構造思考を身に付ける。

こんばんは!

最近は仕事を早く切り上げ、出来るだけ早く帰宅するようにしています。

以前は、自分の仕事が終わっていても上司や同僚が残業していると、帰り辛くてデスクの片付けをしたり、いつでもできるどうでもいい作業をして遅くまで会社に居たりしました。

今思うとなんと馬鹿げたことだろうと思います。

会社の体質として、仕事が終わろうが終わらまいが、会社での滞在時間が長いとあいつはよく仕事するな、頑張

もっとみる

考えるのを辞めたらだいたい負けるよ

「最大のライバルは自分」

「一番の敵は自分だ」

よく言われませんか?

んー、
確かにそれはわかる。

じゃあ、

「自分の何が敵なの?」

て考えたことありますか?

「自分の本当の敵とは何か?」

ちょっと考えてみてください。

考え終わるまで一旦手を止めて
解答が出たら読み進めてください。

OKですか?



















ちゃんと考えましたか?笑

もっとみる

論理が役に立たない時

これまで経験したことがないような一大事象。
もしも、そんなものに遭遇したら、あなたはどうするだろうか?

これまで経験したことがないのだから、過去の経験はほぼ役に立たない。

では、どうすれば良い?

事故対応マニュアルも、
取扱説明書も
コンシェルジュも
コンサルタントも
先生も
存在しない、自分1人で何とかしなければいけない時に、あなたはどうするだろうか?

まだ、そういう場面に出くわしたこと

もっとみる

【おすすめ本】波頭亮『論理的思考のコアスキル』(ちくま新書1404)

私がこの本を手にしたきっかけは、上司からの指摘でした。

「論理的思考ができていない」

確かに、私自身、これまで論理的思考について深く学んだことがありませんでした。そのため、物事を点的にとらえて各物事のつながりを考えなかったり、言語化がうまくできなかったりして悩んでいました。そこで、上司の指摘をきっかけに「論理的思考」について勉強したいと思い、この本を読み始めました。

この本を手にとって「論理

もっとみる

プログラミングに抱く期待 ー論理的思考力ー

プログラミングを学ぶことで、「論理的思考力」をつけることができる。

最近こんなことをよく耳にしませんか?

親が期待している、といわれていて、多くのプログラミング教育が推す「論理的思考力」の意味する所は、どのようなものなのでしょうか?

よくあるケースから、親が期待している「論理的思考」を見ていきましょう。

ケース1:「一つ一つ順に考えられるようになる」

例えば、小学校の算数の問題。「3要素

もっとみる
ありがとうございます!毎日続けるように、がんばります!
2

情報の順番【変わりゆく意味を追いかけて】

先日、弟から次のような問題を出された。どこかの動画で聞いた問題らしい。

ある村で大嘘つきと呼ばれているデマオ君がいた。ある日、デマオ君は「人食いオオカミが出た!」と村人たちに伝える。すると村人たちは「人食いオオカミなんて怖くない」と言いながらも、鍵を締めて家に閉じこもった。
なぜか?

少し考えてみてほしい。けっこう面白い問題だと思う。

今日はこの問題から改めて考えた「情報の順番」について書い

もっとみる

「論理的思考力」なんていらないんじゃない?

「論理的思考力」なんていらないんじゃない?

…って、素直にそう思いませんか?

そう思う理由はシンプルで

1 身近な「うまくいってる人」「尊敬する人」を頭の中で5人思い浮かべる2 「その人たちは論理的思考力が高いだろうか?」と1秒考えてみる3 ほとんどが「そんなことはない」か「よくわからない」となる4 逆に、身近な「論理的思考力が高そうな人」を5人思い浮かべる5 「その人たちはうまくいって

もっとみる

国語力

国語力、と言う言葉がある。

一般的に国語力とは、読む事、書く事、そして論理的思考の事を指している。

漢字や熟語が扱える事は勿論、論理で裏付けされた文章を読み解く事(=読解力)、つまり論理的思考が出来ると言う事である。

教科としての国語の得意不得意は大雑把に言ってこの能力の差であり、この能力の差は今後国語だけに留まらず、数学の文章題、理科社会における記述問題、はたまた社会に出てからのパフォーマ

もっとみる

課題の定義のしかた | きのう、なに読んだ?

「資本主義はどこに向かうのかーー資本主義と人間の未来」という本を編著者である堀内勉さんに頂戴した。まだ読んでる途中なんだけど、まずは堀内さんによる前書きが良かった。なんでかって、11ページある前書きすべてを「課題を定義する道のり」の説明に投入しているから。

堀内さんは1998年の金融危機の際は大手銀行の経営企画部門で、そして2008年のリーマンショックの際は大手不動産会社のCFOとして、難局に対

もっとみる

常識を疑え

常識とは何か。
一般的に正しいとみなされること。
知っていて当たり前とされること。
そう。常識はまず知っていなければならない。
その上で疑ってみる。
ただし、ただ否定するだけではない。
なぜそれが常識なのかその理由を理解することだ。
皆がそう言うからそうなのだ、では単なる思考停止にとどまる。
常識から言って不可能とされること、あり得ないとされることにこそチャンスがあるとまず仮説を構築する。
新たな

もっとみる