識字率

後輩にいたけど
先輩の話、ちゃんと覚えておきたいので
ちょっと待ってくださいっていいながら

スマホ出してメモ帳アプリを開いた。

思うけどその動作面倒くさくないか?

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-13028.php

識字とは。非識字とは。

今日は6日間あった新年準備バザー最終日。

新年準備のラインナップが日本と全く違うので面白い。

エチオピア正教の伝統衣装。

インジェラ焼き器。

コスメ類など。

開催前日まで存在を知らなかったので全然準備はしてないけれど、参加企業のフィードバックは集めておこうと思い、作成したアンケート用紙を持ってバザー会場へ。

バザーは着任して2回目。1回目の時はアムハラ語翻訳に時間がかかって印刷できず、

もっとみる
未だに同僚が「スズキ!」と呼びます。車じゃなーい!
4

ニジェール教育現場の”デジタル化”

ニジェールの首都ニアメの小学校を視察したアグネス・チャンさん。公立の小学校で600人ほどが在籍していて、16の教室で子供達が勉強しています。そして4月からデジタル・デバイスを使った授業が始まっています。熱心に取り組む子供達、時ならぬアジアからの視察団が来たこともるからでしょう。緊張している様子が、伝わってきます。

各国でも教育現場でのこうした取り組みは珍しくありませんが、ニジェールの就学状況を考

もっとみる
機会が有りましたら次回も宜しく御願いします。
22

しみじみとした感慨が拡がる心震える作品…★劇評★【舞台=へたくそな字たち(2018)】

世界には(自国語の)字の読めない人が約8億人存在するという推計がある。日本の場合、戦後すぐに98%の人が字が読めるという推計があり、現時点では調査さえ行われずに「識字率は99%(日本では時には100%と説明されたりもする)」と言われているが、それは「ほとんどの人が」と言いたいがための数字のごまかしのレトリックである。現実にはすべての日本人が字が読めるわけではない。戦後の混乱や貧しい生い立ちや親の虐

もっとみる
うれしいです
2

識字率と写真

以前、カメラマンの友達が

「アメリカの新聞は国民の識字率が低いのを前提に、どんな事件が起こったか記事の内容が一目でわかるような写真を使う」

と話してくれた時「おお!」と驚いた。そうか、現代にしても誰でも字が読めるのが普通ではないのか‥‥。

まあ、そもそも「普通」ってなんだよ、というのは置いておいて。

それを先日、実体験した時の話。

相方と出かけて家に帰る途中、タバコを切らした彼がキオスク

もっとみる

第209回 列島の住人が文字をどう見ていたか

1、再調査で発見された事実

福岡市西新町遺跡から出土した古墳時代前期の資料の中に、硯だと判明したものがあったとの報道がありました。

当初は砥石と判断されていた資料を再調査した結果、硯であることがわかったというものです。

最初に遺物を発掘した時に見逃した担当者に感情移入して戦慄してしまいました。

もし自分のミスで歴史の重要な事実を埋もれさせることになったかと思うと…

2、文字を書くというこ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
7

第69回世界が分断されていく

1、導入

本日(7月6日)付けのはあちゅうさんのnoteがすごく気になりました。

同じインターネット空間にいても見ている景色が違う。

Twitterのアカウントを複数持っている人も少なくないと思いますが

どんな人をフォローしているかで、どんなタイムラインが流れてくるかが全然違ってくるのはすごく実感できます。

SNSをやっていない方には実感できないかもしれませんが、

例えば、新聞やT

もっとみる
ありがとうございます!ぜひお気軽にコメントもお寄せください。
11

ラジオ歴史小話を超える800年前の大ヒット音声番組「平家物語」。
源氏物語を補助線に引いて、平家物語の特徴と日本文化へ与えた影響を徹底分解。
13分の白熱ライブ。

『文字の読み書きができないヒト』が当たり前いる世界 憐れみを壊せ ~作家売買~

この世には、『文字が読めないヒト』がいるって知っていますか?

その方と会話したことありますか?

病気や事故、何かしらのことがあり、文字の読み書きができない状態であるのではありません。

健康な状態です。自活もできます。

なのに、字が読めない人も当たり前にいるんです。

字が書けない人も当たり前にいるんです。

言葉の商売してるから、文字って楽しい。新しいことを知るって楽しい。って思っています

もっとみる