率は前の四半期(今回の場合は、2018年10~12月期)からの変動に注目します。しかし、最近の日本では、この前期比成長率がプラスマイナスを繰り返すなど方向性を捉えにく

もっとみる

1~3月期GDP、年率2.1%増。2四半期連続プラス

これを見て、足元の経済が「リーマンショック級の出来事」とはとても言えない。

今月13日に、内閣府が公表した「景気動向指数」で、3月の速報値(一致指数)が「悪化」に転じた。しかし、今日発表された1~3月期のGDP(国内総生産)は、3月を含んでいるから、景気動向指数の「悪化」を打ち消すものになったといえる。

ちなみに、機械的に「悪化」と判断された3月の一致指数は、供給側の指標を集計したもので、今日

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
10

〈経済論壇から〉GDPと経済の実態巡り議論 データ分析の効果と限界/ 巨大IT企業の功罪問う

本日の日経新聞朝刊に、毎月最終土曜日に連載している「経済論壇から」が掲載されました。平成最後の拙評であるとともに、本論壇時評を担当させて頂いて今月から7年目に入りました。引き続きご一読頂ければ幸いです。

今月の論考として、
・減速観測ある経済成長率の元となっているGDPの見方に関する論考(野口悠紀雄・早稲田大学顧問、向山敏彦・米ジョージタウン大学教授、柳川範之・東京大学教授)
・ビッグデータの活

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
12

IMFの世界経済見通し引下げについて

国際通貨基金(IMF)の経済見通しが示され、1月に比べて2019年の成長率の予想が下がっていることで一部の人が失望しています。しかし、プラス成長予想であることに変わりはないですし、これまで下がってきたからもっと下がるだろうと現時点で予想する必要もないでしょう。市場では欧州中央銀行(ECB)の見通し引き下げ以来、IMFの引き下げも予想していた人が多かったので、今後株式市場やドル円の低下がさらに進む理

もっとみる

「全人代から読み取れる、2019年中国経済の先行き」

「全人代から読み取れる、2019年中国経済の先行き」
①中国政府は2019年の成長率の目標を6%〜6.5%に設定し、
 6.5%前後から下方修正した。
②一方で、減税や社会保障料負担軽減等、年間2兆人民元にのぼる
 小型・零細企業の負担軽減措置を実施するほかインフラ投資関連の
「地方選項債」の発行拡大等も発表した。
③19年は構造改革よりも安定成長を重視、積極的な財政、金融政策により
 経済を支え

もっとみる

団塊世代高齢化の経済への影響

頻繁に引用される人口統計によれば、現在(2019年)いわゆる生産年齢人口(15歳以上64歳以下)の総人口に占める比率は60%を少し切った水準にある。また出生、死亡のほか、社会的異動(内外の流出入)を含め、日本の総人口は毎年0.2%程度減少が続いている。
 ところで経済成長率は理論的には、人口成長率と労働生産性増加率とによって説明される。
    経済成長率=人口成長率+労働生産性増加率
 経済成長

もっとみる

基礎的財政収支の黒字化、1年前倒しの謎 5年に1度の「年金財政検証」にも影響する

1月30日に公表された、「中長期の経済財政に関する試算」(中長期試算)。今回の中長期試算は特別な意味を持つ。

試算結果の1つの注目点は、黒字化達成を目標とする基礎的財政収支が、前回試算と比べ2025年度に赤字が1.3兆円減少。その要因は、税収等が0.2兆円減るも政策的経費が1.3兆円ほど減ることが主因(あとはその他要因0.2兆円増加)。2020年度以降の歳出改革は織り込んでいない試算結果だから、

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
10

自動運転が作るこれからの社会とどう向き合うよ!?

これからの社会にどう向き合っていくよ?

変化が大きい時代って言われていて、AIが仕事を奪っていくといわれていてどうなる?明日、会社クビになるかもよ

なんて、不幸なことを考えがちだから、今日はポジティブにいろんなことを考えられたらなぁと思う。

自動運転が進んだら、どうなるか?

これは地方の人は都市部の人よりも想像しやすいのではないだろうか?

都市部の人で車を持っているなんて、中間層か裕福層

もっとみる