脱水

ページ167 頼むからスポーツ飲料を飲め、電解質を取れ

水お茶だけじゃなくて

医者『熱中症になりかけているから、水分をたくさん飲んでください、お茶水だけじゃなくて電解質のあるポカリスエットとかアクエリアスも』

患者『でも、先生、テレビが水を飲めって』

医者『・・・では水を貴方どのくらい飲んだんですか』

患者『コップ2杯』

 これからの季節はこういう会話が増えてくる。『医者の言うことよりみのもんた』の時代は超えたけど、テレビで言われてる情報は医

もっとみる

梅雨嫌いのあなたに注ぐ、水に流せない大事な話/ 赤山コラム No10

梅雨のこの時期雨が降って喜ぶ人はあまりいないだろう。

多くの方がまた雨かと気が病んだり

ネガティブに捉える方が多いような印象を受ける。

確かに雨だと体も服も濡れる

雨の日だとお気に入りの靴も履きづらい。

そして私も雨が好きではなかった。

しかし、ものすごく当たり前の事だが

我々は水なしでは生きていけない。

そして我々が口にする多くの食物は

水があってはじめて育つものがほとんどだ。

もっとみる

水分補給と環境条件による競技パフォーマンス(暑熱環境下においては、水分欠乏に加えてかなりの暑熱負荷がかかることが予想されるため、自分のペースで運動できることは非常に重要になる)

体重減少と競技パフォーマンス
パフォーマンス低下を防ぐために、2%以上の体重減少を避けることを推奨していますが、その一方で、近年のメタ分析は、体重減少がかえって自転車タイムトライアルの結果を向上させた可能性があると結論づけています。

ただし、これらの自転車タイムトライアルは、温和な環境条件下(気温26℃)で行われた点に注意しなければならず、2%以上の体重減少を避けることは、複数の研究においては、

もっとみる

酷暑とうまく付き合う

暑い

ドーモ 普段は発達障害とか
精神科関係の投稿をしている者です
シーナさんで通じる方は ドーモ シーナさんです
まだ5月なのに急に真夏の暑さが数日続いて
シーナさんもその煽りを喰ったので
番外編として暑さへの対処を紹k...( っ゚、。)っ
紹介します

まず 5月某日のお昼頃の
都内某所の気温がこちら↓↓

300度超えです

冗談です
摂氏温度では↓↓

30℃くらいでした
この日の予想

もっとみる

水と私達

こんにちはPANDAひとみです。

急な夏日にぐったりしてしまいました。
軽い脱水を起こしていたようです。
水分は体にとって、とっても大事な存在ですよね。
これから夏本番です。
今日はお水のお話です。

体内の水分量

体内の水分量は成人で60%程だと言われていますね。
年令によって大きな差があるのはご存知ですか?
胎児は90%
子供は70%
老人は50%
と、年を重ねるにつれ、水分量が減っていき

もっとみる

運動時における水分補給には水がよいか、スポーツドリンクがよいか(低ナトリウム血症の緊急時において血漿ナトリウム濃度が130mmol/lを下回る場合、3%の高張食塩水を静脈内投与される)

水分補給
水分補給の提言を行うにあたっては、運動実践者に必要な水分量だけではなく、摂取するべき飲料のタイプを決定することも非常に重要になります。

水分損失を補うために摂取するべき飲料のタイプは、環境条件のほか、運動時間と運動強度によって決まります。

90分以上の継続的運動を行う場合、パフォーマンスを重視するなら、いわゆる「スポーツドリンク」を摂取するべきであり、発汗によるナトリウム損失、熱馴化

もっとみる

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

水分と人体
水は人体の最大の構成成分で、人体の容積の60%を占めています。

※例えば、筋肉は約73%、血液は93%、脂肪は10%の水を含んでいます。

水は恒常性に不可欠であり、生理学的および生化学的機能に重要な役割を果たしています。

1日の必要水分量や身体が水分補給状態を維持する能力には、多くの要素が影響を及ぼします。

水と身体活動
水は体内で、溶媒および輸送系として機能する液体になります

もっとみる