考古学 遺跡発掘の裏側

はじめまして、カジと申します。
人生の迷路に絶賛迷い中の者です、初めての投稿では、以外に珍しい仕事の
遺跡発掘についてです!(アルバイト経験あり)

みなさんは、建物を建てる予定地で漢字の田のような穴ぼこがたくさんあったりブルーシートがかけてあるのを見たことありませんか?
それは、ほぼ遺跡発掘現場で間違いありません!

どんな人たちが働いているの?

調査員
発掘を市町村の教育委員会から請けよった

もっとみる

アンティークコインの集め方 第8回〜ローマコインを見てみよう&専門用語を少しだけ知ろう〜

ローマコインは数あるアンティークコインの中でも高い評価を受けており、その美しさだけでなく、歴史の謎を解き明かす上でも非常に重要な資料となっている。まず図像によって当時の生活や宗教を読み取ることができ、銘文によって出来事や人物の役職・称号を知ることができる。また、コインは発行された年代が特定しやすいものであるから、共に出土した考古遺物の年代を推定する際の大きな鍵となる。

そんな素晴らしきローマコイ

もっとみる

遺跡で出会ったスケベな考古学者

#人生を変えた出会い

大切なことは全部「発掘現場」で学んだ。

スーツやネクタイを着て、就活する周りを見渡すと不安になるだろう?

違うぞ。違う。君は君の道を進んでる。一見一生懸命に見えるけど、彼らも何に一生懸命になれているか分からないんだ。君はまだ、定職には就けていないものの、でもやりたいことはハッキリしてる。行きたい方向が分かってる。それでいいんだ。

好きでもない仕事、興味のない仕事に就く

もっとみる

科学の対象と「仮説」の力ー読書メモ メアリー・セットガスト著『先史学者プラトン』

メアリー・セットガスト著『先史学者プラトン』。國分功一郎氏が日本語版序文を執筆されているこの本は、仮説を立てることのおもしろさを教えてくれる。

 サブタイトルにあるように、本書が記述しようとする対象は紀元前一万年ー五千年の「先史時代」の話である。

 ちなみに古代ギリシアの哲学者プラトン(紀元前427年 - 紀元前347年)は紀元前400年ごろに活躍した人である。

 紀元前一万年ごろの話となれ

もっとみる

古典作品の再建―写本作業と伝存文献の本文批評について―

古典作品と言語研究

 ラテン語は古代から豊富な文献資料を伝えている。
 学習者の興味を引くのは古代作家の神話詩・戦記・歴史書などの書物テキストだろう。
 そうした作品の多くは十分な長さを持ち、語彙や文構造も多彩であり、神話・芸術・歴史研究のみならず、言語学上も大きな役割を発揮する。

 (3/1や7/18の記事で触れたように)文字記録だけが言語のすべてではないが、それでも書物は重要な情報源となる

もっとみる

未来考古学とは

(mis)reading the present: an archaeology of the future

これはフリーペーパー縄文zineの企画だ。
現在から5万年後の考古学者として、5万年前の地層(つまりは現在)から発掘された遺物を観察し、そのものの使い方や目的、それが作られた時代背景を含めて考察してみるという、すこしひねりの入った実験考古学だ。

下敷きにしたのはドゥーガル・ディクソン

もっとみる

【AZアーカイブ・インデックス】

ここはつのの「あの作品のキャラがルイズに召喚されました」作品アーカイブ空間です。10年以上前の作品ばかりですのでネタの古さはご勘弁下さい。現代のつののパルプにおける様々な特質は、太古の昔にこの海で形成されたことが考古学的調査から推測されています。小ネタのアーカイブは終わりましたので、長編のサルベージをしていきます。

これらはヤマグチノボル氏作「ゼロの使い魔」の二次創作クロスオーバーSSです。公式

もっとみる

2019年新発見考古速報『発掘された日本列島』展を観てきました

最近ちょっと縄文がキてるんじゃないか、と思うんですけど。
縄文だけじゃなくて、各地の発掘調査の最新報告を展示するというので行ってきました。

最新調査結果を見ると。
学生時代に学校で習った歴史とはずいぶん印象が違ってきているんですよねえ。
わりと好きでチェックしているてもりでいるんですけど、知らない事が多くてドキドキしました。

今回、特に面白かったのは長野県松本のエリ穴遺跡の耳飾り。
私たちの祖

もっとみる

ミッシングリンクを求めて ―失われた言葉への旅―

言語と文献

 古代・中世の言語を分析する際、特に大きな問題となるのが資料の制約である。
 直接的な音声・会話記録が残っていないため、現代語とは違ったアプローチ(文献の重視や内的再建など)が欠かせない。
 だがさらに意識すべきなのは「人々が使った言葉のうち、文献として残っているのはごく一部でしかない」という事実だろう。

 現代日本人は幼少期より読み書きを習い、頻繁に文字を意識して育つ。
 しかし

もっとみる